Top Page > 旧ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
--/--/--(--) --:--
カテゴリ:スポンサー広告
[タグ未指定]

2007 F1ブラジルGP

いやぁ・・・まったく・・・

こんなことって本当にあるのですね。。。


キミ・ライコネン、奇跡の大逆転で2007年ワールドチャンピオン♪♪♪


勝った、勝った!勝ったぞぉぉぉぉ!!

・・・それにしてもオープニングラップから熱かった。。。

ルイスへ先制パンチ!・・・とばかりにキミが好スタート。

その間隙をぬったアロンソの動きも見事でした◎


そして自分に負けてしまったルイス・・・

富士までの優等生ではなく、若手らしい勇敢な ~でも無謀な~ トライで後退。

不可解なギアトラブルもあり万事休す-


こうなると、マッサの動向が唯一の気掛かりでしたが、しっかり空気読めてましたね。

いや、あのアプローチミスは天然か?ww

とにかくレース後、不器用ながらもマッサを讃えることができたキミに一安心。

あそこで無視したら何書かれるか分かったもんじゃないw

誰よりも複雑な心境だったハズですから、今回のマッサには拍手を送りたいと思います。

ええ、手の平返しもいいところですねw


TOP記事にある画像は1997年当時のキミであります。

あれから10年の時を経て、小さかった優勝トロフィーは世界一となりました。

来年は栄光の『カーナンバー 1』です!

この勲章が永くキミに在るよう、これからも頑張ってほしいです^^


うれしい!万歳!!実感が湧かないぞっ!!w

マクラーレンよ、陰ながら応援するから訴えなど起こすなよww


07.10.22 旧ブログより

拍手する
スポンサーサイト

2007 F1中国GP

よぉし、勝ったぞ!!

これで今季5勝目。しかもフェラーリ通算200勝のメモリアルだ!


最終戦を前にして、今季最高のレースとなりました♪

予選では燃料を多く積んでいたためポールを逃したものの、決勝ではほぼパーフェクト!

ルイスとの経験の差を見せ付けた形でした。


とにかく後半戦のキミは速い。太っていても速い!w

マッサはショックでしょうが、地元ブラジルでサポートにまわらざるを得ない状況になりました。


ただ、今回リタイアとはいえ、ルイス優位は変わりません。

アロンソもマッサを抑え2位をゲットしたことにより大きく道が開けました!

キミは7ポイント差・・・相変わらず苦しいです。。。

でも絶対はありません!

最終戦まで3人に可能性が残された素晴らしい展開に感謝し、期待させて頂きます!!


それにしてもルイスを抜いた場面はジビレた・・・・

これを富士で観たかったなぁ。。。^^


07.10.8 旧ブログより

拍手する

2007 F1日本GP

30年ぶりとなったF1富士。

レース、そして運営面でも色々あった今開催を振り返えってみましょう。


運営に関しては様々な思い・考えがあり、また整理してから書くことにします。

とても直ぐにはまとめられそうもありません。


というわけで、今回は決勝の記事です。

あくまでレース全般ではなく、実際にこの目で見届けた模様をお届けしたいと思います。


ボクが観戦したのはMスタンド=ネッツコーナーでした。

旧レイアウトに比べ、不評なこの場所をあえて選択するところがボクらしいではないか。

フリー・予選では退屈なのか、妻は○○の限りを尽くしましたw


観戦ポイントは、スタンド中段よりやや上。

ダンロップのシケイン、ネッツ全般、パナソニック&メインストレート入り口が見渡せます。

残念ながら、決勝では雨の影響で常時カメラを構えることができず、

決定的シーンを幾つも撮り逃しました。。。



- 沈黙のスタンド・・・ -

まさかのSCスタートとなった決勝。

場内も状況がよく把握できていないようで、ただ呆然と戦況を見つめてました。

10周過ぎ辺りからは席を立つ人が目立ち始め、何とも厳しい雰囲気。。。

「もしかして・・・このまま終わるの?」と悪夢がよぎったのは確かです。


- やはりキミ好き多し -

何とかレースは開始され、良くも悪くも大暴れだったのがフェラーリ勢。

赤いマシンがアクシデントに見舞われる度、

多数のキミ好きから悲鳴が上がりました(ボクを含む)

しかし、それがマッサだと判り安堵のため息&スマイル♪

みんな露骨だぞw


- プッシュ不発! -

ルイスを追いかけるアロンソがピットタイミングで猛プッシュ!

しかしながら、このネッツで痛恨のコースアウトを喫し逆転の機会を逃します。

その後の彼は中継を見てお分かりでしょう。

このコースアウトから彼の歯車が狂い始めたのかもしれません。。。


- スタンド大興奮! -

完璧だと思われたルイスに、この日唯一にして最大のピンチが訪れます。

ルイスの背後に迫っていたクビサがこの場所で強引に仕掛け、両者接触!!

共に仲良くスピンしてコースアウト。

中継の解説通り『ルイスがアウトに膨らんだ』と勘違いしたクビサが突っ込んだ形でした。

スタンドからは拍手喝采の大歓声!

う~ん、アンチ・ルイス多かったですねぇ。ボクも両腕ガッツポーズしましたものw


- ルイスの罠w -

ネッツ一番のハイライトは、やはりベッテル追突でしょう。。。

この日、ルイスはSC走行の際、頻繁に急加速・急減速を繰り返してました。

後続のマシンは度々追突しそうになり、ニックなどはコースアウトしていた程です。


そして事故は起こりました・・・


ネッツに差し掛かる所でルイスが急減速!

一瞬にして停止寸前まで速度を落としたのであります。

これがまた上手い具合に後ろのマークが加速したタイミングにハマった!

当然、追い抜いてはいけない!とマークは急減速。

そして、直後にいたベッテルが・・・


前方不注意と言えばそれまでですが、これはちょっと可哀想でしたね。。。

ベッテルからしてみれば、突然マークが迫ってきたように感じたんじゃないかしら。


- 『ハミルトン ライン』 -

この日の“ベストポジション”は100R ~ ヘヤピンだったと思います。

アロンソのクラッシュもさることながら、100Rでの『ライコネン ライン』は圧巻でしたね!

この場所で観戦された方は本当に幸せ者です。羨ましい。。。


しかしながら地味にもネッツでも独自のラインが見られました。

その名も『ハミルトン ライン』w 

ルイスの通るラインは明らかにワイドなのです。

彼はレース大半を単独走行していたので、視界確保というわけではないでしょう。

先に書いたクビサとの接触は、この『ハミルトン ライン』が招いたものだったのです。


対照的に琢磨は苦戦していた模様。

毎周毎周、必死でカウンターを当て、滑るマシンを抑えることに終始してました。

黒焦げたマシンで一生懸命走りきった姿は格好よかったですよ◎


- マッサとクビサの超絶クロスライン合戦 -

ルイス優勝、そしてキミがコバコバに敗れた直後に凄いバトルが待ってました!

ええ、そうです。マッサとクビサが並行しながらネッツに飛び込んできたのです。

お互いコースでない所を走ってたw

一方が抜けばもう一方もクロスラインで反撃・・・

最後は上手にバンク(もちろんコース外w)を利用したマッサが制しました。



・・・と、大ざっぱではありますが決勝を振り返ってみました。

結果として荒れた楽しいレースとなりましたが、雨と霧は大変でしたね。。。

特に霧に関しては、中止となった前日のフリーと遜色ない酷さでした。

安全性を唄う今日のF1においてこの気候は厄介この上ないものでしょう。

施設改善、もしくは開催時期の見直しまで検討しなければならないかもしれません。。

このハンデを跳ね退けられないようならF1富士の未来はない・・・

そこまで断言しておきましょう。


07.10.1 旧ブログより

拍手する

2007 F1ベルギーGP

スパはキミの圧勝でした♪

まだ首は痛いと思いますが、そんなことを感じさせないレースでしたね!

レース後はやたらハイテンションでしたが、燃え尽きないか心配ですwww

富士は「フェラーリ不利」らしいですが、きっと“富士ウェザー”が救ってくれるでしょう。

ん?w


あまり興味のないマクラーレン同士の争いですが、アロンソが着実に追い詰めてます。

ここでもルイスに先着してその差はわずか2。

表情もすっかり憎たらしいものになってきました☆


オールージュでアロンソとルイスが並んでいったのは迫力ありましたね。

やっぱりV8だと怖くないのか?

普通の感覚なら絶対に怖いぞw

そういえば以前、雨の中ここをスリックタイヤで駆け抜けた変態もいたなぁww


次はいよいよ富士。

日本勢が元気ないだけに盛り上がりが心配されますが、きっと大丈夫。

中嶋Jrがラルフかブルツの代わりに出てきますよ、ええw


07.9.17 旧ブログより

拍手する

2007 F1ハンガリーGP

マクラーレンの乱』と化した土曜の予選。

アロンソは6番グリッドへ降格となり、キミは待望の奇数列からのスタート。

レースペースでは期待が持てるだけに楽しみでありました。


スタートで“予定通り”ニックをパス。

その後もルイスに負けないペースでしっかり2番手をキープします。

やはり予選ほどの差は両者に存在しません。

フェラーリの弱点はタイヤの温まりの悪さ。

つまり予選の1発アタックにあります。

これは開幕以来なかなか改善されない問題で、もう何度も指摘されてきました。

この日も終始ルイスを猛追するも前に出ることなく2位フィニッシュ。

抜くのが極めて困難なハンガロリンクなだけに予選結果が全てでした。。。


差はとうとう20ポイント。もう何らかの幸運にすがるしかありません。

今更ですが、チームは開幕からキミ優先で進めておくべきだったんじゃないかな。

遅かれ早かれキミがチームを牽引するのは明確だったでしょうに。。


ええ、あくまで贔屓のボヤキですのでここはスルーして下さいw

それにキミ本人もそんなことは望んでないでしょう^^;


それ以外何かありましたか?このレース。

アロンソの追い込みは思ったほどでもなかったし、左近は瞬殺www

琢磨がマッサをブチ抜いたのは熱かったですが順位はイマイチ・・・


ただそんな中、ラルフが決勝でもきっちり結果を残しました。

いよいよトヨタが浮上してきたようです。

それだけにホンダ勢、特に本家の絶不調がとても心配です・・・

テールエンダーですよ・・・昨年の優勝チームが。。。

とても信じられません。どうにか巻き返せないものでしょうか・・・


07.8.6 旧ブログより

拍手する

| ホーム | 次ページ
Page Top↑

Recent Entries

Categories

Profile

ライコネン主観のF1好き

Author:管理人 山田
Mail Form
プロフィール

Archives

Search This Site

Google

  • F1観戦記

Yahoo! JAPAN

  • F1観戦記

Unique User

Page View

List me

  • 「F1観戦記-キミ・ライコネン主観のF1好き」のRSS
  • にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ
  • F1観戦記-キミ・ライコネン主観のF1好き QRコード
  • Google chrome

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。