Top Page > 思い出のF1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
--/--/--(--) --:--
カテゴリ:スポンサー広告
[タグ未指定]

思い出のF1 -ティレル・ヤマハ022(1994年)

久しぶりに「思い出シリーズ」でも書いてみる。
かなり自己満足な記事だけどオフシーズンだから何でもアリっす、ええ。

今回はティレル022(1994年)。
片山右京(カミカゼ・ウキョウw)と共に活躍したマシンです。

ティレル022

デザイン担当:ハーベイ・ポストレスウエイト、空力担当:ジャン・クロード・ミジョー。
アンヘドラルウイング(ハイノーズの元祖)で一世を風靡したティレル019(ジャン・アレジ、中嶋悟-1990年)の生みの親であるこの2人が、再度手を組んで登場したのがティレル022。

前々年、前年にポストレスウエイト自身が手掛けた作品(ザウバーC12、フェラーリF93A)同様、コンサバなデザインながら操縦性に重点を置いたバランスの良いマシンでした。
この年は深刻な事故が相次いだ影響で、シーズン中ながら大幅な規格変更がなされたわけですが、ティレル022が戦闘力を削ぐことなくシーズンを戦えたのも基本設計の良さのおかげかと。

エンジンは日本のヤマハV10(OX10B 3.5L)。
ジャッドエンジンをベースに開発されたOX10の進化型ですが、そもそもジャッドは「パワー不足、よく壊れる」といった負のイメージしかないエンジンだっただけに、ヤマハは相当開発を頑張ったんじゃないかと思います。
心許ないパワーを補うため信頼性を犠牲にした感もありましたが・・・

メインスポンサーに「JT」を迎え、ドライバー・エンジン・スポンサーと日本絡みであったティレル022は、3位表彰台を含む入賞6回を記録。
片山右京は表彰台こそ実現しなかったものの(決勝最高5位)、僚友マーク・ブランデル(翌年マクラーレンへ移籍)に予選で勝ち越し(予選最高5位)、ドイツGPではリタイヤするまで3位走行するなど速さを存分に発揮。トラブルに足を引っ張られなければ・・・という惜しい内容続きでした。

フラビオ・ブリアトーレからの有名なオファー話はちょうどこの頃。
もし右京が「ミハエル・シューマッハの僚友」としてベネトンへ行ってたら・・・
これは永遠の“if”としてこれからもずっと心に残るんでしょうな。

拍手する
スポンサーサイト

思い出のF1 -ライフF190(1990年)

伝説、それとも幻と書いた方がいいのだろうか・・・

F1を見始めたばかりの頃、とてもとっても気になっていたこのマシン。
当時のF1雑誌に予備予選落ちの記録だけが残され続けていたこのマシン。
1周のタイムが「数分」にも及ぶことがあるこの・・・このマシン。

・・・その名は ライフF190

life_f190.jpg


雑誌で見たその風貌は、全体イタリアンレッド。まさにフェラーリだ。
そして、搭載エンジン・・・・これがすんごい。。

ライフW12と明記されたこのエンジンは、
12気筒の常識を覆す「4気筒3列配置」であった。

何を狙ってこうしたのか理解に苦しむが、
とにかく幅が大きいうえに重いという素敵なセットに加え、シリンダー列のバンク角が異なる影響でシリンダー間の連動が不可能に近いという抜け目のなさ。もはや芸術です。

こんなポンコツがまともに走れるわけもなく、コース1周するのもやっと。
必然的にシーズン途中でまずエンジン撤退。
そして 「W12エンジンの優位性を示す」 という本来の目的を失ったチーム自体も、後を追うようにシーズン途中で消滅しました。

何しろこのマシンに関しての資料が少ない為、調べるのに一苦労。
当時読んでいた雑誌が見つかれば詳しく書けると思うので捜してみます。

無理だと思うが、このマシンの走りを動画で見てみたいものだ。

【参考記録】
1990年 
アメリカGP  2分7秒147
サンマリノGP 7分16秒212
メキシコGP  4分07秒475

※記録は全て1周のタイムです。あしからず。



【2006.12.17 旧ブログより】

拍手する
2008/01/31(木) 05:10
カテゴリ:思い出のF1 トラバ(0)

思い出のF1 -コローニ・スバルC3B(1990年)

1990年を代表する伝説のマシン・・・コローニC3B

スバルの“十八番”である水平対抗エンジンを搭載したマシンは、
1度も予備予選を通過することなくわずか8戦にてスバルは撤退。残念無念。
果敢に低重心を追求した挑戦はあえなく大失敗に終わったのであります。

コローニ・スバル

それにしても夢のあるエンジンではないか。
水平対抗のスペシャリストであるスバルと当時最強と思われていた12気筒。
向かうところ敵無し・・・と妄想できなくも・・・なくないw
で、蓋をあければこの結果。現実は厳しいです。

開幕アメリカGPでの予備予選、何とピットレーンでエンジンブロー!w
この時点で全ては決まっていたのでしょうね^^;
ちなみにスバル撤退後はフォードエンジンを搭載したコローニC3Bは・・・
見事に4度、予備予選を通過しております。はい。

ボクは、日本人としてぜひスバルに再チャレンジをお願いしたい。
もう一度夢を見せてほしい。時の流れに逆らってもらいたい。

お願いだからエンジン音聞かせてくれ。映像が残ってないんだw


【2006 12.8 旧ブログより】

拍手する
2008/01/31(木) 04:54
カテゴリ:思い出のF1 トラバ(0)

思い出のF1-マクラーレン・メルセデスMP4/10(1995年)

マクラーレンMP4-10

1995年シーズンに登場した「マクラーレンMP4/10」。
記憶に残っている方はどれだけいるでしょう?
おそらく成績面での印象は皆無に等しいかと思います。
MP4/10の成績はマクラーレン史上最悪に近いものでしたから・・・

ただし・・・大変興味深いマシンであったのは間違いありません。

①メルセデスとのコンビ結成
前年搭載したプジョーエンジンの不振を受けて、マクラーレンは複数年あったプジョーとの契約を廃棄。
この年、新にメルセデス(それ以前はイルモアとして活動)と契約を結ぶことになります。
これが今に続く「マクラーレン・メルセデス」誕生の瞬間となりました。

・・・でも僕、案外プジョーエンジン好きでした。
いつも派手な白煙をモクモク上げていましたが、一発の速さは光るものはありましたから。
94年後半はかなり好調だっただけに、このコンビ解消は何とも残念。
少なくとも、この95年に関してはプジョーの方が良かったのではないかな、と妄想した覚えがあります。
後にメルセデスとの契約は大成功となるわけですが・・・(後にプジョーはF1撤退)

②マクラーレンとは思えぬ革命的デザイン
それまでマクラーレンといえば、頑なにローノーズを採用するなど固いマシン造りをしてきました。
まるでロン・デニスみたいにw

ところが前年度を未勝利に終わったことをうけ大改革。
マクラーレン初となるハイノーズを採用してきました。
そして、当然それだけでは終わりません。素晴らしい“革命的パーツ”が登場。
伝説の「センターウイング(別名:コバンザメウイング、ちょんまげウイング)」であります。
この後に登場したセンターウイング(Xウイング、ホーンウイングなど)とはわけが違います。
・・・いや、Xウイングは凄かったかw

センターウイング

「そのまんまリアウイングをもう一つ付けちゃえ」的みごとなフォルム。
明快かつ、じつに安易でございます。
「インダクションカウル付近の気流を少しでも整えたい」という狙いがあったそうですが、
実際にはエアロダイナミクスに悪影響を与えるだけの代物。お疲れ様でした。

③ドライバー
覚えているでしょうか?
あの偉大なお方がちゃっかりステアリングを握っていたということを。

ナイジェル・マンセル

はい、スーパーマリオ登場。
前年の件で、スター不在を心配したバーニー・エクレストンは、ロン・デニスにマンセル獲得を打診。
ロンとマンセルは犬猿の仲だったにも関わらず、バーニーの説得により獲得は実現されます。

ところが・・・
「コクピットが狭くて入れない」との理由で序盤2戦を欠場。(貴方が太すぎるのですw)
ろくにテストも行わずにレース復帰するものの・・・
今度は「ポテンシャルに満足できない」との理由でわずか2戦で参戦放棄。
こうして契約金12億円ともいわれた「夢の競演」はあっさり閉幕したのであります。

ちなみに、その後マンセルの代役としてマーク・ブランデルが出場するのですが、これがじつにややこしい。
前年は「マーティン・ブランドル」、この年は「マーク・ブランデル」。
ブランドル・・・ブランデル・・・ブランドル・・・ブランデル・・・ああっw
当時よく間違えたものです、懐かしい。

そんなMP4/10を物語る発言、そして映像を最後に載せておきたいと思います。

ニール・オートレイ(このMP4/10をデザインした人)
「私も恥ずかしく思えるほど、ベネトンやウィリアムズに比べ、まったく相手にならない。ドライバーもマシンを信頼しないようになり、パフォーマンスは悪くなる一方だった。私にとってMP4/10は本当にキツイ経験だった」




そういえばミカ・ハッキネンが瀕死の重傷を負ってしまったのもこのマシンでした。。
黒い歴史ですな・・・

【2007 2.23 旧ブログより】

拍手する

思い出のF1-フェラーリ641/2(1990年)

キミさんが初めて操るフェラーリの新車発表を祝して、引出し少ないフェラーリ登場です。

フェラーリ641/2

フェラーリ641/2」は、1990年シーズンの第3戦サンマリノGPから実戦投入されました。

エンリケ・スカラブローニによってデザインされたこのマシンは、スリムなノーズや流線型サイドポンツーンに象徴される大変美しいデザイン。今でもこのマシンが好きだという方も多いのではないでしょうか。
・・・もっとも当時「セナ信者」だったボクにとって「憎しみの象徴」でしかありませんでしたがw

このマシンの特徴は何といっても洗練された空力処理がもたらすハンドリングの良さ。
当然タイヤにも優しく、重くてパワー不足なV12エンジンを補うことに見事成功しました。
王者マクラーレン・ホンダの「エンジンパワー重視」という概念を覆した先進的マシンと言えるかもしれませんね。とにかく空力面はライバルの1歩、2歩先を行くモノでした。

そしてドライバーがあのアラン・プロストだったというのがまた憎・・・いやw、素晴らしい。
元々タイヤに優しい走りをするプロストとの相性はまさにバッチリで、シーズン全般に渡ってセナを苦しめました。

中でもこの年、いえ90年代の「フェラーリ・ベストレース」といっても過言ではないのが第6戦メキシコGP。

予選13番手という絶望的ポジションからスタートしたプロストでしたが、「らしい走り」で着々と順位を上げていき、ついにはタイヤトラブルに悩まされていたセナに追い付きます - 僚友マンセルを引き連れて -
そして62周目、懸命なブロックラインをとるセナをあざ笑うかのようにあっさりとオーバーテイク。
翌周にはマンセルもセナをパスし、当時のフェラーリ監督チェザーレ・フィオリオがレース中にも関わらず男泣きした名場面が映し出されたのです。

その後セナは・・・マンセルにパスされた直後タイヤがバースト。
無念のリタイア(記録上は完走扱い)となります。

非常にバンピーでタイヤに厳しいこのサーキットで、フェラーリは圧倒的な速さ・安定感を見せ付けました。
このレースでプロストが記録したファステストラップは予選順位にすると6番手に値するスーパーラップ。まさにこの「641/2」の長所が如何なく発揮されたレースと言えるのではないでしょうか。

次の動画は1990年メキシコGPの一部映像。
ホンダV10に圧し掛かるように続く2台のフェラーリV12エンジン音・・・
セナにとってはまさに「地獄」であったことでしょう。



当時、F1実況といえば古館伊知郎が目立った存在でしたが、このレース担当は馬場鉄志アナ。
個人的には馬場アナと三宅アナの実況が好きでした。
このレースの実況も神です。


そしてこちらはマンセルがセナの僚友ベルガーをぶち抜くシーン。ありえませんwww



この年フェラーリはコンストラクターズ2位、ドライバーズでもプロストがあと一歩の2位と大躍進しました。
そして翌年、期待の新星ジャン・アレジが加入。
未来のチャンピオンを約束されたかに思えたのですが・・・

はたして今シーズン「フェラーリF2007」はどのような走りを見せてくれるのでしょうか。
キミの未来は・・・果たして。。


マシン:フェラーリ 641/2(F190)
エンジン:フェラーリV12 DOHC 3499cc
コンストラクターズ 2位(6勝)
アラン・プロスト:5勝(ドライバーズ2位)
ナイジェル・マンセル:1勝(ドライバーズ5位)



【2007 1.22 旧ブログより】

拍手する

| ホーム | 次ページ
Page Top↑

Recent Entries

Categories

Profile

ライコネン主観のF1好き

Author:管理人 山田
Mail Form
プロフィール

Archives

Search This Site

Google

  • F1観戦記

Yahoo! JAPAN

  • F1観戦記

Unique User

Page View

List me

  • 「F1観戦記-キミ・ライコネン主観のF1好き」のRSS
  • にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ
  • F1観戦記-キミ・ライコネン主観のF1好き QRコード
  • Google chrome

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。