Top Page > 2008年07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
--/--/--(--) --:--
カテゴリ:スポンサー広告
[タグ未指定]

井上隆智穂

hungary.jpg

今週はハンガロリンクです。ホッケンハイムは忘れてしまいましょう。
ここは中低速で路面が汚れやすく抜きにくい。伝統的に予選最重要なコース。ええ、フェラーリにとって不利な要素が揃ってます。昨年も苦戦しました。今年はさらに流れが悪いです。心配です。唯一救いなのは例年気温が高いこと。レースペースには期待できるということでしょうか。とにかくガンガン晴れて気温よ上がってくれ 。今現在、決勝当日の予想気温は33℃。うむ、素晴らしい! ・・・悲しいですが今のフェラーリにはこうした 『条件』 が必要なのです。そろそろキミ勝たないと。4月以来って。。。

XPB_0L3J4740KBKSJK0J3OW74-2.jpg

そんなフェラーリがとうとう血迷いました。シャークフィン・エンジンカバーの登場~~
コレってそんな効果あるんですかね? 横風に滅法弱そうなんですが。これだけ流行るのだから効果あるのかな、やっぱり。う~ん、ダサい。
キミはヘレステスト後に 「問題点が判っちゃったよん♪」 なんてポジティブ発言してますが・・・こうした彼の発言に過度の期待をするのは要注意です。 蓋をあけてみるとな~んにも解決してなかった、なんてことも十分あり得ます。 とりあえずハンガロリンクは覚悟して見守ることにします。
でも心の中では期待を込めて 「勝っておくれ・・・」。

最後に、皆さんの 「思い出のハンガリーGP」 は何ですか?
僕は95年です。伝説の日本人F1ドライバー、井上隆智穂です。
実績・速さがなくてもF1ドライバーになれることを証明した彼。その存在感は “別の意味” で今なお絶大であります。映像が削除される前に是非ご覧ください。


Yahoo!ブックマークに登録 拍手する
スポンサーサイト
2008/07/28(月) 18:16
カテゴリ:F1 トラバ(0)

こらこらw

ヘレステストが行われております。今シーズンは皆09年を睨んで開発を早々に切り上げるとの見方がされてましたが、やはり勝負の世界。そう簡単には手を緩められないようで次々と新パーツを導入してます。
その主たるものがホッケンハイムで強烈なパフォーマンスを発揮したマクラーレンの4パドル式ステアリングホイール。これかなり “グレーなアイテム” であるような気がするのですが、パドルでギアチェンジとトルク設定を同時に行なうことが可能とのことで 『仮想トラクションコントロール』 として効果的みたいですね。特にリアをアグレッシブに使うルイスにとっては最高の恩恵となると思われます。ヘイキに目立った効果がみられないのは不思議ですが;;
そして今年大流行の “シャークフィン” と呼ばれるエンジンカバーは今テストでもホンダが初装着してます。ホッケンハイム前にはマクラーレン、トヨタが試して採用見送りとなりましたがホンダはどうなのでしょう?僕個人としてはこの格好悪いパーツは早く消えてなくなってもらいたい。じつにナンセンス。美しくない。特にマクラーレンやフェラーリといった名門が採用する様なら幻滅しますね。
・・・・と思った矢先、そのマクラーレンがとんでもないモノをテストしております。。

20080725-mclaren.jpg
おい、コレだけは勘弁してくれw

BMWよりもホンダに近い “触角” です。これは酷いw
こんなのがウィナーズマシンになったらF1そのものが笑い者にされてしまうぞ。嗚呼。。。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080724-00000002-rcg-moto

Yahoo!ブックマークに登録 拍手する
2008/07/25(金) 05:07
カテゴリ:F1 トラバ(0)
[タグ未指定]

スター☆ライコネン

キミ煽られてます。格好の餌食と化してます。新聞の売上に貢献してます。まさにスターです。
『今季引退説』 の次は 『2011年まで契約延長か』 だそうです。そして 『カメラマン突き飛ばし』 の次は 『少女と衝突』 だそうです。 ・・・う~ん楽しそう。
契約に関しては当たり前ですがキミ次第。本人がヤル気さえあればフェラーリは手放さないだろうし、頻繁に噂されてるアロンソ加入も実現しようがしまいが影響ない思います。むしろキミ&アロンソというインパクトは莫大な契約金を補って余りあるものでしょう。会長も、いや会長がそれを強く望んでいるのではないでしょうか。上手くいく・いかないまでは考えてないと思いますが。
ただ最も気になるのはキミ自身のモチベーションなわけで、あと数年それを維持できるのか正直疑問です。燃え尽き症候群になるくらいなら潔よい幕引きもアリだと思っております。今はただその決断を待ちましょう。どちらでも覚悟はできてます。

さてもう一つ。少女と衝突の件ですが・・・
取り上げるまでもないですね。

kimi.jpg

女の子は母親(?)とクラッシュしてますwww キミには全く当っておりません。
大泣きする女の子をほっといたことが問題なのかしら?
でもこれって親の管理責任ですよね。
大騒ぎの女の子そっちのけでサインを求めるこの母親らしき女性。さすがにキミも呆れてる様子でそれを無視してます。当然です。
それより 『少女と衝突』 というタイトルを変更してください。当てつけですよ。
興味のある方は youtube をお探しください。馬鹿らしくて張る気にもなりません。

さあ次はハンガロリンクですか。またしてもマクラーレン向きのコースですね。
悪くても昨年同様(2位)の結果は欲しいところですが、ホッケンハイムをみるかぎりポジティブにはなれません。。 『与えられた道具でベストを尽くす』 ことはしても 『与えられた道具をベストにする』 ことはしないキミ・ライコネン。その真価が問われる時です。やればできる、絶対に。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080722-00000002-fliv-moto

Yahoo!ブックマークに登録 拍手する
2008/07/24(木) 00:09
カテゴリ:キミ・ライコネン トラバ(0)
[タグ未指定]

負けるべくして負けた感じ。

初日からのダメッぷりからして何かしらの 『奇策』 を仕掛けると期待して観ていたのに・・・

中途半端に燃料積んでいただけでしたね。

ピケjr が出来てキミが出来ないハズないだろうに。。何のための“タイヤに優しいマシン”なんだよ。何のための“タイヤに優しいドライビング”なんだよ。マシンバランスが最悪なのは誰の目からも明らかだったのだからギャンブルも 『あり』 だったと思いますよ。もちろん結果論ですが。意味のない愚かな意見であることも重々承知のうえ書いてます。悔しいんです。乗れてない状態で6番グリッドからまともにレースして勝てるわけない。良くて表彰台?そんなもん期待してないんですよ。勝つか負けるかの勝負をすべきだった。何を怖がってるんだろうか。全くもってフラストレーションの溜まる内容でした。キミのポテンシャルが全く発揮されてない。彼はこんなもんなのか?いやいや、レース後半のゴボウ抜きは熱かった。面白かった。ただ結果が悪い。争ったポジションが悪い。最悪。戦いの土俵にすら上がれていない。情けない。悔しい。他人のことなんて言えない。・・・言ってるのは僕だけど。
ついに連続FLも途切れてしまいました。TVで盛んに 『現役最速』 と煽っていますが、最近ではそのフレーズに違和感を抱いてしまう自分がいます。昨年の苦しい時期みたいに信じていかなくてはならないのでしょうが・・・う~ん、今年の方がさらに深刻に思える今日この頃です。。

ドイツGP 決勝
01: ハミルトン(マクラーレン)
02: ピケ・ジュニア(ルノー)
03: マッサ(フェラーリ)
04: ハイドフェルド(BMWザウバー)
05: コバライネン(マクラーレン)
06: ライコネン(フェラーリ)
07: クビサ(BMWザウバー)
08: ヴェッテル(トロ・ロッソ)
09: トゥルーリ(トヨタ)
10: ロズベルグ(ウィリアムズ)
11: アロンソ(ルノー)
12: ボーデ(トロ・ロッソ)
13: クルサード(レッドブル)
14: フィジケラ(フォース・インディア)
15: 中嶋一貴(ウィリアムズ)
16: スーティル(フォース・インディア)
17: バトン(ホンダ)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080720-00000110-ism-moto&kz=moto 拍手する
2008/07/21(月) 09:00
カテゴリ:キミ・ライコネン トラバ(0)
[タグ未指定]

夏日を期待するキミ。でも無理っぽい。。

器の小さいドイツ人がまたポロッと失言です。もうやめなさいって。発言するたびに未練がましさが滲み出てみっともない。この人の成績は大そう立派にみえるかもしれませんが僕にとってはスカスカです。「中身」 という意味でね。数字だけは馬鹿デカイです。好きな方はゴメンなさい。でもキミに関わる以上は言わずにいられない。 “フェラーリのアドバイザー” って。マッサ専門だろ?w

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080716-00000001-rcg-moto

・・・と、日頃のストレスをぶちかましたところでドイツ情報。といっても何も詳しいこと知りませんが。
キミは週末暑くなることを期待してるみたいですね。なるほど、タイヤに自信アリなフェラーリ&キミにとって夏日は願ったり叶ったりでしょう。しかし! 週間予報をチェックしたところどうも暑くなりそうもない。良くても20℃半ばくらい。予報サイトによっては雨なんていう不吉なものまで。。。嗚呼、もう雨は勘弁してください。お願いですから。リベンジなんてどうでもいいですからw
まあ、雨の予報は信憑性低そうなのでそれほど気にすることはないでしょう。でも気温は平均~平均以下になりそうなのでアドバンテージはないかな。もうこうなったらガチンコ勝負っす。シーズン前に抱いていた 『キミ・ライコネン圧勝』 の展開を妄想しつつリスタートっす。
・・・って、まとまりのない文章だな。我ながら酷いw

Yahoo!ブックマークに登録 拍手する
2008/07/17(木) 20:47
カテゴリ:キミ・ライコネン トラバ(0)
[タグ未指定]

ホッケンハイムリンク

Hokenheimringのコピー

次の舞台はドイツ。今年はニュルではなくホッケンハイムリンクであります。一昔前まではドキドキワクワクの超高速レイアウト(画像:赤部分)だった同コースですが、近年の安全性重視の流れに従い大幅にレイアウトを変えている(画像:黒部分)のはご存知のとおり。改修を手掛けたのはお約束のヘルマン・ティルケ。 「他にデザイナーはいないのか?」「いません」 というくらいお約束のドイツ人。今年初登場のバレンシア、シンガポールも当然ながらこのオッサンであります。この人が造るコースって 「近代的」 といえば格好いいですが、何というか・・・スマートすぎるんですよね。 『ロングストレート&タイトコーナー + α 』 要約すればこれで大体収まります。その主たる例が富士。ココだ! という魅惑の観戦スポットが殆どありません。そして02年から生まれ変わったこのホッケンハイムもまた個性がバッサリ剥ぎ取られてしまった感があります。 『深い森を延々走る』 これが旧レイアウトの醍醐味。 (緩やかなカーブの) 長い直線を3つのシケインで繋いだ至ってシンプルなホッケンの森。素晴らしく個性的であり、また冷静に考えればとってもクレイジー。そのクラシカルな大雑把さが大好きだったのですが・・・広いランオフエリア、救護スペースの確保のため多大な樹木を伐採しなくてはならない事を思えばこのような改修しかなかったのかな、と一応の理解を示してみる。真相は他にも色々あったのだろうが。とにかく今年初登場の2コースはイスタンブールのような傑作であることを期待してます。
とりあえず今週は 「目指せ表彰台」。とりあえずは 謙虚に。何事もなく走りきって下さい。本当にお願いですから。もちろんキミのことです。キミ・ライコネンのこと。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080713-00000000-fliv-moto

Yahoo!ブックマークに登録 拍手する
2008/07/14(月) 13:39
カテゴリ:F1 トラバ(0)
[タグ未指定]

マッサ真っ青な91年サンマリノGP



5回スピン? それがどうした! 偉大なる教授はフォーメーションラップでスピンアウトしたぞっ!
しかも場所はイモラ。フェラーリのお膝元だ。これに勝るパフォーマンスしてみなさい。

【動画】
91年サンマリノGP
雨の残る路面状況の中、フェラーリのアラン・プロストが何とフォーメーションラップでスピン!
そのまま脱出不可能となりリタイア。
その直後にもマクラーレンのゲルハルト・ベルガー(現トロロッソの共同オーナーw)もスピンするが、こちらは何とか脱出して赤っ恥を回避している。
このレースの優勝はレインマスターであったアイルトン・セナ。磐石の開幕3連勝達成のレース。

Yahoo!ブックマークに登録 拍手する
2008/07/13(日) 14:43
カテゴリ:F1 トラバ(0)
[タグ未指定]

2008 F1イギリスGP 決勝

レース前にキミがカメラマンをド突き飛ばした映像が youtube に流れてました(現在は削除されたかな)。久々の “オイタ” だったわけですが、レース前でピリピリしてるドライバーにしつこく迫るのもどうかと思います。しかもキミの荷物を踏みつけていたという情報もありますし。もちろん手を出すのはよくありませんが。開き直ればキミに模範的対応を求めるのが間違ってるのです。王者の振る舞い? そんなもの無理ですから。この人にできるわけないでしょう。もしそのような振る舞いをしなくてはならないのなら最も相応しくない人物がF1の頂点に立ってしまったのでしょう。諦めて下さい。

XPB_08VOP350FFGH350KSLZ40-2.jpg

さて振り返るのも面倒なレースです。勝ったのは地元の人。雨は上手いと思います。そして運を持ってる。批判するだけではなく認めるところは認めなくてはいけませんね。ただ一言いいたい。 「他の連中は悔しくないのか?」 と。こんな2年目の小僧にスター気取りさせていいのか? マークよ、スタートでテンパって周りが見えてなかったみたいだな。インサイドがすっぽり空いていたぞ。これでレースの行方が決まったようなものです。ナイスアシストだったよ、まったく。ヘイキよ・・・お前は仕方ないのか? 雨だと心許ないのか? あまりにも不安定な走りだったぞ。 マッサよ、評価が上がるとグズグズになってしまうな。インフルエンザと先日のクラッシュを割り引いても酷い内容。スピン5回? モナコでの素晴らしい走りはマグレだったのか? 野ウサギ(?)をはねなくてよかったよ。憎たらしいけど本当にナイスキャラだ。嫌いにはなれないぞ。 そしてフェラーリ、相手なりに合わせる柔軟な戦略がほしかった。結果論とはいえ5分以内に雨が降るという予報がされていた中、あそこでギャンブルに走る必要は全くなかったはず。何の為に気象予報士を帯同させているんだ? で、判断ミスもさることながらキミのラップタイムが1周で5秒落ちした段階でピットに呼び戻すべきだったんじゃないかな。 たしかに給油回数は増えてしまうだろうけどグラベルに突っ込む危険性も大いにあったわけだから即タイヤ交換するべきだったと思う。結果的に5ポイント取れたのは御の字でしょう。まさにギャンブルの上塗り。トップチームにあるまじき“ずさんな戦略”でした。
・・・そんな中、地味な2人が光りましたね。ニック2位、バリチェロ3位。荒れたレースになると必ずこうしたベテランが台頭してきます。特にバリチェロは最近悪くない。バトンよりよっぽどいい。でも残留は厳しいかな。時の流れってヤツは簡単には変えられませんから。ニックも良いアピールになったと思います。クビサとのコンビは年齢的にもバランスの取れた好布陣だと思うのですが。あとは首脳陣の判断次第でしょうか。
そして地上波では懸命に中嶋親子をプッシュしてましたね。 「なんとか盛り上げよう」 というフジTV側の必死さが伝わってきてちょっと冷めてしまうのですが、確かに感慨深いものはあります。思えば91年の鈴鹿、初めてF1観戦した91年鈴鹿のS字コーナーで、父 中嶋悟のリタイアを目撃しました。あれから17年ですか・・・月日の流れを感じます。一貴よ、もっとガッつけ。貪欲になれ。父譲りの “納豆” を備えているのは分かった。ただアロンソ相手にもっとプッシュしてほしかった。琢磨であればプッシュしたと思う。たとえ全てを失ったとしても。一度狙ったターゲットを中途半端に終わらすべきではない。少なくとも僕はそう思います。男になれ、男に。

F1イギリスGP 決勝
01 ハミルトン(マクラーレン)
02 ハイドフェルド(BMWザウバー)
03 バリチェロ(ホンダ)
04 ライコネン(フェラーリ)
05 コバライネン(マクラーレン)
06 アロンソ(ルノー)
07 トゥルーリ(トヨタ)
08 中嶋一貴(ウィリアムズ)
09 ロズベルグ(ウィリアムズ)
10 ウェバー(レッドブル)
11 ボーデ(トロ・ロッソ)
12 グロック(トヨタ)
13 マッサ(フェラーリ)

↓ 全く同感です。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080708-00000110-ism-moto

Yahoo!ブックマークに登録 拍手する
2008/07/08(火) 22:55
カテゴリ:F1観戦記 2008 トラバ(0)
[タグ未指定]

一番速かったのはキミ。当たり前ですが。

XPB_0QI0AV40J87VCW03OGS1T-2.jpg

このレースを2度と見ることはないでしょう。痛すぎる戦略ミス。4位に踏み止まれたのが信じられない程グダグダな展開となってしまいました。 なにも今に始まったことではありませんよね。昨年から幾度となく致命的な判断ミス、メカニカルトラブルが発生してます。フェラーリは本来の姿に戻りつつあるのでしょう。ミハエル時代が異常で不自然だったのです。しっかり管理体制を整えないと足元すくわれるぞ、間違いなく。
キミの走りは力強く勝ち負けに相応しいモノでした。彼が未だ勝利に飢えているのは明らかであります。嬉しい、嬉しかった。それだけに、それだけに歯痒いですね。フラストレーション溜まりまくりです。。この噛み合わない歯車を何とか噛み合わせもらいたい。噛み合わせてくれ!そろそろ楽しくすっきりした気持ちで観戦記を書きたいものです。。
あっ、そうそう。6戦連続FL記録です。通算31回目。これでナイジェル・マンセルを抜いて歴代3位。凄い記録です。

↓ せつない、やるせない。。ホンダが表彰台? なんだそれ。。
【SUPER AGURIの資産が競売へ】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080706-00000003-fliv-moto

Yahoo!ブックマークに登録 拍手する
2008/07/07(月) 16:40
カテゴリ:キミ・ライコネン トラバ(0)
[タグ未指定]

おめでとうヘイキ。勝つのはキミだよw

思いのほか天気は悪くありませんでした。降雨はわずか。明日の決勝もどうなるか全く分かりませんね。いやらしい天気です。まったく。。
そんな中、ヘイキが見事に初ポール獲得。速かったです。シルバーストンに来てから安定して速さをみせていただけに順当な結果ともいえるかもしれません。ようやく彼の出番なのか!? ん~でも明日は荒れそうな予感がするんだよなぁw
2番手はビックリ。。なんとマーク君臨。この人、予選では度々とんでもない速さを披露するけど今回のは強烈でしたね。どんだけ燃料軽いのかしら?w でもこういったサプライズは嫌いじゃないです。刺激的でワクワクしちゃいます。
で、3番手にようやくキミ。苦しんでいたわりにはしっかりセカンドローに喰い込むあたり粘っこいです。逆境に強いというかタフネスというか。レースではおそらく良いペースで走れるでしょうから、展開次第では十分逆転可能でしょう。スタートで直ぐ隣にいる危険人物に当てられないよう祈っております。
l_sne10255-2.jpg

【イギリスGP予選、コバライネンが初ポール! 中嶋一貴は15位】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080705-00000013-fliv-moto

Yahoo!ブックマークに登録 拍手する
2008/07/06(日) 03:18
カテゴリ:F1観戦記 2008 トラバ(0) コメント(1)
[タグ未指定]

今週はシルバーストン。

今週はシルバーストン。伝統のコースです。天気予報はすこぶる悪いそうでレインコンディション必至(降水確率-土曜 90%、日曜 75%)みたいです。できれば晴れてほしかったものですが・・・
さて、前回のマニクールでエンジンに爆弾を抱えてしまったキミは予想通りエンジン交換を選択する模様。1回に限りノーペナルティですから妥当な判断だと思います。今回は雨かもしれないのでぶっ壊れるほど回すこともないでしょう。ぜひモナコのリベンジを、雨でのリベンジを期待したいです。
そのマニクールでは度々エンジンが 「死にそう」 になったわけですが、この件に関して今宮純 氏が自身の記事にて絶賛してます。
http://www.f1world.jp/race/09.html
この人たまに 「とんちんかん」 な事言うので(失礼)アンチも少なくないのですが僕は嫌いじゃないです。解説の内容、レベルの良し悪しはよくわからないですが(これまた失礼)。
そして、昨日クルサード先生が引退発表しました。誰にでも終わりは訪れるものですがやはり寂しいですね。デビュー当初は速さはあるけど脆いという印象がありました。まさかこれほど長く大御所としてF1界に君臨するとは思いもよらなかったものです。とにもかくにも15年間お疲れ様でした。残りの現役生活が素晴らしいものになることを願っています。

【速報! クルサードF1引退をイギリスで正式発表!】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080703-00000007-fliv-moto

Yahoo!ブックマークに登録 拍手する
2008/07/04(金) 12:29
カテゴリ:F1 トラバ(0) コメント(0)

| ホーム |
Page Top↑

Recent Entries

Categories

Profile

ライコネン主観のF1好き

Author:管理人 山田
Mail Form
プロフィール

Archives

Search This Site

Google

  • F1観戦記

Yahoo! JAPAN

  • F1観戦記

Unique User

Page View

List me

  • 「F1観戦記-キミ・ライコネン主観のF1好き」のRSS
  • にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ
  • F1観戦記-キミ・ライコネン主観のF1好き QRコード
  • Google chrome

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。