Top Page > 2008年08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
--/--/--(--) --:--
カテゴリ:スポンサー広告
[タグ未指定]

モンツァにルカ・ディ・モンテゼモーロ登場

フェラーリ会長のルカ・ディ・モンテゼモーロは来年もキミ&マッサのラインナップでいくと明言。重ねて現在キミがおかれている状況をユベントス(イタリアのプロサッカーリーグ=セリエA)時代のフィリッポ・インザーギ(イタリアを代表するFW選手)に例え擁護してます。
「(ライコネンに対する)このような批判はユベントス在籍時のインザーギを思い出させる。3試合無得点なら誰もが危機だと言った。彼は世界チャンピオンだ。昨年、多くの人が不可能だと思う状況で勝ち取った(フェラーリ加入)初年度を忘れてはいけない。彼には17回の優勝があり、次のベルギーで再び軌道に戻ることを期待してる。とにかく彼は危機ではない」 →ソース
相変わらずユニークで印象的な発言をする会長さんです。そうキミが世界チャンピオンなのだ。すっかり忘れてましたw アロンソとキミがいる3日目に登場したのには何か意図的なものを感じます。 以前からマッサよりキミに肩入れしてる印象があるし・・・って考えすぎか? とにかく会長さんとしては現役屈指のカリスマであるキミに復活してもらわないと困る、というところでしょうか。大丈夫、きっとスパではやってくれますよ。たぶん、きっと、いやもしかしたら・・・(おいw)
・・・それにしてもピッポ(インザーギの愛称)に例えたのはちょっと微妙だな。。だって彼はリッピ(当時ユベントス監督)との確執がスランプの原因だったわけだから。そしたら先のドメニカリ発言みたいなものは謹んでもらわないと。チーム代表が早々にキミ脱落を示唆するなんてありえない。仮にも・・・いや現役チャンピオンなのだから完全にチャンスが潰えるまでサポート云々は禁句でしょう! これだから過去にもイタリア主体で失敗してきたんです、フェラーリは。まったく、プンプン!だ。

Yahoo!ブックマークに登録 拍手する
スポンサーサイト

スパ・フランコルシャン

次はベルギーGP。屈指の名コース、スパ・フランコルシャン。
バランスのとれた難易度高いレイアウト、厳しい高低差、気まぐれな気候・・・そのどれもが魅力的でドラマチック。名物は何といってもオー・ルージュ。まるで “そり立つ壁へ突っ込む” ような感覚だといいます。現在はリミット付きV8エンジンなので迫力に若干物足りなさを感じるとはいえ、それでもやっぱり特別なポイントであることは変わりません。
僕の思い出は1992年。勢いよく降り始めた雨の中をスリックタイヤで走り続けたセナの姿が心に焼きついてます。彼は「直ぐ雨はあがる」とギャンブルに出ました。そうでもしなければこの年のマクラーレンは勝てない。希望がない。そして結果は・・・失敗。巧に状況を見極めたミハエルが後に91回を数えるF1勝利の第一歩を収めたのです。じつに彼らしい戦略を駆使した勝利であり、今から思えば世代交代を予感させる内容でもありましたが、雨のオー・ルージュをスリックタイヤで駆け上がるセナに恐ろしいまでの執念、勝利への渇望というものを存分に感じたのは言うまでもありません。
ファン・マヌエル・ファンジオ、ジム・クラーク、アイルトン・セナ、ミハエル・シューマッハ・・・いずれもスパを3勝以上し、複数回のドライバーズタイトルを獲得した名ドライバー達です。このコースがドライバーズサーキットと呼ばれる所以でもあります。そして現在スパ3連覇中なのが他でもないキミ・ライコネンさん。かなり深刻な状況が続いてますが、この名コースで復調してもらわないと困ります。
やはり勝負は予選。1周分で構わないから今回はマッサより軽い積載燃料で挑んでもらいたい。どうもここ最近のキミは予選下手なのに重すぎるのではないかと。決勝での追越が困難な状況なので1つでも良いポジションからスタートするのが望ましいと考えるのは浅はかでしょうか? エンジニアを含め総力挙げて挑まないといけないぞ。本当に正念場を迎えています。



F1 Spa-Francorchamps 1970
F1 - 1970 Belgium Grand Prix - Spa-Francorchamps

このYoutube動画は1970年のスパです。当時はまだ旧コース(全長14.120km!)でレイアウトやスタート地点が異なりますがオー・ルージュはもちろん存在します。皆アクセルを踏み込み熱い走りを披露。何時の時代でもF1ドライバーはクレイジーなのです。でもそれを言ったらコース脇で生身丸出しでカメラ構えてる観客(カメラマン)はどうなるのでしょう? 狂ってますね。思わず日本語になってしまいます。ありえません。自殺行為です。現在なら即連行されます。くれぐれもマネしないように。

Yahoo!ブックマークに登録 拍手する
2008/08/30(土) 14:25
カテゴリ:F1 トラバ(0)

F1よりキミ・ライコネンが好きなんだ

XPB_0BZYOE90LL7P8G04LLBSX-2.jpg

もう大炎上です。どこ見てもキミへの批判雨霰っす。。
笑いたければ笑えばいいじゃん。僕はこれからもずっとキミを応援するし一番速いと信じてる。
おかしいのは今のF1なんだ。一体何台のマシンがバトルを演じた?単なるパレードだよ、まったく。予選で全て決まるなら高いお金払って観に来るお客さんに失礼だろ。コース上のバトルをみせなさい。
2009年、F1レギュレーションは大きく変わります。ダウンフォース50%削減(今年比較)により走行中のマシンから生じる乱気流などを抑制しオーバーテイクを増やそうという試み。つまり進化し過ぎた空力(エアロ)を退化させようというものです(※注)。常に新化を志すF1においてエンジン凍結に次ぐ荒療法でありますが、これによって現在F1が抱えている問題、そしてなにより 『決勝重視』 のスタンスをとるキミを救うものと思われます。
でもね、今は09年ではなく08年なんですよ。例のピット作業でのアクシデントをみてもキミは前へ出たくて出たくて仕方ないんです。もどかしいっす。いたたまれないっす。。結果はどうあれ気持ちは十分伝わった。やっぱり闘志は消えてなんかいない、って。
来年はきっと思い存分暴れられるから今年あと6戦踏ん張ろう。まだ終わってなんていないぞ。前言(前エントリー参照)撤回だ。何とか打開して勝利を目指そう。意地汚く最低なマッサ、ルイスなんかに負けるな!ティフォシの罵倒なんて気にするな!!チームの待遇は厳しくなるかも・・・だけど得意のスパでの活躍、本当に本当に祈ってます。頼むよ、富士で気持ちよく応援させてくれ。お願いだ。。

(※注)
空力抑制により失われたグリップはスリックタイヤ復活にて一部補うものとみられます。実際にどのような感じになるのかは分かりませんが、『エアログリップ弱化&メカニカルグリップ強化』 によって一昔前のF1に戻るのではないか、という淡い期待が持てます。実際はそう甘くはないと思いますが。。

Yahoo!ブックマークに登録 拍手する
2008/08/27(水) 16:37
カテゴリ:キミ・ライコネン トラバ(0)

佐藤琢磨を巡るトロロッソの噂

来年のF1復帰を目指している佐藤琢磨が間もなく動き出しそうです。正直それほどファンというわけもないのですが、これまでの日本人の中では好きなタイプに入るドライバーなので今後のF1人気のためにも復活してもらいたいです。
彼の移籍先として最も有力視されているトロロッソでのテスト参加が噂されています。9月のヘレステストに参加し、チーム評価を受けるのではないかとみられてますが、ここ数年スーパーアグリで戦ってきた琢磨のポテンシャルが現在どの辺りなのか興味ありますね。ホンダさんはデータのみで見限りましたが、やっぱり実走行で判断してもらいたいものです。何でも数字だけで判断するんじゃない。
それにしても、このトロロッソ有力説の裏付けの一つに “日本国内へのレッドブル飲料の売込” とありますが、ア○ヒさんと共同開発した 『某清涼飲料水』 との兼合いは考慮されてるのかしら? ・・・なわけないよね(笑) そう考えると何とも言えない状況です(おいおい、それだけで?w)。
ゲルハルト・たまにセナより速かった・ベルガー
「ヘレスでブエミをテストする予定であり、これは来年に向けた評価になる。理想的な状況としては、若いドライバーが一人とベテランドライバーが一人だ。フリーのドライバー全員をリストに載せているが、今の段階でははっきりとした考えはない。時間をかけるつもりだよ」

まだハッキリと琢磨の名前は出されてません。下記ソースのとおり接触はあったそうですが・・・さあ、どうなる?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080827-00000110-ism-moto

Yahoo!ブックマークに登録 拍手する
2008/08/27(水) 15:30
カテゴリ:F1 トラバ(0)

F1ヨーロッパGP 決勝 +補足

前エントリー 「F1バレンシアGP」 って・・・相当動揺してるな。。。w

前回マッサが悲惨な終わり方して当然 「可哀相だ」 という意見の方が多かったようですが、僕は正直思えなかったのです。「明日は我が身」だという思いがありましたからね。懸念していた2戦目エンジン・・・やっぱり駄目でした。。気温が下がればグリップ不足、上がれば信頼性不足。どうしたもんだか。
はぁぁぁぁ。。。20年近くF1観てきて最も悲惨で力が抜けたレースでした。予選、スタート、展開、結末・・・全てが最悪。空回りしてますね。キミはけして諦めてなんかいないし、ヤル気はあるんです。彼がレースする理由は 「一番が好き」 なわけだから。辞めたいなら自ら「辞める」と言ってるでしょう、とっくに。ただ、それが全て悪い方向へ流れてしまってる。。今年はこうのような場面多いですね。もどかしいっすよ、キミさん。。
で、予選はやはりマッサに比べ重かったですね。もう何度も言いますが軽くしないと勝負になりません。そこらへん何とかなりませんか?ジョイントナンバー1とは聞こえは良いですが、もう少し練った戦略をキミさんに提供してあげないとマッサにやられ放題になってしまいそうです。何しろ「予選が全て」なスポーツと化してますから(こんなものレースではない!)。そしてやはりバレンシアは抜き難いサーキットでしたね。初めて動画を見た時の嫌な印象どおりでした。今回のレース、アンケートでは約8割のファンが 「つまらなかった」 と回答してます。当然の結果でしょう。シンガポール市街地コースは大丈夫でしょうか?ちょっと不安です。ティルケさん、もっと勉強しろよ。
さて、今シーズンは終了しましたが(おいおいw)、キミの今季3勝目を期待してスパを楽しみに待ちたいと思います。記念切手発売に華を添えてもらいたいものです。
過去は振り返るな。前を向こう。涙は嬉しい時に流そうぜ・・・(うむ、綺麗にまとめたな。。)

バレンシア市街地コース 決勝
01 マッサ(フェラーリ)
02 ハミルトン(マクラーレン)
03 クビサ(BMWザウバー)
04 コバライネン(マクラーレン)
05 トゥルーリ(トヨタ)
06 ヴェッテル(トロ・ロッソ)
07 グロック(トヨタ)
08 ロズベルグ(ウィリアムズ)
09 ハイドフェルド(BMWザウバー)
10 ボーデ(トロ・ロッソ)
11 ピケ・ジュニア(ルノー)
12 ウェバー(レッドブル)
13 バトン(ホンダ)
14 フィジケラ(フォース・インディア)
15 中嶋一貴(ウィリアムズ)
16 バリチェロ(ホンダ)
17 クルサード(レッドブル)
R ライコネン(フェラーリ)

Yahoo!ブックマークに登録 拍手する

F1バレンシアGP 予選

XPB_06JYMTD07WK9DT0BEK9OH-2.jpg

あーーもおーだから何で曇ってるのよ?w 路面が温まらないとキミさんまともに走れないのに・・・
もう、完全にマッサの方がF2008を乗りこなしてます。いくら決勝ではキミが速いと言っても予選から一貫したパフォーマンスを引き出せるマッサの方が優位なのは当然。おまけにレースでは空気になると思われるクビサが目の前とはまさにアウチ。。スタートでかわせるかしら? う~ん、前回も必用に警戒されたので今回もキミの頭を抑えにくるでしょうね・・・。ただ、コメントを聞く限りではマシンそのものに対してそれほど悲観的ではないのでファンとしても粘り強く期待してみようと思います。ていうか期待するしかないだ。
決勝の予報では気温はそこそこ上がるようです。雨も一応は大丈夫みたいですが、なにせキミのエンジンは2戦目ということで信頼性にもハラハラさせられそうです^^; とっても心臓に戦いが予想されますね。頑張れキミ、そしてキミ好きの皆さん。

バレンシア市街地コース 予選
01 マッサ(フェラーリ)
02 ハミルトン(マクラーレン)
03 クビサ(BMWザウバー)
04 ライコネン(フェラーリ)
05 コバライネン(マクラーレン)
06 ベッテル(トロ・ロッソ)
07 トゥルーリ(トヨタ)
08 ハイドフェルド(BMWザウバー)
09 ロズベルグ(ウィリアムズ)
10 ボーデ(トロ・ロッソ)
11 中嶋一貴(ウィリアムズ)
12 アロンソ(ルノー)
13 グロック(トヨタ)
14 ウェバー(レッドブル)
15 ピケ・ジュニア(ルノー)
16 バトン(ホンダ)
17 クルサード(レッドブル)
18 フィジケラ(フォース・インディア)
19 バリチェロ(ホンダ)
20 スーティル(フォース・インディア)

Yahoo!ブックマークに登録 拍手する
2008/08/24(日) 08:10
カテゴリ:F1 トラバ(1)

キミ・ライコネン記念切手の購入方法

ライコネン切手

話題(?)のキミ切手を購入しました。観賞用と保存用の2枚。今から到着が楽しみです♪
“到着” ということは、入手ルートは当然通販となります。フィンランドのヘルシンキ中央郵便局HPで購入手続きができます。切手はシートなし(1.60ユーロ)、シート付(2.15ユーロ)の2種類。※1ユーロあたり162.8円(8月22日時点) なお、送料に別途3.50ユーロ掛かります。まあ、現地まで行くことを考えればそれほど大きな出費ではないでしょう。キミ好きには外せないマストアイテムです!

※現在、以下の手順では購入できません。 キミ・ライコネン記念切手の購入方法【補足・訂正版】 を参考に再チャレンジしてみて下さい!

それでは、簡潔に手続き方法を紹介。
1:欲しい切手の枚数をBOXへ入力
2:一番下の 『Add to cart』 をクリック
3:宛先などの情報を入力
・Name(of payer)
名前
(例)山田 太郎 → Taro Yamada
・Street address
町番地
(例)男前町 1-2 → 1-2 Otokomae-cyo
・Zip code,Town/City
郵便番号,市町村(都道府県も)
(例)〒123-4567 山田県太郎市 → Taro-shi,Yamada-ken 123-4567
・Country
国 → “Japan”を選択する
・E-mail
メールアドレス → 連絡可能なアドレスを入力する
※大体こんな感じで大丈夫だと思います。太字部分さえ入力すればOKでしょう。
 宛先は細かい事を気にせず一通り入力しておけばちゃんと届くはずです。
 僕なんて都道府県と電話番号を省きましたから(忘れただけw)
4:上の 『Continue-choose payment method』 をクリック
5:クレジット情報を入力
・VISAやMasterなど数種類使えます。各情報を入力すれば手続き完了。
Security code(カード裏面、署名欄にある下3桁の数字)は間違え易いのでご注意を。
あとは郵便局より確認メールが届くので切手到着を楽しみに待ちましょう^^

Yahoo!ブックマークに登録
拍手する

バレンシア市街地コース :キミ・ライコネン車載映像



注目のバレンシアが開幕しました。キミが初日のトップタイムです。今は8月。けしてエイプリルフールなどではありません。これまで初日からマシンバランスがデタラメだったことを思えば順調な滑り出しでしょう。これから更にタイムは更新されていくと予想されますが、どうか方向を見失わないように願うばかりです。
冒頭のYoutube動画はフリー走行でのキミです。まだ路面が滑りやすいことがわかりますね。当然ですがF3とは比べ物にならないスピード感。たった一日でここまで踏めるF1ドライバーってやっぱりクレイジーですね。。
※この映像は近いうちに削除されるかもしれないのでお早めにご覧ください。

Yahoo!ブックマークに登録
拍手する

バレンシア市街地コース : 動画



来週はいよいよ注目の新コース、バレンシア市街地コース(ストリートサーキット)ですね。先月おこなわれたF3の動画がさっそくYouTubeに登場していたので貼ってみました。
ウォールをかすめる直角コーナーなどがあり、雰囲気的には一昔前におこなわれていたデトロイト、あるいはフェニックスといったところでしょうか。 トラクション性能が一つのポイントとなりそうです。また、モナコとは違い全開率は高そうですね。ただ、思っていたよりもオーバーテイクポイントは少ないのかな? 見たところ2箇所程度 ・・・ う~ん、実際はもっとあるのかな。。ちょっと気になる点です。
それと当然でありますが、道幅が狭くなったり、ブラインドとなるコーナーが存在するのでSC導入は十分覚悟しておく必要があります。気温もすこぶる高くなると予想されるので 『柔軟な戦略+信頼性』 が大いに問われることでしょうね。大丈夫かフェラーリ? いやいや、キミさん^^;

『K.ライッコネンの記念切手、母国フィンランドで発売へ』
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080815-00000111-ism-moto
こんなタイミングで発売して売れ行き大丈夫なのか!?(笑)
まあスパでは危なげなく勝ってくれると信じてますが。頼みますよホント
※それにしても Yahoo は頑なに 『ライッコネン』 っすね^^;

Yahoo!ブックマークに登録 拍手する

☆チケット到着☆

fuji.jpg

うむ、手元に届いたぞよ~。今年のF1日本GPチケット☆
大半の人は来年の鈴鹿を心待ちにしていると思いますが、僕にとって富士開催にはそれなりの恩恵を受けてます。仕事が休み難く、3日間通しだとやっぱり近場でないと厳しいですから。それに・・・

F1富士は今年で最後になるかもしれないし 
・・・おっとw

でも冗談ではなく昨年は辛かったですからね。今年は何とかしてもらいたいところです。お客さんが気持ちよく家路に着けるような開催になってもらいたい。 ・・・でも、(最近会った)富士スピードウェイに勤めている知人の態度はけして褒められたものではありませんでしたけどね。アレをみた限りでは多くは望めなそうですが。まったく・・・もっと精進しろよ。。 F1開催がなくなったらお終いだぞっw

とりあえず僕自身は昨年の経験を活かして省エネな観戦スタイルを貫く次第です。体力温存がカギですから。
あとはキミ応援グッズでも用意するか・・・。ご近所に見られるのがチト恥ずかしいけどw

Yahoo!ブックマークに登録 拍手する

キミ・ライコネン贔屓として。

あーあ、F1でも 「超キモチー」 と思えるようなレース観たいですよ。ええ、まったく。。
ラ・ガゼッタ・デロ・スポルト紙をはじめ多くのメディアから集中砲火を浴びているキミさんですが、ファンとしても今の状況は辛いところです。だって・・・キミは本当に速いのですから。その速さを上手く結果に繋げられない。うぅ、もどかしい。。 (妄想かって? いやいやw)

彼の問題が予選、それもタイヤの扱い方であることは少しでもF1情報に目を通している方であれば周知の事実でしょう。そして、それが昨年から大して改善されていないことも・・・
「たら・れば」 な言い訳とはいえ、フェラーリへ移籍した昨年からF1で使用されるタイヤがブリヂストンによるワンメイクとなったのはキミにとって大きなことだったと思うのです。ミシュランとの激しい競争が終わり、ブリヂストンとしては安全面、いわば耐久性に重点をおいたコンサバなタイヤ造りへ移行する必要があったのは確かです。実際、当初から各ドライバーは 「グリップ不足」「アンダー(ステア)傾向」 といった内容を口にしてます。グリップを (大なり小なり) 犠牲にした結果であったのでしょう。そして、これがキミを大いに苦しめている・・・そう思わずにいられません。
キミはコーナリングにおいて、マシンを直線的に制御しアクセルを踏み込む。だから基本的にはフロントには機敏な反応を欲しがる、と聞きます。若干のオーバーステアなら大歓迎、といったところでしょうか。こういう走りはけしてマシンには優しくないのですが、タイヤに関しては入力が小さい分すこぶる優しいそうです。これが 「キミがタイヤに優しい」 と言われている所以で、 タイヤ交換が禁止されていた05年に無類の強さを発揮した原動力の一つ (マシン自体もクソ速かった) であり、昨年から続く予選での大苦戦の元凶でもあると思われます。 フロントの反応がしっくりこない・・・・これがフェラーリ加入後 (ブリヂストンのワンメイク後) のキミを悩ませ続けているのかもしれません。

もし、タイヤがワンメイクでなければどうなっていたでしょうか?
もし、マクラーレンに残留していたらどうなっていたでしょうか?


07年、フェラーリはタイヤに頼らず空力面での打開を図り、それまでのマシン性質を一新。マシン自体は抜群に速いが、空力重視によるアンダーステア傾向が顕著にみられるようになります。これはマッサ好みであってもけしてキミにとってありがたい事ではない。当然タイヤの温まりも悪く(特にキミ)、予選で思わぬ苦戦 (主にキミ) を強いられることとなります。 「キミに合わせた」 といわれるF2008でもそれは大して改善されておらず、関係者が言うとおり 『F2007の正常進化型』 だったというのが正しい見方でしょう。ブリヂストンと“一体”となり事態を打開していた一昔前ならば解決できた問題に思えますが・・・
一方、それまで過敏過ぎるマシンに悩まされていたマクラーレンはこのコントロールタイヤ導入によって蘇りました。そして抜群のタイミングでF1界に飛び込んできたルイス。この “組み合わせ” はけしてタイヤに優しくありません。でも今は3つの短いスティントさえ走りきればOKなのです。そして何よりタイヤの温まりが良く、予選に強い。もし、このマシンにキミが乗っていればまさに最強だったのではないかと想像してしまうのです。

・・・くだらない妄想なのは十分承知してます。でも現実逃避しなければやってられないのも事実。夏場を過ぎ、アジアで予定されている3戦はいずれも気温は落ち着いたものとなるでしょう。幸先はけして明るくはありません。ましてやブリヂストンはお節介なことに昨年よりも硬めのコンパウンドを用意する傾向 (ブラジル含め数戦。一部のコンパウンドに関しては “強化” もされている) にありますからね。コレってアレですよね。同社CMに出演している “彼” へのサービスと思ってOKですよね? トルコでも余計な助言しやがってw
キミ自身も 「タイヤの品質が一定じゃないネ☆」 なんて何の得にもならない喧嘩を売ってしまう始末。。品質が一定ではないのは皆同じなわけで・・・これに関してはさすがにフォローしきれせん^^; ただ、無駄に語ることのないキミがわざわざ文句つけるくらいだから相当タイヤの感触にはストレス感じているのでしょうね。 厳しい時代です。厳しい時代なのですが・・・・その時代に関係なく強く・速いドライバーこそが本物なのです。だからこそ「キミ頑張れよ!」 と力強く叫びたい。
タイヤの温まりは仕方のないことです。ドライビングスタイルを変えることはそう簡単なことではないですから。どうやってそれと上手く付き合っていくかが課題でしょう。有益な戦略、そして当然のことながらミスを犯さないこと。あとは運でしょうか。ハードルは高い。だからこそ応援し甲斐があるってもんです。

※ ここに書かれていることは全て 『知ったか』 です。マネしないでねw

Yahoo!ブックマークに登録 拍手する

珍しく幸運だったキミ。

ヘイキおめでとう!
これまでの運のなさが少しだけ報われたのかな? これがレースですよね。よかったと思います。
そしてキミ。やはりアロンソにしてやられました。。 「とってもダーティ」 な偶数グリッドというわけでこの事態は覚悟しておりましたが・・・まさか第2スティントまで押さえ込まれるとは誤算でした。この辺りはもっと柔軟な戦略で打開してもらいたかったのですが現在のフェラーリには到底無理な話でしょう。「戦略で勝つ」 といったレースは今後もお目にかかれないかもしれません。
それでも終わってみればFL付きの3位。ルイス、マッサにそれぞれトラブルが起こり、結果としてポイント差を詰めることができました。アロンソを早い段階で交わしていれば優勝も射程圏内だったわけですが、今回の内容からすれば出来過ぎと思わなくてはいけないでしょうね。珍しく運に救われた格好でした。まだ勝利の女神には見捨てられていないぞ。
ただ、明らかにマッサの方が力強く素晴らしい週末を送っていたのは事実。次のレースで印象に残る速さ・強さをみせなくてはキミの立場は無くなってしまうのではないかと心配になります。幸いレースでの速さは蘇ったことだし、前向きな気持ちで見守りたいと思います。
う~ん、それにしても今年ももつれますね。最後の最後まで気の抜けない展開となりそうです。

コバライネンが初V、一貴は13位/F1
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080804-00000027-rps-moto&kz=moto

第11戦ハンガリーGP決勝
01 コバライネン(マクラーレン)
02 グロック(トヨタ)
03 ライコネン(フェラーリ)
04 アロンソ(ルノー)
05 ハミルトン(マクラーレン)
06 ピケ・ジュニア(ルノー)
07 トゥルーリ(トヨタ)
08 クビサ(BMWザウバー)
09 ウェバー(レッドブル)
10 ハイドフェルド(BMWザウバー)
11 クルサード(レッドブル)
12 バトン(ホンダ)
13 中嶋一貴(ウィリアムズ)
14 ロズベルグ(ウィリアムズ)
15 フィジケラ(フォース・インディア)
16 バリチェロ(ホンダ)
17 マッサ(フェラーリ)
18 ボーデ(トロ・ロッソ)

Yahoo!ブックマークに登録 拍手する
2008/08/05(火) 06:23
カテゴリ:キミ・ライコネン トラバ(0)
[タグ未指定]

キミ・ライコネンは『遅い』のだろうか?



あーやっぱり駄目だった。。

少し前までのあのワクワクした感情はどこへいってしまったのかしら? もう 「6番手」 を目の前にしても悔しさ・憤りというものを超越して笑ってしまいます。マッサの奮闘ぶりからして問題は 『キミ自身』 にも十分ありそうですね。 「ミスした」 って一体何度目だ!?w
集中力に欠けてるのかな。気持ちの問題であるような気がする。 「マシンはそれほど悪くない」 とコメントしていたようにマクラーレンには敵わないまでも2列目は確保しておきたかったところです。表彰台までは遠そうですね。スタートが一つポイントとなりそうですがあいにく偶数列はダーティ。ここハンガロリンクの偶数列は他にも増してとってもダーティなのだ・・・。
辛い、昨年の “辛かった時期” よりも遥かに辛い。。あの時とは違って巻き返しの望み・確信が持てないでいます。。嗚呼、もうこうなったら祈るしかありませんね。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080802-00000111-ism-moto&kz=moto

第11戦ハンガリーGP予選
01 ハミルトン(マクラーレン)
02 コバライネン(マクラーレン)
03 マッサ(フェラーリ)
04 クビサ(BMWザウバー)
05 グロック(トヨタ)
06 ライコネン(フェラーリ)
07 アロンソ(ルノー)
08 ウェバー(レッドブル)
09 トゥルーリ(トヨタ)
10 ピケ・ジュニア(ルノー)
11 ベッテル(トロ・ロッソ)
12 バトン(ホンダ)
13 クルサード(レッドブル)
14 ボーデ(トロ・ロッソ)
15 ロズベルグ(ウィリアムズ)
16 ハイドフェルド(BMWザウバー)
17 中嶋一貴(ウィリアムズ)
18 バリチェロ(ホンダ)
19 フィジケラ(フォース・インディア)
20 スーティル(フォース・インディア)

Yahoo!ブックマークに登録 拍手する
2008/08/03(日) 03:51
カテゴリ:F1 トラバ(0)
[タグ未指定]

| ホーム |
Page Top↑

Recent Entries

Categories

Profile

ライコネン主観のF1好き

Author:管理人 山田
Mail Form
プロフィール

Archives

Search This Site

Google

  • F1観戦記

Yahoo! JAPAN

  • F1観戦記

Unique User

Page View

List me

  • 「F1観戦記-キミ・ライコネン主観のF1好き」のRSS
  • にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ
  • F1観戦記-キミ・ライコネン主観のF1好き QRコード
  • Google chrome

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。