Top Page > 2008年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
--/--/--(--) --:--
カテゴリ:スポンサー広告
[タグ未指定]

さぁ・・・何とでも言え!

今年は何でしょうね、、ホント。
無理は禁物・・・分かっていてもスイッチ入ったキミは止まらない。。(これ・・・モナコと一緒だ。。。)
良くも悪くもこれが今年のキミ・ライコネン。どうにもならないのだ。。うぅ。。
これで4戦連続ノーポイント・・・落ちるとこまで落ちてしまいました。

・・・ん?

それなら富士は上がるのかな♪
(意味不明のポジティブ思考・・・ついに壊れたか・・・)

富士では自分なりにキミを楽しんできます。ええ、逆境には慣れてますから。。
さ~て準備だ、準備・・・シクシク。。。すげぇ悔しいよ。。

拍手する
スポンサーサイト

タイヤ職人

3番手。うん、悪くないよ。この週末の流れからすると悪くない。Q3のアタックはけしてベストではなかったけど攻めてた。ミスしても諦めず踏んだ。これは悪くない。
・・・というわけで今夜はちょっと期待して観ることができそうです。ルイスを挟んでマッサがポール・・・この状況での逆転は(色々な意味で)けして容易ではありませんが、勝つためのポジションにはいる。前の2人よりキミが燃料を積んでることを信じて、あとは展開が味方してくれることを祈るばかりです。このまま路面温度が高いままならキミ有利だぞ。タイヤ職人の腕前みせたれ!
(でも明日は雷雨の予報・・・予選では全く問題なかった雷雨の予報が・・・良純どうなんだ?w)

それにしてもアロンソが止まらなければルイスはQ2アウトだったのか・・・クソw
でもマッサが楽になるのもシャクだし、、これで良かったのかな。。
嗚呼、複雑な心境ww

おかえりキミ!
welcome back!! Kimi♪

拍手する

シンガポール市街地コース:動画

【YouTube動画】

Singapore GP FP2 Onboard

ヘイキの車載映像です。YouTubeでは見つからなかったのでニコ動より。
※キミのYouTube版が見つかりましたので差し替えておきます。削除されたらヘイキ版に戻しますw
コース幅が大変狭いことが確認できます。これで雨が降ったらどうなるのか、う~ん凄そうだ・・・
客席下を通るトンネルは意外と地味ですね^^;

※流れてくるコメントが邪魔な場合は右下にあるボタンを押してください。

拍手する
2008/09/27(土) 15:55
カテゴリ:F1 トラバ(0)

夜行性生物ライコネン

多くのドライバーがヨーロッパ時間のまま、つまり 『早朝に寝て午後に起きる』 というシンガポールGP対策に “チャレンジ” する中、この男はポジティブです。

キミ・マティアス・ライコネンさん
「僕は毎日だって昼まで寝たいから、僕にとって(夜間開催のシンガポールは)パーフェクトってことだね」

・・・そうきたかw
原則としてポジティブ発言は要注意なのにコレに関しては妙な説得力がある。
そう、マティアスには時差など存在しないのだ。
ヨーロッパだろうがアジアだろうが、日の出で眠り 日の入りで起きる。
じつにシンプルな生き物ではないか。愛らしい。


キミ・ライコネン in シンガポール市街地コース

さて、シンガポールGP開幕してます。
幻想的な雰囲気の中、フリー走行がおこなわれましたが、心配されていた照明よりもトラックコンディション自体に問題あり、という印象を受けました。とてもホコリっぽく、ラインを外すとかなり滑りそうです。そしてコース幅が狭く、バンプがきつい。後ろからアタックを仕掛けるドライバーとってはかなり難しいチャレンジとなりそうです。下手するとバレンシアの二の舞 = “61周のパレード” と化すかもしれません。。
ただ、バレンシアと違う点は、今日そして明日と雷雨の可能性があることです。このシンガポール、波乱無しでは終わりそうもありません。一体どうなるのでしょうね。
気になるキミの調子ですが、フリー走行のLTをみた限りでは厳しいです。特に低速区間が伸びません。。マッサ、ルイス、ヘイキの3人と比べ水をあけられてしまってます。このままではマズイ。とってもマズイぞ。雨でも何でもいいから流れを変えないと。って、雨だとさらに・・・w
まあ今から悲観しても仕方ないので気楽に、気長に見守ります。
まずは無事に、そして表彰台を、さらにあわよくば・・・・という謙虚な気持ち(ん?)でね^^

エクレストン、日本GPのナイトレース化を希望
おいおい、爺さん。鈴鹿の周辺で宿取れない人はどうなるんだ? 新幹線は間に合うのか??
10月の富士が夜間どれだけ寒い状況なのか、身をもって確認しに来い。霧も凄いぜ。
まったく。。ヨーロッパ至上主義なのは諦めてるけど、もっと地元のことも考えてください。子供やお年寄りにも優しい開催であるべきです。それでなくても富士は辛いのにw
・・・もっとも、両者ともナイターは無理だろうけどさ ^^;

拍手する
2008/09/27(土) 11:00
カテゴリ:F1 トラバ(0)

色をみるとル○ージではなさそうだ

【YouTube 動画】

kimi jump

スーパーマ○オ並にピョンピョン飛び跳ねるキミさん。太いのになかなか身軽です。
でもきっとコレ、水溜りを嫌う振りしてマスコミから逃れようという巧みな戦略だと思う。

コース外で雨を味方にする何ともお茶目なキミ・ライコネンさんでした。コース内でもよろしく^^

拍手する
2008/09/24(水) 17:19
カテゴリ:キミ・ライコネン トラバ(0)

開き直って楽しむことにする。

いやぁ、参った。。シンガポールの天気を調べてみたらところ、どの天気予報サイトも 、雨、雨。。。
恐れ入った。。こうなったら開き直るしかない。やるしかない。幸い、雨といっても一時的みたいで、降り続くわけでもなさそうだし・・・って、今年はその中途半端な雨に翻弄され続けているわけですが。
もう降るならドーーンと降れ。あ~めあめふ~れふれあ~めさんよぉ~♪
・・・これ以上の勇ましいギャンブル失敗は勘弁です。(ま、それがキミらしいところだけど。。)

それにしても、1年経ってこうもキミとマッサの立場が逆転するとは、ホントF1って分からない、奥が深いものだなぁ、とシミジミ感じております(今更w)。
ただ、ファン心理というものは面白いもので、今こうしてマッサが限りなくポイントリーダーに近いポジションであっても、キミにチャンスが残されている以上は絶対その可能性を見捨てることは出来ないし、ましてやサポート役など頑固受入れられない、考えられない。そう、タイトル云々よりもこっちの方が大きい。1番を目指さないキミなんてキミじゃないのだ。
この気持ちはマッサ好き、または一般のF1好きからしてみれば理解に苦しむトコかもしれませんが、あえて繰り返しましょう。キミにはまだ“望み”が残されているのです。「贔屓」だの「盲目」だの言われてもこの小さな可能性に賭け、全力でプッシュするキミ・ライコネンを応援します。

まずは1勝。もうずっと書き続けてますが、まず勝つところが見たい。
そして今年も最終戦まで楽しみたい。少しでも長く楽しませておくれ。

拍手する

シンガポール市街地コース

金曜日からシンガポールGPです。おそらく今年最も注目されているレースだと思います。初開催、市街地コース、そしてF1初となるナイトレース・・・あまりにも不確定要素満載で予想するのも困難なグランプリです。

シンガポール市街地コース

まずコースレイアウト。バレンシアと異なり、他カテゴリーでも全く使用されたことのない完全初コースなので実走行の動画はありません。コースマップを見た限りではタイトな鋭角&直角コーナーが多く、トラクション性能の優劣が問われそうです。あまりテクニカルではなく、大味な気がしますが実際はどうなのでしょう? 平均速度はそこそこ高くなりそうです。オーバーテイクポイントもあるようですが、直角コーナーが続くセクター3は少し退屈になるかもしれませんね^^;
そして注目の夜間開催。困ったことにF1にはヘッドライトが装備されてません(当たり前w)。すべての明かりを照明に頼ります。どのような感じになるのかは実際にやってみないと分かりませんが、同じく今年初めてナイトレースを開催したMotoGPをみた限りではそれほど問題なく進行するのではないでしょうか。昼間と変わらぬ素晴らしいコンディションだったと思います。ただ、雨だけが怖いですね。バイザーに水滴が付くとどうしても照明の光が乱反射しますから。これは危険かも、、です。

9月といえど常夏の国シンガポール。夜間でも気温はそれほど低くないとみられてます。雨さえ降らなければキミにとってチャンスとなるかもしれません。
華やかな開催地には華やかなカリスマがよく似合う。復活の舞台としては申し分ないです。

シンガポール市街地コース 2

もう一枚、公式サイトより取り寄せたマップです。赤丸で囲んだ部分(Bay Grandstand)に注目。
事前の情報どおり、観客席の真下をF1マシンが突っ切ります。
これは凄い。凄いアングルで観れてしまう超絶スポットです。もし将来シンガポールに観に行くことができるのなら是非狙ってみたいですね。値段も他の指定席に比べ群を抜いて安いです。ていうか、指定席の中では最安値。観戦範囲の狭さがネックなのかしら?

シンガポールGP 観戦価格
Eslanade Steps Premier Grandstand - SIN$2,588(約194,793円)
Pit Grandstand - SIN$1,388 (約104,471円)
Turns 1, 2 and 3 Grandstands - SIN$1,388 (約104,471円)
Stamford Grandstand - SIN$998(約75,117円)
Raffles Grandstand - SIN$698(約52,537円)
Marina Grandstand - SIN$698(約52,537円)
Esplanade Waterfront Grandstand - SIN$498(約37,483円)
Bay Grandstand(Lower) - SIN$298(約22,429円)
Bay Grandstand(Upper) - SIN$248(約18,666円)

Walkabout - SIN$168(約12,645円)

※ 1シンガポールドル≒75.26円(9月20日現在)で計算

【Youtube 動画】

aerial view of 3D Singapore F1 route

GoogleEarthによるコース紹介です。なかなか面白いですよ。予習になります。

拍手する

Flickrをプラグイン

他ブログで時々見かけて気になっていた写真アップロードサイト「Flickr」に登録して、当ブログのサイドバーに設置してみました。
とりあえずは雨・霧に負けそうになりながら(笑)撮った昨年のF1富士スピードウェイを載せてあります。撮影ポイントが低速エリアということもあって、一般的なデジカメの割には上手く撮れたかな、と自画自賛w(もちろん連写、トリミング修正 など“インチキ”あり)
ただ残念なことにキミの画像があまりないんです。。少なく見積もっても100枚以上は撮ったハズなのに見せられるものは数枚だけ。。ええ、緊張しちゃったみたい^^; 今年は何とか平常心でバシバシと格好良いキミさんを撮影したいと思います。

さて、昨日は多くの佐藤琢磨ファンがヘレスに注目していたと思いますが、ムジェロではキミさんがせっせこと働いています。詳しいテスト内容は分かりませんが、新しい空力パーツの開発やセットアップ作業を中心におこなったようです。新しい空力パーツ? まだまだアップグレードを緩めないつもりでしょうか。来年に向けての準備、という点では一抹の不安もありますが、「とにかく今年中に1勝を」という想いでいっぱいのキミ好きとしては「どんどん金注ぎ込んじゃえ♪」という感じです。来年のことなんて分かるもんか。

一応、琢磨について。
今回のテストでどのような評価を受けるのか。それは現時点ではどうにも分かりません。前日のブエミより良いタイムでしたが、(ほぼ同マシンの)ベッテルとの比較では琢磨の方が水を開けられてます(ブエミ +0.33、琢磨 +1.57)。ただタイム云々はプログラム次第でいくらでも変わるのでチームの評価を待つしかないでしょうね。雨で午後のプログラムが中止になった、というところが惜しまれます。

雨合羽ライコネン

最後に“雨合羽ライコネン”をどうぞw
何を着せても絵になる・・・というか着飾らない男です。ホント羨ましい。

拍手する
2008/09/20(土) 00:11
カテゴリ:F1 トラバ(0)

みえてきたぞ・・・09年スタイル

ウィリアムズが早くも”09年対応型”の新型リアウイングをテストしてます。

新しいリアウイング

新しいリアウイング2

右からみても左からみても格好ワルイ。。。

これは萎えますね^^;
以前から「小型」だとは耳にしてましたが・・・いざ目にすると酷いバランスだw
出来の悪いラジコンみたいです;;
まぁでもこれでバトルが増加するのなら我慢、我慢、というところでしょうか。(本当に増えるのか?)
これをみたF1ファン、そして広告スペースを削られることになるスポンサーの反応が気になるところです。特にスペルの長い企業などは困るでしょうねぇ。まさか小文字で細々と載せるわけにもいかないだろうしw これだとスポンサー料カットも十分ありえますね。痛いぞプライベーターは。

今回のヘレステスト(フェラーリだけムジェロ)は主に来年を睨んだ内容で各チームおこなわれてます。09年型エアロ、KERSシステム、そして新たなドライバーのテストと様々です。フェラーリはKERSシステムに出遅れてるとの情報もあります。エアロの大幅変更も含め、今後どのチームが抜け出してくるのか、まったく目が離せない状況が続きそうですね。

拍手する
2008/09/18(木) 01:22
カテゴリ:F1 トラバ(0)

今季9度目のファステスト!ああ、虚しい。。

終盤のファステスト連発・・・いや爆裂は凄かった。
今季9度目(!)のファステスト記録。もはやコレクションですw

どんだけ・・・どんだけドライに賭けてたのよ? キミさん。
序盤の心許ない走りはまさにドライセッティング全開って感じで悲しいまでに空気と化してました。。
う~ん、今年はこういう年なのかな。つくづく雨との相性が悪い。仕方ないですね。
マッサもルイスもあまり点取れなかったし首の皮はまだ切れてない、と思いたい(諦めが悪い)。

それにしても「キミに勝った」なんて見れば分かることをいちいち口に出すマッサは相変わらず器が小さい。フェラーリのエースになりたいならもっと堂々としてほしいですね。ってもう今後はエース扱いかもしれないけど。。

F1にニューヒーロー誕生、トロロッソ、ベッテルが最年少優勝を達成

で、ベッテル君おめでと。安定した落ち着いたレース運び。凄いです。完勝でした。もし彼がルイスと同じ条件で走れるとすれば遥かに上をいくと思います。
チーム内の雰囲気を最高にする人柄、けして切れることのない気性、そしてドライバーとしての素質、
末恐ろしい若者です。一体いくつの勝利を積み重ねていくのか、注目したいですね。
でもその前にキミですよ、キミw お願いだから早く1勝してほしいっす。
けして贅沢なお願いではないと思うのですが。。 頼むよ^^;

F1 イタリアGP 決勝
1 15 セバスチャン・ベッテル トロ・ロッソ
2 23 ヘイキ・コバライネン マクラーレン
3 4 ロバート・クビサ BMW
4 5 フェルナンド・アロンソ ルノー
5 3 ニック・ハイドフェルド BMW
6 2 フェリペ・マッサ フェラーリ
7 22 ルイス・ハミルトン マクラーレン
8 10 マーク・ウェバー レッドブル
9 1 キミ・ライコネン フェラーリ
10 6 ネルソン・ピケJr. ルノー
11 12 ティモ・グロック トヨタ
12 8 中嶋一貴 ウィリアムズ
13 11 ヤルノ・トゥルーリ トヨタ
14 7 ニコ・ロズベルグ ウィリアムズ
15 16 ジェンソン・バトン ホンダ
16 9 デビッド・クルサード レッドブル
17 17 ルーベンス・バリチェロ ホンダ
18 14 セバスチャン・ボーデ トロ・ロッソ
19 20 エイドリアン・スーティル フォース・インディア

ファステスト:1分28秒047 / キミ・ライコネン(フェラーリ)

拍手する

雨は “くじ引き”

「いいニュースと悪いニュースがある。いいニュースは、ハミルトンとライコネンよりも上だ! 悪いニュースの方は、それでも13位なのでQ2落ちなんだよ~ん♪」 By ぺヤング先生の無線

なんてコミカルな無線なんだw


・・・ん?


ハミルトンとライコネン?


コバライネンと間違えてるだろ? ←失礼


・・・というわけで、キミは14位。雨が上手いルイスは15位でした。

何故Q2開始3分経ってようやくピット出たのかしら?ちょっと謎です。
とにかく雨ではこのような波乱は付き物なので明日の決勝に頭を切り替えるしかありませんね。予報では天候回復に向かうみたいなのでドライでの走行を願ってます。戦略としてはフルタン1ストップ作戦でなんとか上位を目指すしかないかな。でもそれだとスタートでルイス(1ストップ作戦は考え難い)にやられそうだし。う~む困った。困ったぞキミさん。まともに考えても予測がつかないのでやめておこう。口が裂けても「絶好のサポートチャンス」なんて言わないぞ。言うもんか。ちゃっかり勝ってやる。大逆転だ♪

拍手する
2008/09/14(日) 03:37
カテゴリ:F1 トラバ(0)

ポジティブなモンツァ初日

懸念されてたとおり雨が訪れてしまいました。モンツァで本格的な雨って記憶にないのですが・・・。今年は何かと天候が荒れてますね。いよいよ地球環境は深刻な段階に突入してしまったのだろうか。
そんな中ルイスが「キミには勇気がない」「雨は俺の方が上手い」「勝てない奴ほど文句を付ける」みたいな発言をズラズラ並べちゃってますが、この子かなり痛いのでそっとしておきましょう。もっとリスペクトの大切さ、必要さを学んだ方がいいです。それを教えてこなかった周りの責任は重い。お子ちゃまが心理戦なんて到底ムリですから。

キミ・ライコネン 2008モンツァ
さて面白くない話題は置いといて、フリー走行初日は午後から雨があがり ドライなら勝負になる キミが最速タイムを記録しました! いやぁフリーとはいえ最速はやっぱ気持ちいいです。スパで何かふっきれたのかしら。いや、そうであってほしい。今日、そして明日の天気はけして良くはなさそうですが気持ちでマシンをコントロールしてもらいたいです。もうこうなったら精神論でいきます(笑)
そして最大のサプライズは何といってもキミ契約延長!2010年まで!1年延長!ん、微妙!w
・・・なんて言わず素直に嬉しいです^^ 正直来年で引退するのかなぁなんて思ってたりもしましたから。この苦しいタイミングでまさかの嬉しいニュース。あと2年は寿命が縮む・・・あ、ちがうw、楽しみな時間を過ごすことができます。会長ありがとう。やっぱキミ好きなんだね。期待に応える日は必ず訪れるのでもう少しお待ち下さい。
ハッ!まさかこれは「延長するかわりにサポートしてね」な意味なのか!?そういえば去年のマッサもそんなこと言われた(マスコミ間で)気がするし・・・まっさか、ね?
とにかく色々な意味で注目のレースとなりそうです。キミ空気読むな。いけ。いってしまえ。

F1 イタリアGP フリー走行2回目
1 キミ・ライコネン フェラーリ 1分23秒861
2 ロバート・クビサ BMW 1分23秒931
3 ニック・ハイドフェルド BMW 1分23秒947
4 ルイス・ハミルトン マクラーレン 1分23秒983
5 ニコ・ロズベルグ ウィリアムズ 1分24秒110
6 フェリペ・マッサ フェラーリ 1分24秒247
7 ヘイキ・コバライネン マクラーレン 1分24秒365
8 マーク・ウェバー レッドブル 1分24秒521
9 エイドリアン・スーティル フォース・インディア 1分24秒669
10 セバスチャン・ベッテル トロ・ロッソ 1分24秒773
11 デビッド・クルサード レッドブル 1分25秒100
12 セバスチャン・ボーデ トロ・ロッソ 1分25秒192
13 ジャンカルロ・フィジケラ フォース・インディア 1分25秒204
14 ルーベンス・バリチェロ ホンダ 1分25秒296
15 ジェンソン・バトン ホンダ 1分25秒309
16 中嶋一貴 ウィリアムズ 1分25秒330
17 ティモ・グロック トヨタ 1分25秒397
18 フェルナンド・アロンソ ルノー 1分25秒481
19 ヤルノ・トゥルーリ トヨタ 1分25秒753
20 ネルソン・ピケJr ルノー 1分26秒195

拍手する

モンツァも雨なのか!?

F1イタリアGP開幕。舞台はもちろんモンツァです。一年で最もフェラーリが熱い場所。それがモンツァ。気温もガンガン上昇してほしいところです。スパ同様、昨年より1段硬いタイヤですから、これで再び路面温度が低かった日にはティフォシが暴動起こします。浜○さんが危ない。ブリヂストンタイヤの売上が危ない。
スパのレースを見てつくづく思いました。F2008はやたら 『条件に弱いマシン』 だな、と。雨は駄目、路面温度は低いと駄目、タイヤは硬いと駄目・・・なんてワガママなんだ。 これって単純にタイヤを使いこなせてないだけですよね? 風洞では優秀かもしれないけどF1はエアロだけで走るわけではありませんから。これだけタイヤ、サスペンションからグリップを得られないとなると 「タイヤに優しい」 なんて謳い文句も冗談に聞こえてしまいます。モンツァには高い縁石があります。月並みですがここがポイントとなるはずです。テストをみた限りではやはりマクラーレン強そうですがフェラーリはどうでしょう? 陣営はサスペンションの改良に自信アリ、といった感じですがやってみないとわかりません。
予想通りキミに対する風当たりは強く、メディアやOBはやたらバカ騒ぎしてますが(キミは男から嫉妬されやすいのかもしれない)空気を読まずガンガンいってほしい。構わん。去年のマッサだって最終戦以外はサポートになってなかったわけだし。タイトル取りたければ自分で取ってくれって感じです。形振り構っていられない。 オーダーも出せないくらいのキミ独り旅が見たいです。頼む。
※ちなみに現時点で14日の予報は雨。降水確率95%(!)と最悪です。外れることを祈ります;;

【Youtube動画】

F1 1995 Italian GP

先にも書いたとおりモンツァといえばフェラーリ。少し古い人なら1988年の伝説の1-2を印象的なレースとして挙げるかもしれませんが僕は1995年です。
ミハエルのフェラーリ加入が決まり、この年がフェラーリで最後のモンツァとなったアレジ&ベルガー。この2人は最近のF1ファンでもご存知だと思いますが、アレジは後藤久美子(知らないかな?ゴクミw)の旦那、ベルガーはお馴染みトロロッソの現オーナーです。
2人はキレキレの素晴らしい走りを披露し、1-2体制でレースを展開。詰め掛けた大勢のティフォシの前で最高の“お別れ走行会”を演じてました。ところが順風満帆にみえた2人に悲劇が。。
アレジのリアウイングに装着されたオンボードカメラ(こんなトコに付けるなよw)が何と走行中に脱落! すぐ後ろを走っていたベルガーの左サスペンションに直撃し破壊したのです!! 当然ベルガーは走行不能となりリタイア。一歩間違えれば命を落としかねない危険な事故でした。
そしてアレジ・・・単独トップを快走しながら残りわずか数周というところでマシントラブル発生。。ティフォシ達の“夢のような時間”は文字通り夢で終わったのです。。
記録よりも記憶に残る2人。彼らがフェラーリドライバーとして最高に輝いたこの年のモンツァを僕は忘れられません。
拍手する

キミ・ライコネン記念切手の購入方法【補足・訂正版】

以前紹介した キミ・ライコネン記念切手の購入方法 の補足・訂正です。
メールフォームから 「どうしても買えない」 という問合せが何件かあり、実際に再度確認してみたところ会員登録が必要になったみたいです。僕が注文した段階では非会員でも問題なかったのですが、申し込み殺到か何かの問題で規制した可能性があります。もし切手購入を考えている方がいましたら以下の手順で会員登録をしてログインしてください。登録しないと購入できません。
→ ヘルシンキ中央郵便局の切手購入ページ

【会員登録の方法】
1:赤丸の部分(Register)をクリック
kimi_stamp.jpg

2:会員登録の画面に切り替わるので太字部分を記入
User ID:
好きなIDを入力(半角英数)
Password:
好きなパスワードを入力(半角英数)
Password verification:
パスワードの確認(再入力)
Name:
名前
(例)山田 太郎 → Taro Yamada
Street address:
都道府県から町番地までフル入力する
(例)山田県太郎市男前町 1-2
→ 1-2 Otokomae-cyo Taro-shi Yamada-ken
Post office and postal/zip code:
郵便番号
(例)〒123-4567 → 123-4567
Country:
国 → “Japan”を選択する
E-mail:
メールアドレス → 連絡可能なアドレスを入力する(間違ってると確認メールが届きません)
Use of information:
個人情報 → “My personal information can not be use” を選択
Interests:
趣味 → 適当に選択(子供の有無も同様に)
Delivery address :
配送先が異なる場合はこちらに住所入力
3:太字部分の入力が完了したら一番下の 『SAVE』 をクリック

以上で会員登録は完了です。特に難しいことはないのでチャレンジしてみてください。

ログインさえしてしまえば購入は目前です。再びキミ切手の画面へ移り以下の手順。
1:欲しい切手の枚数をBOXへ入力
2:一番下の 『Add to cart』 をクリック
3:種類・枚数・発送先を確認。正しければ一番下の 『Credit Card 』 をクリック
4:クレジット情報を入力
Credit card number, 16 digits:
表に記載されてる16桁のカード番号
Card verification code:
カード裏面、署名欄にある下3桁の数字
Expiration date:
カード有効期限(月・年)
5:『Continue』 をクリック ※
手続きが完了し、郵便局から確認メールが届けばOK
以上で無事に手に入るはずです。
※手続きは全て自己責任でお願いします。クレジット情報はSSLで保護されてます。

kimi_stamp3.jpg

kimi_stamp4.jpg

僕の手元にも届きました!
ステアリングをモチーフにした消印が何ともポップで可愛いです^^

拍手する

ルイスの25秒ペナルティについて

一応 F1観戦記 なので今回最大の出来事(あくまで一般的に、という意味。僕にとっては二の次、三の次)であったであろう 『ルイス25秒ペナルティ』 について触れたいと思います。
ご存知の通りですが簡潔に状況をまとめると・・・

・バスストップシケインでキミを追い抜こうとしたルイスが行き場を失いシケインをカット。
・勢い余って前へ出ちゃったもんで 「こりゃ下がるべぇ」 とちょろっとアクセルを戻し一旦キミを前へ。
・で、すぐさま余力十分でスリップに付き再びキミの前へ。じつにあっさりと。


うん、何度みてもこの行為自体はフェアではなかったように映ります。
まずバスストップでの攻防。キミは苦しいながらもしっかりインをキープしてるし、ルイスは“並びかけた程度”に過ぎません。クロスラインして行き場がなくなるなんて(F1程のレベルなら)当然のことで、他人のラインを潰す荒々しい手法など今回の鬼気迫ったキミには通用しません。むしろエスケープゾーンに感謝してほしいくらいです。
で、問題のホームストレート ~ ラ・ソース。確かにルイスは一旦ポジションを譲りました。が、わずか1,2秒足らずの間に再び抜き返すという光景は異様であり、違和感を覚えるのは致し方ないことだと思うのです(彼のファンを除く)。普通に進入してきたらあっさり抜けるようなポイントではないということでシケインカットの恩恵は十分だったと判断されても不思議ではありません。あれだけ雨に強いマシンを手にしているわけだから落ち着いて仕掛けるべきでしたね。やはりルイス若いです。まだまだ青い。
と、ここまで一方的に“ペナルティ支持”みたいな文を書きましたが、そもそもこの「ショートカットして得しちゃ駄目よ。譲ってちょ」という決め事自体が不透明、曖昧過ぎるのでは? 結局は“人がみた印象”で決まっている気がします。そうなると俄然台頭してくるのが政治力を持つ組織なわけで(明記は避けますw)、毎年のように繰り返される不可解な判定、ファンを無視した“会議室でのF1”を生み出してしまってるように思うのです。どの程度譲ればOKなのか、例えば 「次のセクターまでに2車身(または2秒)離れなさいよ」 などと分かり易くするべきです。考えてみればショートカットは立派な“ズル”ですからね。アドバンテージなどあってはならない。最近のエスケープゾーンは舗装されすぎなんだよ^^;
もっとクリアに、もっとファンを大切に。分かり易く、熱いスポーツであってほしいと願っております。
【関連記事】 L.ハミルトンのペナルティに各方面から批判の声

【Youtube動画】

Kimi Raikkonen Vs Lewis Hamilton - F1 Spa 2008

※いつも沢山の拍手、コメントありがとうございます。皆キミが大好きなんですね。嬉しいです。こんな苦しい時でも見放さないで温かく応援してくれるファンを持つキミはやっぱりカリスマです。F1の宝です。表彰台の頂上からは随分遠ざかっていますが、近いうちに必ず豪快なラッパ飲み、そして眠たそうな勝利コメントを聞けると信じて応援しましょう^^

拍手する

Raikkonen not giving up yet

Raikkonen not giving up yet
ああ、、僕は一体なにを見てきたのだろうか。キミが簡単に諦めるわけないじゃん。。
状況が状況なだけに多くは望めないかもしれないけどチャンスがあれば間違いなくモンツァで勝利を狙ってくる。そう確信してます。一応ドメニカリさんも明言避けてるし、あの熱い走りで少しはチームの心を掴めたんじゃないかな? と、都合の良いように解釈してみる。ポジティブ、ポジティブ^^
もうあんな落胆した表情は見たくない。勝っても負けても 『あっけらかん』 としたキミに早く戻って欲しいです。不幸中の幸いにもモンツァではフレッシュエンジン。これはいける!・・・かしら?(おいw)

キミ・ライコネン
「優勝するためにここへ来たが、もう少しだった。レース終盤はトラックコンディションがとても困難なものとなり、ワイドに膨らんだあとトラックに戻ろうとして運悪くスピンして壁にヒットしてしまった。今日はマシンの調子がよかっただけに残念だ。このようなコンディションでは、ブレーキングポイントでどの程度グリップするのか不透明だから先頭のドライバーは慎重になるしかない。だからハミルトンは僕に接近することができ、あのような結末となった。これで2戦連続でポイントを獲得できなかった。チャンピオンシップは知っての通りだけど簡単には諦めない


拍手する

勇ましく散ったキミ・ライコネン・・・

「2位では駄目だった」
このコメントにキミの想いが集約されてます。そう、あそこは無理を承知で踏まなければいけなかった。2位キープで落ち着くような男だったら僕はこんなブログさっさと消します。
熱かった、熱かったよキミ。マクラーレン時代の熱さが戻ってきたようだったね。ここスパでは負けられないもんね。だから限界までチャレンジしたんだよね。僕は『キミ好き』として胸を張って拍手を送りたい。いい走りだった。圧巻のファステスト連発だった。もう今年は本来のスタイルで挑むことは叶わなくなりそうだけど富士には行く。絶対に行く。雨、霧でお互いウンザリするかもしれないけど・・・^^;

で・・キミよ、アンタどんだけ予選ミスったのさ!?w マッサより軽くても駄目じゃないかっ!ww

【ハミルトンに25秒加算のペナルティ ベルギーGP優勝はマッサに】
全ての運はマッサにあり、か。でもオープニングでのキミの気迫には怯んだだろ?キミの放つオーラはやっぱり特別だった。今年はお前の番かもしれないけど簡単にタイトル取れると思うなよ。甘くはないぞ。

拍手する

マッサむかつく

何も言えねぇ。。ただただ悔しいっす。。
予選前のマッサのコメント・・・アレは無いでしょ。酷いよ、酷すぎる。仮にもキミさんにはまだチャンスがあるのに「もちろんサポートを期待してる」だと!? おいおい、昨年キミさんはサポート云々など口にしたか? 確かに自力でのタイトル獲得は不可能だったけどマッサへの気遣いはちゃんとしてたよね? もう少しお利口さんになりなさいよ。必死過ぎ。チーム内の空気考えろ。バ○丸出し。
・・・ふぅ、もう嫌ですね。毎回こんな内容ばかりで。そもそもキミが遅いのが原因なわけで応援する側のフラストレーションははち切れんばかりです。ん~でもQ2までは悪くなかったけどなぁ。やっぱり最終アタックでのミス(セクター2)が響いたのかしら。。もしかしてまた燃料積んじゃったのか!? どちらにしても4番手からスタートすることに変わりありませんので凹みの極みもいいところです。また偶数か。1コーナーまで距離短いのでさほど影響なさそうですがスタートで下手こいて混乱に巻き込まれないかが心配・・・。もう、、お願いですから;;
ちなみに決勝当日のお天気は「晴れ 時々 雨」だそうです。降水確率は80%(本当か!?w)、予想気温は18℃前後とみられてます。が、ハッキリいってスパの天気は予想するだけヤボというもの。走ってみなけりゃ分からんです。コースレイアウト自体はフェラーリ向きだと思われるので天候が大きな鍵を握りそうですね。涼しいうえに雨とくれば・・・嗚呼、キミ大丈夫か~?

F1ベルギーGP 予選
01 ハミルトン(マクラーレン)
02 マッサ(フェラーリ)
03 コバライネン(マクラーレン)
04 ライコネン(フェラーリ)
05 ハイドフェルド(BMWザウバー)
06 アロンソ(ルノー)
07 ウェバー(レッドブル)
08 クビサ(BMWザウバー)
09 ボーデ(トロ・ロッソ)
10 ヴェッテル(トロ・ロッソ)
11 トゥルーリ(トヨタ)
12 ピケ・ジュニア(ルノー)
13 グロック(トヨタ)
14 クルサード(レッドブル)
15 ロズベルグ(ウィリアムズ)
16 バリチェロ(ホンダ)
17 バトン(ホンダ)
18 スーティル(フォース・インディア)
19 中嶋一貴(ウィリアムズ)
20 フィジケラ(フォース・インディア)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080906-00000017-fliv-moto

拍手する

雲行きが怪しいF1ベルギーGP開幕・・・

いよいよキミがスパ4連覇に挑戦します。ここでは負けられません・・・って初日から散々でしたねw
クラッシュした上にピットレーンの速度違反で罰金。おまけに晴れを望んでいたら見事に雨が降ってくる始末。。1,000万ユーロで購入したクルーザーも“てるてる坊主”とはならなかったみたいです^^; どうも今年のフェラーリは(昨年より明らかに)雨に弱い印象を受けるので、このまま『スパウェザー』に翻弄されるようなら相当厳しいレースとなりそうですね。損傷したマシンの状態はどうなのでしょうか? 映像を見た限りタイヤバリアとはいえ結構な衝撃をリアエンドに与えてしまったように思えますが・・・。これでマシンバランスが悪くなるようならシルバーストンでのマッサ(フリー走行でマシンを激しく損傷)のような悲惨なパフォーマンスとなる恐れもあります。

キミ・マティアス・ライコネンさん
「ターン9でコースオフをした時は、縁石を突っ切り雨のせいで路面が滑りやすくなっていたんだ。スピンをしてバリアにぶつかってしまったよ。残念ながらリアウイングを壊してしまっただけでなくフロアもダメージを受けていたから、時間内に修理することができなかったんだ。まだ早い段階だったから残念だったし、新しいタイヤでコースに出た時に雨が降り始めたから、ちょっとタイムを失ってしまったよ。ドライでもっとコンスタントに走りたいから、明日の午前は雨が降らないことを期待したいね。午前は電気系のトラブルを除いてはクルマは悪くなかったよ。明日は何ができるか見守ってみるけれど、天気が重要な要素になるだろうね」


どうも流れがよろしくない。キミ自身のミス、チームのミス、思わぬアクシデント、マシンの信頼性、天候・・・これらが“ここぞ”という時に顔を出し、波に乗れないままここまできてしまった今シーズン。・・・まさかここでも駄目なのだろうか!? スパで簡単に負けるキミなんて想像できないのですが・・・とっても心配なベルギーGP開幕となりました。。今日の予選が怖い。見るのが怖いよ;;

クラッシュしたキミ・ライコネン
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080905-00000004-rcg-moto

拍手する

スパ・フランコルシャン短縮改修は「なし」

当然です。まったくもってナンセンスな改修ですので 「予定なし」 というサーキット側の発表には一先ず安心しました。
噂では 『ファーニュ・シケイン』 と 『スタブロ』 を外して、『ブーオン』 と 『ブランシモン』 を繋ぎ、コース全長が短縮される、というもの。・・・まったく馬鹿馬鹿しい。今のお偉いさんたちにロマンはないのか? 「安全、安全」 って呪文のように唱えているけど何か履き違えていないか? 何でも制限、制限、制限・・・うんざりだ。たしかにドライバー、観客の命は大切です。守られるべきものです。でも、ある程度のところで “線引き” する必要はあると思います。レイアウトを崩さず安全性を保つ術はあるはず。そもそも絶対に安全なレイアウトなど存在しませんから。どうもアプローチの仕方がズレているような気がしてならない今日この頃な“世界最高峰”モータースポーツです。

supa.gif

画像はイメージです(笑) 
『ブランシモン』 といったら 『オー・ルージュ』 に負けず劣らずの見所。それに手を付けようとは何たる無礼者! ティルケ氏作品はもうお腹いっぱいだよ。チョット引っ込んでいてね^^

【佐藤琢磨が今月18日のF1合同テスト参加へ】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080902-00000113-ism-moto
決まりました。9月18日ヘレス。琢磨好きの人は注目してください。
タイムはもちろんですが、ロングランでの安定度も問われるでしょう。
そしてキミ好きの人にとっては今週と来週が大きな山場です。
どうか寝込まないで済みますよーに(笑)

拍手する
2008/09/03(水) 00:19
カテゴリ:F1 トラバ(0)

| ホーム |
Page Top↑

Recent Entries

Categories

Profile

ライコネン主観のF1好き

Author:管理人 山田
Mail Form
プロフィール

Archives

Search This Site

Google

  • F1観戦記

Yahoo! JAPAN

  • F1観戦記

Unique User

Page View

List me

  • 「F1観戦記-キミ・ライコネン主観のF1好き」のRSS
  • にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ
  • F1観戦記-キミ・ライコネン主観のF1好き QRコード
  • Google chrome

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。