Top Page > 2009年04月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
--/--/--(--) --:--
カテゴリ:スポンサー広告
[タグ未指定]

この偏見紙め!

どうやら“ガゼッタの様式美”にキミ・ライコネンは当てはまらないようです。

マッサ→「スタート時のライッコネンとの接触をのぞいて、我々はフェリペをすごく気に入った。序盤は重かったにもかかわらずキミのタイムを上回っていた。最速ラップ7位がその努力を物語っている。『7』」
キミ→「すべきことをした。何より大事なのは3ポイントを獲得したこと。『6.5』」

おーいwww
ティモをアウトラップで抜き返せなかったらどんだけ(古いw)だったのよ?w
レースじゃなくてキャラの好みで採点してるとしか思えん。
ガゼッタに『アイスマン』は不要ですか。そうですか。
先日はアイスクリームにコーラ失礼しましたw

これからはガセッタと呼ばせて頂きます。
そして二度と挑発には乗らないと誓います。(ムリだろうけどw)

拍手する
スポンサーサイト

ワースト記録止めたぜ!!

2004年を経験してるだけにキミを信じることができるんです。
どんなに“終わってる状況”でも諦めずベストを尽くすこの男を。
あの時のような劇的なアップデートをF60に期待するのはチト酷な気がしますが、とにかくバーレーンでは頑張ってくれました。これ以上の結果は難しかったと思います。
祝6位入賞、拍手。

本人曰く「興奮しないポジション」だったそうですが(そりゃそうだw)、それでもあの熱いバトル。わかった顔して「モチベーション不足」を謳う者ほどキミを理解してない証です。
・・・それにしてもスタートでの接触でタイヤを痛めなくてよかった、ホントに。。
どうなるかと思ったけどこれで何とか無事GWを迎えることができますねw
さらばフライアウェイ。さあ切替えてヨーロッパ!

2009年 F1第4戦バーレーンGP決勝
01 バトン(ブラウンGP)
02 ヴェッテル(レッドブル)
03 トゥルーリ(トヨタ)
04 ハミルトン(マクラーレン)
05 バリチェロ(ブラウンGP)
06 ライコネン(フェラーリ)
07 グロック(トヨタ)
08 アロンソ(ルノー)
09 ロズベルグ(ウィリアムズ)
10 ピケ・ジュニア(ルノー)
11 ウェバー(レッドブル)
12 コバライネン(マクラーレン)
13 ボーデ(トロ・ロッソ)
14 マッサ(フェラーリ)
15 フィジケラ(フォース・インディア)
16 スーティル(フォース・インディア)
17 ブエミ(トロ・ロッソ)
18 クビサ(BMWザウバー)
19 ハイドフェルド(BMWザウバー)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090426-00000005-fliv-moto

拍手する

バーレーン初日

伊紙のインチキ記者達はキミを『フェラーリ不振のスケープゴート』にしようと企んでるようにしか思えん。アロンソ様~♪って、つい最近までフェラーリのことを拒絶してた男ですが?
サッカーなどもそうだけど、この国のスポーツ記者はもっと学習することをお勧めします。頭が弱すぎる。混乱を広げようと躍起になってどうするんだ。
アロンソがフェラーリに来ようが来まいがどうでもいい。今はキミが居るのだ。黙ってろ。

と、冒頭から毒付いてますがバーレーン初日の鈍い出足とは関係ありませんw
大したアップデートがない以上、過剰な期待をする方が無理です;;
壊れず完走して、無事ポイント獲得してくれれば今回は大万歳。
謙虚過ぎるほど謙虚にいこうぜ、2009年序盤戦。それしかない、うむ。

拍手する

2009年中国GP 決勝

だいぶ認識が甘かったようですね・・・ここまで酷い状況とは。
速さがなければ信頼性もない。グリップ不足で雨でも心許ない・・・

これで開幕3戦ノーポイント。ここ20年間でフェラーリ最悪の成績です。
ヨーロッパラウンド開幕まで我慢か?それとも今年は終了なのか??
フォースインディアが好走する姿をみて何だか切なくなった中国GPであります。。
次戦はKERS搭載するらしいですがキミさんに関しては別にどっちでも・・・おっとw

レースは結局レッドブル勢の圧勝。KERS非搭載、“標準”ディフューザーのRB5がこれだけ速いのですから、やはり「フェラーリしっかりしろよ」と言われるのも無理ないんじゃないかな。キミさんの言う通りスタッフは頑張ってるだろうけど他所チームもそれは皆同じことなんだよね。
地道に一歩ずついくしかないのかな・・・まずはポイント。ポイント取ろうよ。
1ポイントでいいからさ。あーあ酷いw

第3戦F1中国GP決勝結果
01 べッテル(レッドブル)
02 ウェバー(レッドブル)
03 バトン(ブラウンGP)
04 バリチェロ(ブラウンGP)
05 コバライネン(マクラーレン)
06 ハミルトン(マクラーレン)
07 グロック(トヨタ)
08 ブエミ(トロ・ロッソ)
  ・
  ・
10 ライコネン(フェラーリ)

拍手する

奮闘するキミ

今回もやっぱ苦しいですね。
KERS非搭載という以前にマシンの絶対的ポテンシャルが足りない。
キミ自身はF60を上手く乗りこなしてるけどQ3進出がやっとという感じです。
シーズン前に危惧していた『KERS依存症』が現実となってしまった、というところか。
それでも重たい燃料・中古タイヤで「よく頑張った」と声を大にして言いたいですね。
苦しいマシンで最高のポテンシャルを引き出す・・・
何だかマクラーレン時代っぽくなってきました。嫌いじゃないです、こういうシーズンも。
ま、しばらくは我慢ですな。すぐ優勝は無理でもキミの熱い走り期待してます^^

それにしてもレッドブルのパフォーマンスは素晴らしい。新車発表時に興奮してエントリー書いたのを思い出しますw
ディフューザーが騒がれてますがレッドブルは至って“シンプルな”ディフューザーを基に造られたマシン。コンセプトの深みが違います(よくわかんないけどw)。
空力の天才ニューウェイの凄さを再確認させられる09年序盤戦となるかもしれません。壊れなければ、の話ですが;;

F1中国GPスターティング・グリッド / 予選後のマシン重量(kg)

01 644.0 ヴェッテル(レッドブル)
02 637.0 アロンソ(ルノー)
03 646.5 ウェバー(レッドブル)
04 661.0 バリチェロ(ブラウンGP)
05 659.0 バトン(ブラウンGP)
06 664.5 トゥルーリ(トヨタ)
07 650.5 ロズベルグ(ウィリアムズ)
08 673.5 ライコネン(フェラーリ)
09 679.0 ハミルトン(マクラーレン)
10 673.0 ブエミ(トロ・ロッソ)

拍手する

フェラーリF92A

散々な形で開幕2戦を終えたフェラーリ。巷では盛んに「1992年以来の不振」というフレーズが飛び交ってますが、なるほど・・・今そんな状況なのかぁ、と実感。
「1992年」といえば、個人的に“F1を最も熱心に観ていた時期”に当たるのわけで(思春期は何かと熱いw)、当時のフェラーリの“悲惨さ”はとても鮮明に記憶しております。

フェラーリF92A

1992年のフェラーリは『F92A』という名のマシンで戦ったわけで、『ツイン・アンダートレイ』と呼ばれる“2重フロア”に加え、戦闘機みたいなサイドポットは画期的でワクワクさせてくれるデザインでした。
ところがこれが何一つ良いところのない代物で“曲がらない・加速しない・ぶっ壊れる”のまさに三拍子。新開発パーツが多く信頼性に欠けたうえ、“2重フロア”というコンセプト自体がマシンの重心を高くしてしまい、とても扱い難いものとなっていたんです、ええ。

ま、当時の話を長々続けても仕方ないので、僕がここで伝えたいことは、
F60の方がまだ期待できるぞ、ということ。
いくらなんでも当時ほどマシンは酷くないと思う。成績はここまで互角だけど。(ちなみに1992年のフェラーリは第3戦でダブル入賞-4位・5位-してます。もし下回るようなことがあれば・・・お祭り必至です。。。)

相当フェラーリ内部も危機感を抱いたようで体制を変えてくるみたいですし中国からの巻き返し期待したいですね。テストが規制されてるとはいえアップデートも抜かりないハズですし。
アップデートといえば渦中のディフューザー問題。どうなるんでしょうね。シロ・クロはっきりさせてほしいものです。今さらリザルトが変更されるのも何だか腑に落ちないのでシロでいいんじゃないかな。
これからが本当の開幕なのだ。今週は、今週こそは笑うぞ!




1992年ドイツGPでのジャン・アレジ。栄光の27番が懐かしい。
マシンの挙動をみても、ラップタイムをみても状況が把握できるでしょう。

拍手する
2009/04/15(水) 01:30
カテゴリ:F1 トラバ(0)

KERS終了のお知らせ


youtube動画【the "iceman"】再アップしました

チョコレートアイスとコーラ、そしてキミ・ライコネン。

ほほう・・・ダイエットコーラは終了ですか。そうですか。

それ以前にチョコアイスとコーラの名コラボでしたね。

キミさん案外胃腸弱いのにも関わらず、でしたね。

この後ピーピーしちゃった?しちゃったのか??

とにかく、これって・・・・


KERS終了宣言とみなしてOK?


これで40キロ分飲んで食って出来るど~♪

あそっれキミ祭り♪キミ祭り~♪


-以上現実逃避でしたw-

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20090405-00000110-ism-moto

拍手する

成長しないF1、そしてフェラーリ。

もう笑っちゃいますね。何やってんですか。
マレーシアの夕方がスコールで有名なのは百も承知でしょ。
ヨーロッパ至上主義も結構ですが、もう少し純粋な気持ちでドライバーの安全を考えてあげて下さい。結局お金のことしか考えてないじゃんか。最低だな。
特にバーニー、消えてください。くだらない構想、くだらない予想、もうたくさん。
ハッキリ言ってつまらんよ、お前。

ふぅ、で・・・フェラーリ。戦略無謀の違い、わかりますか?
予報だけで雨用タイヤ・・・間違ってますよね??
まず雨が降ってきたことを確認してから履き替えましょう。走れません。
燃料が尽きたから賭けにでた?結果オーライな戦略など戦略とはいえません。
チーム・ドライバー共に地に足を着けなくてはこの劣勢跳ね返せませんよ?
自力はあると信じてる。キミさんも、フェラーリも。だからしっかり頑張ろうよ。
いや、今回も頑張ったんだろうけどアレはやっぱ無謀だったって;;
「だからイタリアンは・・・」などと言われない様なグッドレース期待してます。

ん~最近F1を観るのがストレスになります。正直言って。
大してオーバーテイクし易くなってないし。。格好悪くなっただけじゃん。。

-好きなものを楽しく観たい-

こんな当たり前のこと何時から出来なくなったんだろうなぁ(うつろ目)

F1マレーシアGP決勝
01 バトン(ブラウンGP)
02 ハイドフェルド(BMWザウバー)
03 グロック(トヨタ)
04 トゥルーリ(トヨタ)
05 バリチェロ(ブラウンGP)
06 ウェバー(レッドブル)
07 ハミルトン(マクラーレン)
08 ロズベルグ(ウィリアムズ)
09 マッサ(フェラーリ)
10 ボーデ(トロ・ロッソ)
11 アロンソ(ルノー)
12 中嶋一貴(ウィリアムズ)
13 ピケ・ジュニア(ルノー)
14 ライコネン(フェラーリ)
15 ヴェッテル(レッドブル)
16 ブエミ(トロ・ロッソ)
17 スーティル(フォース・インディア)
18 フィジケラ(フォース・インディア)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090405-00000110-ism-moto

拍手する
2009/04/06(月) 14:40
カテゴリ:F1観戦記 2009 トラバ(1)

2009年マレーシアGP 予選

現実は厳しい。。
あまりにも存在感に欠ける予選で寂しさすら感じます;;
Q3のメンバーの中では“そこそこ重い”燃料を積んでの走行だったみたいですが、スタートでのジャンプアップ狙いなのでしょうか? まさにKERS依存症だ、ああ心許ないw
しかもこの日のキミさんは午前・午後ともに全くトップスピードが出ていないという心配な症状が。(初日のショートでKERS逝った?w)
本人は「グリップ不足」を訴えておりますが、何にせよフェラーリF60に『突出した性能がない』ということが確定しちゃったような。『良い子・悪い子・普通の子』でいう普通みたいな。あー困った;;

こうなったら一か八かの雨乞いか?雨乞いしちゃう!?
・・・いや、やっぱそれも微妙w

【予選後のQ3進出マシン重量】
1 ジェンソン・バトン(ブラウンGP): 660kg
2 ヤルノ・トゥルーリ(トヨタ): 656.5kg
3 ティモ・グロック(トヨタ): 656.5kg
4 ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズ): 656kg
5 マーク・ウェーバー(レッドブル): 656kg
6 ロベルト・クビサ(BMW): 663kg
7 キミ・ライコネン(フェラーリ): 662.5kg
8 ルーベンス・バリチェロ(ブラウンGP): 664.5kg
9 フェルナンド・アロンソ(ルノー): 680.5kg


13 セバスチャン・ヴェッテル(レッドブル): 647kg

拍手する
2009/04/05(日) 04:48
カテゴリ:F1観戦記 2009 トラバ(0)

2009年マレーシアGP 初日

悪夢のメルボルンから早くもF1舞台はセパンへと移っております。
KERSの効果が疑問視される中、初日の最速はキミ・ライコネンさん。
まずまずのスタートを切ったようです。

とにかく心配なのはタイヤと信頼性。
この日の午前もKERSがショートするというトラブル発生。当分は故障の恐怖とも戦わなくてはならなそうです。
一方タイヤに関してはマシンバランスの関係もあるので一概に判断できない(特にロングラン)ところですが、少なくともメルボルンに比べるとパフォーマンスを引き出すことができてるのかなぁ、と。
楽観的になるには早過ぎますが、メルボルンの結果があまりに酷いものだっただけに、この初日の滑り出しに期待を持たずにはいられない、というのが本音であります^^;

レーススタートが夕方ということで気になるのがスコール。
週末のマレーシア・クアラルンプールは雨の予報もあるのでウェットレースでおこなわれるかもしれません。
昨年散々な想いをさせられた雨・・・・今年は果たしてどうなることやら。。

拍手する
2009/04/03(金) 23:38
カテゴリ:F1観戦記 2009 トラバ(0)

| ホーム |
Page Top↑

Recent Entries

Categories

Profile

ライコネン主観のF1好き

Author:管理人 山田
Mail Form
プロフィール

Archives

Search This Site

Google

  • F1観戦記

Yahoo! JAPAN

  • F1観戦記

Unique User

Page View

List me

  • 「F1観戦記-キミ・ライコネン主観のF1好き」のRSS
  • にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ
  • F1観戦記-キミ・ライコネン主観のF1好き QRコード
  • Google chrome

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。