Top Page > 2009年05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
--/--/--(--) --:--
カテゴリ:スポンサー広告
[タグ未指定]

勝利を目指すのだ

嬉しいやら悔しいやら、(本気で勝利を望んでただけに)複雑な結果となったモナコでしたが、ドメニカリさんのコメント読んで少し気持ちが落ち着いたあたり、何だかんだいってキミの去就が気が気じゃないんだなぁ・・・と己の気持ちに気付くw
できるだけ長くF1で活躍してほしい。やっぱコレ本心です、ハイ。

で、もう一回モナコの感想を。
ん~、表彰台に水を差すようで書く必要ないかなぁ~なんて思ってたけど、やっぱ腑に落ちないのはスタート時のタイヤ選択。
ここで前を狙うにはスタートに賭けるしかないわけで、ポールを逃した時点(この0.025秒が致命的だったのは言うまでもない;;)で全てをこの瞬間に注ぐものだと当然思ってました。データ的に無理だと判っていたとしても。
何が悔しいかって、1位を狙って3位に落ちたんじゃないってこと。
スタート見返してもルーベンスは最高のタイミングだったし、KERSは効果を発揮する余地もなく“重石”と化してたことはよくわかります。これがソフト側でのスタートだったとしても・・・1位はおろか2位キープも難しかったかもしれない。その後の展開も・・・ルーベンスやベッテルなどをみれば明らかです。(バトン&ブラウンGPは化け物w)
でもそういう問題じゃないんですよ。キミさんはもう1年以上勝ってないんです。

2位?3位??いやいや、優勝でしょう!!

ハード側が「オイシイ」といってもブラウン2台の方が燃料積んでたわけだし、コンサバに挑んだ理由がイマイチ解せない。タイヤがぶっ壊れても全てをスタートに賭けてほしかったな。ガチンコでバトンに喰らい付き優勝を目指すレースをしてほしかった、それが観たかった。それだけが心残り。。
・・・まあチーム事情を考慮すれば、こんなキミ好きの意見など「ナンセンス」の一言に尽きるというのはよくわかってます。昨年のベルギーみたいなレースは要らない、と。(個人的2008年ベストレースw)
だから前回はとりあえす「表彰台おめでとう」と書いてみました。
やっぱキミさんの表彰台は嬉しいですから。今年は無理かも、と思ってましたから。

次、次です。次こそは優勝を賭けたレース期待したいです。
次・・・・次はトルコ・・・・あ~そのまた次かwww

拍手する
スポンサーサイト

キミ・ライコネンさん、今期初ラッパ。

ふぅぅ。。。今期初表彰台ゲット!
美味しそうにシャンパンを飲み干すキミさん、やっとF1が戻ってきました。

正直言えば腑に落ちない点も多々あり、ズラズラ文句を書きたくなる内容(戦略どうなのよ?展開に恵まれなかったらキミの台なかったぞっ)だったけど、ちょ~っと待って。ウェイト、ウェイト手(←初めて絵文字使ってみた)
これまでの開幕5戦を振り返れば涙モノの結果ではないか。ここは素直に「おめでとうキミ、おめでとうフェラーリ」と書くべきですな。腐らず開発を続けてきた努力が僅かでも報われたのだから。。
これが他のサーキットでも持続・改善していけるのなら、ブラウンGP&バトンの退屈なショータイムを観なくて済むかもしれないですね、ええ。
マジで頑張れキミ、F60B、そしてスタッフ一同。F1を救うのだ!w

2009年F1モナコGP決勝
01 バトン(ブラウンGP)
02 バリチェロ(ブラウンGP)
03 ライコネン(フェラーリ)
04 マッサ(フェラーリ)
05 ウェバー(レッドブル)
06 ロズベルグ(ウィリアムズ)
07 アロンソ(ルノー)
08 ボーデ(トロ・ロッソ)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090524-00000005-fliv-moto

拍手する

「ライコネン覚醒」は間違いです。

100分の25・・・惜しかった。あえて「惜しかった」と言いたい。この差だもん。

これまでもキミさんは空回りしながらもヤル気に満ちていたし、別にモナコだから頑張ったわけではないのだ。「驚いた」、「見違えた」などと言ってる輩共(マスコミ)、決勝ではさらにキミさんやりますので期待してください。(ど~んとハードル上げてみたw)

それにしても熱い、熱すぎる予選だったな。。
Q2まさかのトップタイム。Q3でも終盤の終盤までトップタイム。。
Q1でフェラーリのノーズがぶっ壊れてる映像見た時は即座に「キミか!?」と疑ってしまったのは内緒ですw
・・・久々に力の入る展開となり、正直な気持ち「大満足」です。
世界中のキミ好きがおそらく同じような気持ちではなかったでしょうか。
それだけ今シーズンは辛かったですもの。。。

さあ決勝はどうなるやら。
スタートでバトンを制さないとちょっと・・・いや、かなり厳しい展開になるでしょう。
散々言われたKERSが活躍できるか?ここで役に立たないようなら捨ててしまえっ!w

同じ2番手スタートから昨年はどん底へと落ちていったキミさん、今年はもうすでにどん底なので這い上がるしかないっす、ええ。
ようやく訪れた「勝ち負けになりそうなレース」、ホント楽しみです^^

第6戦モナコGPスターティング・グリッド / 予選後のマシン重量(kg)
01 647.5 バトン(ブラウンGP)
02 644.0 ライコネン(フェラーリ)
03 648.0 バリチェロ(ブラウンGP)
04 631.5 ヴェッテル(レッドブル)
05 643.5 マッサ(フェラーリ)
06 642.0 ロズベルグ(ウィリアムズ)
07 644.0 コバライネン(マクラーレン)
08 646.5 ウェバー(レッドブル)
09 654.0 アロンソ(ルノー)
10 668.0 中嶋一貴(ウィリアムズ)

Q1、2敗退組との燃料差がかなりありそうですね。。
ピット戦略の“アヤ”が大きなポイントとなりそうです。
いかにトラフィックを回避できるか、「運試し」とも言えそうですな、うむ。

拍手する

政治話は程々に、モナコ開幕!

ここ最近の政治的話題は呆れるしかないな、と。
どこまでファンを振り回せば気が済むのかな、と。

個人的に、ドライバー・チーム・それを取り巻くスポンサー等、技術・体力・資金すべてにおいて天井知らずにぶち込まれていく“弱肉強食な世界”こそF1であり、16年前、マックス・モズレーが声高々に「ハイテク禁止」を謳った時点でF1はF1としての魅力を無くし始めたと感じております。
彼が目標とした「全チームに公平なF1」は今迷走しているように映るのは僕だけでしょうか?
時代の成り行きでコスト面、環境面に配慮しなければならない。それはわかります。
わかるけれど、あまりに小さくまとまり過ぎてる、管理されてしまってる現在のF1が寂しい。
僕のような「昔はよかった派」を黙らせるようなレースが観たいものです。
(「だったら観るなよ」はナシですよw F1好きゆえの“愛のムチ”って奴です)

さてさてモナコ開幕してますな。
初日からフェラーリはまずまず・・・っていうか、マッサが昨年を機に何やら「モナコ開眼」してる気がする。。生意気な野郎だ。モナコ似合わないんだよww
まだフリーとはいえ、特殊なレイアウトとあってマシン特性が如実に現れてきますね。
トヨタやレッドブルといったエアロ優秀マシンはちょっと今回は苦戦気味か。
逆にマクラーレンみたいな「エアロ駄目でも足回りはしっかりしてるぜ」的マシンは出番アリな様子。(ず~っと出番なくてもいいんだけどw)
ここでも速いブラウンはもう反則、ここでも遅いBMWはもう降参.。
(クビサが腐ってるぞっ!w もっとアップデートしなさい^^;)

感触としてはキミさんも悪くなさそうだし、ビシッと集中して予選に挑んでもらいたいですな。
こういうときに決めてくれると格好良いんだけどなぁ。今回も懲りずに期待しちゃうか♪w

って、今スポルトで清原w
フェラーリで体験ピット作業ってww
どんだけリラックスしてるのよ、このチームwww

拍手する

「モナコは好きなコース」

フェラーリ移籍後は災難続きで、すっかり“負のイメージ”が定着してしまった感のあるモナコですが、元来「モナコ好き」を公言しているキミ・ライコネンさん、けして苦手なわけじゃないんです(強調)。
まともなストレートがないだけにKERSの過充電がすんごく不安材料でありますが、キラリと光るモノはみせてほしいな~なんて思っております(どうしても外せないんだねぇ。。。ブレーキバランス苦しいねぇ。。。コンセプト大失敗だねぇ。。。)。

虚しいのは重々分かっている。でも貼らずにはいられない。敵将も拍手なこのキミの勇姿を。本当に本当にカッコイイっす。。。


youtube動画 pole de kimi raikkonen monaco 2005 Q1

※現在、巷で騒がれてる『2010年フェラーリF1撤退騒ぎ』に関しては何とも書き様がありません。
いずれF1が“大きな壁”に直面するのは必至だったわけで、これをどう乗り越えるのか注目です。どの道を辿るにしても、「痛みなき前進」は困難かと思いますが。。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20090516-00000001-fliv-moto

拍手する

腐るな、キミ好きよ。

はは・・・悲しい。まったく腹立たないことが、ただただ悲しい。。

KERS殆ど機能しなかったね~。でもこれ外すと遅いんだもんね~。
まさに「運命共同体」ってか。仕方ないね~
油圧系トラブルで終了でしたね~。
でもフェラーリが信頼性に乏しいなんて以前は当たり前だったもんね~。
まさに「じゃじゃ馬」ってか。あ~意味わからんw

うん、でも近いうちキミにもチャンスが訪れる。
マッサがあそこまでやれたのだからキミはもっと・・・・って思うのが贔屓たる所以か。
まだまだとはいえF60Bは前進したのだ。うんうん。

妙にポジティブになれるのは自滅じゃなかったからかもしれん。
何かそういうの「虚しい」と思われちゃうだろうけど応援する側も必死なんですよ、ええ。
“フェラーリというブランド”が不要に重たいのでなおさら必死。
これが他所のチームだったらもっと気楽に見守れるのになぁ、なんて禁句の一つも書きたくなりますって。キミが走ってくれればそれでいいんだから。

・・・・ま、そんなこといってもキミさんは正真正銘フェラーリのドライバーなわけで、ここで頑張ってもらわな困ります。ここで再び輝いてもらいたい。
本音を書けば既に「次こそ何かいいことあるんじゃないか」って気持ちです。
・・・昨年も毎レースそう思いながらシーズン終了しちゃいましたがw
何はともあれ腐らずいきましょうか。腐らず。
(こんなサバサバしてる自分・・・・なんか嫌w)

2009年F1スペインGP 決勝
01 バトン(ブラウンGP)
02 バリチェロ(ブラウンGP)
03 ウェバー(レッドブル)
04 ヴェッテル(レッドブル)
05 アロンソ(ルノー)
06 マッサ(フェラーリ)
07 ハイドフェルド(BMWザウバー)
08 ロズベルグ(ウィリアムズ)


R ライコネン(フェラーリ)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090511-00000111-ism-moto

拍手する

いいかげんウザイ

あーやっちまったw
「ソフトタイヤ温存してほしい」とは書いたけど、まさかこんな荒療法とはwww

もう笑うしかないです。
チームの判断ミス?どうでもいいっすよ。真相よくわかんないし。
僕はフェラーリ好きじゃないけどキミさんは大好きなんだから文句書くだけ虚しいし。。
“あの男”がくると毎回メチャクチャなのは自粛しておきます。

幸いF60Bのポテンシャルは確認できましたから、KERSパワーに頼って(開き直りw)スタートからゴボウ抜き、2桁オーバーテイクショーを期待することにします。

それにしても上位の面子は同じだなぁ。バトン、ルーベンス・・・つまらんww

<追記>
いつも拍手して頂きありがとうございます^^
本日より「拍手ボタン」の機能をリニューアルしました。
新たにお礼ページを表示し、全5種のキミ画像を公開しております。
引き続き「F1観戦記」よろしくおねがいします♪

※今までの統計は全てリセットされました。
本当にたくさんの拍手ありがとうございました!

拍手する

まもなく予選

すでにスペインGP開幕してます。
期待のF60B、どうでしょうか?
見た目は思ったより変化なし・・・って感じでしたが、両ドライバーのコメントがすこぶるポジティブなものなので否でも期待が高まります。っていうか高めなきゃやってられんw

キミ・ライコネン殿
「マシンパフォーマンスの面では確実に前進できたよ。空力ダウンフォースのレベルが確実に上がったと感じられたし、それこそ僕らが必要としていたことさ。フィーリングとしては、ライバルチームに接近できたような感じなんだ。」


キミさんがこれほど好感触だとまたいつもの肩透かし喰らう気がして怖いけどw、マッサも同様なコメントしてるので今回は確かな前進をしたものと信じることにしますww

とにかく抜きどころが少ないバルセロナ、予選が重要です。
今回もソフトタイヤの使い方がネックとなりそうですが、何とかQ3まで温存できる展開になってほしいっす。楽しませてほしいっす。

拍手する
2009/05/09(土) 19:30
カテゴリ:F1 トラバ(0)

フェラーリF60B

今週はスペインGP。いよいよヨーロッパラウンドです。
既に広く報じられてる“フェラーリF60B(このネーミング合ってるのか?w)”を投入するのではないかとみられてますが、期待半分・不安十分・・・・おっとww

とにかく今年を左右する大幅なアップデートとなるのは確実です。
15kg軽量、ダブルディフューザー採用・・・主な変更点はこの2つでしょうか。
KERS使用は代えの効かない絶対条件な様なので信頼性不安は今後も付きまといそうです;;(モナコのようなコースでもKERSを外せないとなると“ただの重石”となるんじゃ。。)

F60Bテスト担当のマルク・ジェネさん。
「我々はKERSを必要とする車を作る事になった。今までの問題とは信頼性にあったが、それが速い事を理解している。」
「F60Bは、僕がフェラーリで見て来た以来の最大のエアロダイナミクスの開発だ。」


奮い立つような素晴らしいコメントです。エクセレント。
すぐ優勝を狙える位置へ戻れる、と考えるのはあまりに安易かもしれませんが、せめて表彰台に望みを持てるようなポジションには居てほしいものです。
キミも、そして観てる側も興奮できるレースになりますよう祈ってます^^

拍手する
2009/05/05(火) 10:10
カテゴリ:F1 トラバ(0)

| ホーム |
Page Top↑

Recent Entries

Categories

Profile

ライコネン主観のF1好き

Author:管理人 山田
Mail Form
プロフィール

Archives

Search This Site

Google

  • F1観戦記

Yahoo! JAPAN

  • F1観戦記

Unique User

Page View

List me

  • 「F1観戦記-キミ・ライコネン主観のF1好き」のRSS
  • にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ
  • F1観戦記-キミ・ライコネン主観のF1好き QRコード
  • Google chrome

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。