Top Page > 2009年06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
--/--/--(--) --:--
カテゴリ:スポンサー広告
[タグ未指定]

迷走

けっきょくF1分裂は避けられることになったみたいですが、モズレーが「やっぱりムカつくぅ~~」となってもう一悶着ありそうな雰囲気です。ファンはすっかり蚊帳の外ですね、はい。

それにしても「モズレー引退」という条件は最良の“落しどころ”だったわけで、FIAが離脱組なしにF1存続は厳しいと考えたように、離脱組にとってもF1というブランドはやはり魅力あふれるものなんでしょうね。
正直いまのままF1が迷走するのなら、いっそのこと新シリーズを観てみたいという想いがありましたが、こうなった以上は“F1の生まれ変わり”に期待。その為にはレギュレーションの明確化、これ絶対です。
毎年コロコロと変わるルールにチーム、ファン共々困惑してます。
グレーゾーン満載でわかり難いうえに面白くないという負のスパイラル。これだけは何とかしないといけない。KERS然り、ディフューザー問題然り。
そして一方的にFIAが悪い的に流れが進んでますが、FOTAの中にも大きなカオスは存在するわけで、、、どっかの誰かさんは「各ワークスチームは3台のマシンを走らせられるように」などと要求してるみたいですが・・・こういうのが不要なんです。。(馬鹿正直にKERSと心中してシーズン台無しにしたのは同情するけどさw)

バジェットキャップを含め、来年以降に大きく関わる決定事項がこれから定められていくわけですが、F1が“一枚岩”なるなど無理な話なので、ファンを含めたすべての要素で上手な落しどころを見出していくことに期待・・・できるかなぁ。。

拍手する
スポンサーサイト
2009/06/28(日) 10:50
カテゴリ:F1 トラバ(0)

イギリスGP予選

マシンが心許なく目立たないけど、今年のキミさん予選はなかなか安定してます。
スペインでの“ポカミス”を除けば全戦Q3進出。
フェラーリF60は戦闘力に欠けるけど、昨年までと比べて「キミさんに優しいマシン」であるのは間違いなさそうです。う~ん何だかとっても残念;;

今回からKERS使用チームはフェラーリだけです。
2009年最大の目玉として登場したはずのKERSがいまやすっかりお荷物に。
各チーム一体いくら費やしたんでしょうね。ドブに捨てたも同然。
ああ、KERS外せないばっかりに速くならないF60が切ない。。

これでコスト削減とか・・・ハッキリ言って茶番以外の何ものでもない。
何故これだけの離脱騒動に発展しているのか・・・まさかわからないわけじゃあるまい。
FIAが裁判の用意してるそうですが、ええそうでしょう。離脱組抜きでのF1など誰も観ないでしょうから。もう勝手にやっててください。キミさえいればとりあえず僕は満足です。
あんまり期待できないけど一先ずシルバーストンに集中だ。集中。

2009年F1イギリスGP予選・重量
01 666.5 ヴェッテル(レッドブル)
02 657.5 バリチェロ(ブラウンGP)
03 659.5 ウェバー(レッドブル)
04 658.0 トゥルーリ(トヨタ)
05 652.5 中嶋一貴(ウィリアムズ)
06 657.5 バトン(ブラウンGP)
07 661.5 ロズベルグ(ウィリアムズ)
08 660.0 グロック(トヨタ)
09 654.0 ライコネン(フェラーリ)
10 654.0 アロンソ(ルノー)

拍手する
2009/06/21(日) 12:39
カテゴリ:F1観戦記 2009 トラバ(0)

F1分裂へ

ついにFOTAが『離脱シリーズ』の立ち上げを正式発表しました。

本当に分裂が実現するかはまだ疑わしいところでありますが、このままいけばF1は"崩壊”へと向かうことになりそうです。フェラーリ、マクラーレンといった伝統チーム、キミやアロンソといったタレントの居ないF1なんてもはや名だけ・・・

ん~、どうなるんだろ。。
喜んで離脱したい人なんて居るわけないんだよね。ホントは。。
伝統の最高峰シリーズですもの。重みが違う、ブランド力が違う。

トップに居座る輩さえ排除できればいいことなんだろうけどなぁ。。
ん~難しいですねぇ。。
こんなで今週のシルバーストンは大丈夫なのかな?

まさかのボイコットも・・・それはないかw

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090619-00000063-jij-spo

拍手する
2009/06/19(金) 19:40
カテゴリ:F1 トラバ(0)
[タグ未指定]

・・・・・。

認識が甘かった・・・という次元ではないなぁ。。
危惧していたことが全て現実となり、台どころかポイントにも届かない無念のレース。
フェラーリF60Bの戦闘力がまだまだ発展途上であるのは致し方ないとはいえ、他にな~んのドラマも起きない今のF1は何なんだろうなぁ。。。
相変わらずオーバーテイクは困難だし(マシンが不細工になっただけ)。
スタンダードという名のもと守られたエンジンその他のパーツはまったく悲鳴をあげないし。
スタートで前を塞がれたらまずジ・エンド。お疲れ様でした~

・・・て、キミさんがもしバトンの立場だったら“パレードレース”と化そうが何だろうが構わないんですけどね。
ファン心理ってヤツは勝手ですね。大そうにF1批判ですよ。おおぅタチ悪いw

う~ん、暫く冷静になる時間を設けよう。ろくな記事書けそうにない。。
・・・て、自分でもビックリするくらい冷めた気持ちで観てたトルコGPでしたが。
あ~いかん、いかん。遺憾、ちがうw、いかん。

拍手する

2009F1トルコGP予選

いろんな意味で予想通りの予選となりました。
ブラウンGPやっぱ強い。オールマイティに強い。これは困ったw
レッドブルもエアロ・サーキットでは速いけど決勝のタイヤが不安材料。
普通に考えれば今回も・・・あーあ。。

で、モナコで大きな前進を果たしたフェラーリですがここでは一息、
・・・ていうか、実際は予想以上に健闘してたけど、ほんの少しの差で予選順位が大きく変わってしまう現代F1の怖さってヤツですな。これは。
キミのベストタイム1:27.387(Q2)はトップからコンマ371秒落ち。
うん、エアロ重視のこのコースでこれだけ肉薄できてるのだから進んでる方向は間違ってない。序盤戦と比べても明らかです。スペインから始まった上昇機運は本物と喜んでいいのかも^^(あとは壊れないで、ホントお願いw)
とはいっても、このコンマ数秒の遅れが致命的であることもまた事実で、決勝ではじわじわと傷口が広がっていくんだよなぁ。。
幸い、キミの積載量は上位の中では重い部類で、タイヤの使い方次第では十分表彰台狙える予感。
スタートが偶数側というのが何とも不吉ですが(汚れてるうえに窮屈で1コーナーの侵入・脱出がとっても不利。。)、何とか先にピットインするマッサを抑えて良いリズムで走りたいところですね~

この調子でいけばいずれは復活勝利・・・あると思います!

第7戦トルコGP予選順位 / 予選後のマシン重量(kg)
01 ヴェッテル(レッドブル) 649.5
02 バトン(ブラウンGP) 655.5
03 バリチェロ(ブラウンGP) 652.5
04 ウェバー(レッドブル) 656.0
05 トゥルーリ(トヨタ)  652.0
06 ライコネン(フェラーリ) 658.0
07 マッサ(フェラーリ)  654.0
08 アロンソ(ルノー)  644.5
09 ロズベルグ(ウィリアムズ)  660.0
10 クビサ(BMWザウバー) 664.0

拍手する

ブラバムF1復帰!?

マーチやローラといった一昔前までF1を走っていたチーム(ローラはシャシー提供が主で、単独参戦した1997年は開幕戦予選落ち→次戦開催中に撤退という素敵なコンボを披露w)が2010年の新規エントリーに名を連ねてますが、ここにきて何と“あの”ブラバムまで登場。
「ロータスやブラバム復活しないかしら?」な~んて淡い期待を抱いていただけに、それが実現するかもしれないとあってかなり興奮してます、はい。F1の歴史に名を馳せる名門ですから、復活したら嬉いっす^^
それにしても僕は(年齢が年齢なだけに)晩年の『弱小ブラバム』しかリアルタイムで観ることが出来なかったわけですが、ヤマハエンジン積んだり、中谷明彦を乗せようとしたり(結局ライセンスが発行されなかったので代わりに女性ドライバーのジョバンナ・アマティを起用。これは酷かったw)、デーモン小暮がスポンサーになったりと、何かと日本繋がりが印象的だったような。日本経済のバブル崩壊と運命を共にした結末だったわけですな。(この辺はWIKI読んだ方が詳しい)

何だかやたらエントリーが殺到しまくってる2010年F1ですが、既存10チームに加え、USF1、カンポス、ローラ、プロドライブ、ライトスピードGP、スーパーファンド(ブルツ様なにしてんのw)、マーチ、ブラバムの8チームですから大変です。最終的に13チームに絞られるわけですが、一体どのチームが選ばれるんですかね。
明らかに売名っぽい怪しいチームもみられますが、そんな中でブラバムがこの倍率競争を奇跡的に勝ち抜くことを大いに期待したいです。・・・難しいかな?w

拍手する
2009/06/04(木) 00:40
カテゴリ:F1 トラバ(0)

3度目のラリーはクラ~シュッ

kimi-out.jpg
3度目のラリー挑戦となったキミ・ライコネンさんですが、期待通り派手にマシンをぶっ壊してしまったそうで・・・・いやいや、怪我がなくて何よりです、ええ。

律儀にウインカー出してちょろちょろ走る白いキミ車、なんだかとても可愛い。
窓に張られたステッカーでさえも最高に可愛い。
やばいな・・・・やっぱF1じゃなくてもグッと惹きつけられるぞ。
この魅力、存在感はヤバイっす。キミさん、ヤバイっすよ!


youtube動画:Kimi Raikkonen crash! Rally della Marca 2009

※いつもyoutube動画を貼り付けるときは俗に言う『高画質コード』ってヤツを入力してるんだけど、コレ効果あるのかしら? 『HQモード』でなくても高画質で見れるそうなんですが・・・マイPCの性能がイマイチなんでよく分からんです^^;

拍手する

| ホーム |
Page Top↑

Recent Entries

Categories

Profile

ライコネン主観のF1好き

Author:管理人 山田
Mail Form
プロフィール

Archives

Search This Site

Google

  • F1観戦記

Yahoo! JAPAN

  • F1観戦記

Unique User

Page View

List me

  • 「F1観戦記-キミ・ライコネン主観のF1好き」のRSS
  • にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ
  • F1観戦記-キミ・ライコネン主観のF1好き QRコード
  • Google chrome

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。