Top Page > 2009年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
--/--/--(--) --:--
カテゴリ:スポンサー広告
[タグ未指定]

悲しい展開へ・・・

シンガポールは笑っちゃうくらい出番なしでした(涙)
まさかニックのピットスタートで偶数グリッドになるとは。。。(絶句)
ポテンシャル的には後ろから数えた方が早いク○車なので致し方ない結果ですね。
「スタートでなんぼ」。これが今年のF60なんです。お粗末さま。

レースより何よりキミさん好きには外野が気になる今日この頃ですが、いよいよ「Xデー」が迫ってきたようです。

Ferrari set to confirm Alonso for 2010

ここまでくるとさすがにもう噂の域は超えてると思ってます。
マクラーレン復帰・・・「いつかは」という想いはあったけど、こんな展開悲し過ぎる。。

早々に開発を中止してまで来年に力を注ぐフェラーリ。
もし本当にキミさんを来年乗せないつもりなら今の状況が不憫でならない。

そろそろ限界です。

拍手する
スポンサーサイト
2009/09/28(月) 06:40
カテゴリ:F1観戦記 2009 トラバ(0)

シンガポールは苦しそうだな

うーん、やっぱ「コンパウンドの法則」など存在しなかったかw
キミさん明らかに走り難そうでしたね。お約束のグリップ不足ってか。

まあ早々にアップデート中止してたわけだし、開発を続けてる他チーム(特にマクラーレン)より苦戦するのは当然、と言ったらそれまでか。ホントよくここまで踏ん張ってきたと思う。
こんな状況でコンスト3位を狙えるポジションに居るのは奇跡的なのだ。

「粘って・耐えて」のレースになりそうですが、ファンとして今まで通り応援するまでです。
いろいろと爆発しそうな気分ですが、そのエネルギーはキミさんに注ぎます。
こんなとこで悪態付いてもルカ会長の口は塞がりませんしねw

※akiakiさん、shimaeyesさん、kimi命さん、kimi loveさん、棟居さん、norick17さん、キミさん、その他名前なしで拍手コメント頂いた方々、本当にありがとうございます^^

マクラーレン派、フェラーリ派はあると思いますが、キミがF1に残る可能性があるということが素直に嬉しいです。もう一度チャンピオンになってほしいですから^^
ちなみに僕は根っからの「マクラーレン派」です。
メルセデスの件、ルイス親子の件が「難」でありますがw

ルカ会長・・・理解に苦しみますね。スポンサーの圧力もあるのかな。
仕方なくキミがストックされてる感がありありなのが我慢なりません。
今にも悪態付きそうな自分ですが、まだ何も決まったわけじゃないのでグッと抑えてますw

いろいろありますが、来年もしフェラーリに残ろうと、マクラーレンに移ろうと、はたまたWRCに転向しようと、キミさんを応援するに変わりありません。報道に踊らされ一喜一憂することはあってもw とりあえず今年はフェラーリで残り4戦がんばってほしいです。
コンスト3位という声もありますが、個人的にはドライバーズ3位を獲得してもらいたい。

今年の目標 Gala

おぉ・・・この無知太郎めw

拍手する

ルカ会長、それ本気で言ってますか?

注目された“クラッシュゲート”の裁定は何とも微妙なものでしたね。
「おいおい、そんなんでお終いにするつもりか?」
という一言につきます。

ルノーには「参戦継続で誠意を示せ」というトコなんでしょうか。
あんま気分のいい話題ではないので長く触れるのはよそう。何かスッキリしないけど。

そんなF1ですが来年のカレンダーが出ました。

2010年フォーミュラワン・ワールドチャンピオンシップ
03月14日 バーレーン
03月28日 オーストラリア
04月04日 マレーシア
04月18日 中国
05月09日 スペイン
05月23日 モナコ
05月30日 トルコ
06月13日 カナダ
06月27日 ヨーロッパ
07月11日 イギリス
07月25日 ドイツ
08月01日 ハンガリー
08月29日 ベルギー
09月12日 イタリア
09月26日 シンガポール
10月03日 日本
10月17日 韓国
10月31日 アブダビ
11月14日 ブラジル

鈴鹿が今年と同じような日程ということで落胆。。
体育の日じゃないのか!?w
今年も有給取れなくて断念したのに・・・正直言うとお金なかったのよw

新顔は韓国、そしてカナダも復活です。こちらは楽しみ。
その反面、心配な情報として、キミさん大好きなスパの開催がとても危ういとか・・・・
2026年まで営業免許が停止されたそうで・・・事実なら無念極まりない。。
ティルケ・サーキットを全部廃止してでもスパだけは継続していただきたい。
これ以上チャレンジの舞台をドライバーから奪うべきではないのだ。

最後にキミさん。活躍してるのに不憫な扱いされてるキミさん。
「大金積まれて追い出される」という負のコンボを恐れてしまうのはファンの性か。
でもまだ何も決まってないし心配するのもバカバカしい。

・・・なんて気丈に振舞ってたのに会長ついに認めちゃったよ!!

Ferrari 'still pondering' driver choice

「マッサは残るけど他は選択肢を考えてる」みたいな。。

コレ駆け引きですか?何かの駆け引きでしょうか??
それにしても酷くない?契約あるでしょ??キミ一人で頑張ってるじゃん。。

たとえ結果丸く収まって残留となったとしても、既に今の時点でドン引きしてます。
この発言が何かの間違いだと祈ってますが、真実ならこんなチーム嫌だ。
本当にキミは居心地いいのだろうか?さすがに疑いたくなってきます。

あーごめん。ダメだわ。精神的に辛すぎて内容が偏り気味になってしまうよ。。
こうなったら残りすべて好成績でとことん困らせてやれ!
あー悔しい。悔しいったらありゃしない!!

拍手する

ルノーの件

ブリアトーレとシモンズが辞め、恨み節ピケ子から放たれたルノーを巡る『クラッシュゲート』は評議会を前に体勢を決した感があります。

またもや例外になく今年も展開された『会議室でのF1』。
ほんとF1って様々な色彩を放つスポーツなのだな、と。
華やかであり、グレーでもある。

八百長なんて最悪。興醒めする。
でもそれが公にならなければ紙一重で「完璧な戦略」に化ける。
今回の件がまさにそれ。
表向きは「幸運な勝利」であり、裏側は「完璧なる戦略勝ち」だった。
ファンは喜び、チームも名声を得た。

八百長を支持するつもりなど全くないが「知らない方が幸せ」なこともあると思う。
昨年のシンガポールGPを観て感動した、という人が大勢いることを知ってるだけに今回の件は残念でならない。最大の被害者はファンなのだ・・・

拍手する
2009/09/18(金) 00:06
カテゴリ:F1 トラバ(0)
[タグ未指定]

好調の裏付け?

ハンガリーから始まったキミの快進撃。
彼が乗れてるのは間違いない。イイ感じだ。
しっかし今のF1において腕っ節だけでどうこうするにも限度がある。
何かプラスアルファが存在するのではないか?

運があるのは確かだ。マッサが居なくなって云々・・・言われるのも分かる。
でもどちらも釈然としないし、「マッサ不在だから」などまったくもって不愉快である。
くどい様だが今年のキミは序盤戦から悪くなかった。

そこでコレはどうだろう。

コンパウンド
※クリックで拡大表示

この表はブリヂストンが各グランプリに持ち込んだ2種類のコンパウンド。
見てもらえば一目瞭然なのだが、
「隣り合わせのコンパウンド」が設定された5レース全て表彰台なのだ。
これが偶然だとすれば出来すぎではなかろうか?

コンパウンドの選定はサーキットの特性・気候などによって導き出されてる。
深い部分での分析は素人なので判らないが、「隣り合わせ設定」のサーキットがキミのドライビングないしF60との相性に優れているのではないか、と。
(今年導入された「タイヤの差別化」に翻弄されたとも読めるが・・・)
そうすると単純に考えて次のシンガポールも期待大といえる。

夜が似合う男キミ・ライコネン・・・今季2勝目が観れそうな予感だ。
-終-

・・・・て感じに記事っぽく書いてみたけど大した内容じゃないなw
妙な法則を発見してしまったので何となく遊んでみました。お粗末さまです。。

しっかしホント偶然にしては出来すぎたリザルトですな。
シンガポールが良ければそりゃ嬉しいけど鈴鹿が大変なことに・・・嗚呼w

最後にガゼッタ採点でましたね。『7.5』だそうです。まあいいでしょう。
マラネロの氷山・・・やっぱプロは違うなぁw

拍手する

4戦連続となりました。

やるだけのことはやった、という感じのGPでした。
キミさん3位。4戦連続表彰台。
沢山の運に恵まれ転がり込んできた形だけどこれも頑張った結果。
素直に嬉しいし、残りもこの調子で粘ってもらいたい。

しっかし悲しいかな、マシンの絶対値がここまで足りないか、と。
KERSの利点と天秤にかけてもやはりF60の方向性は大失敗だったな、と痛感。
マシンバランスを欠き、微妙なレベルでまとまってる感が否めない。
得意不得意が激しいとはいえ、サーキットによっては「勝ち負け」に持ち込むことの出来るマクラーレンやフォースインディアの走りをみて悲しくなってしまった。。
キミさんが好調なだけに何とも歯がゆいのです。

「6台のメルセデス」に一人で立ち向かったキミさんに拍手。
棚ボタ?2005年にさんざん棚ボタ献上しましたが、何か?w

ま、早々に開発停止した以上は来年もキミさん乗せてほしいです。
これだけ今年苦労させられて「ご苦労さん」じゃ血も涙もない。
皆が「つまらん」と思うくらい勝ちまくるキミを観てみたいのだ。

Ferrari suggests Raikkonen future open

ドメニカリ氏は「本当によくやってる」とキミを評価しつつも、やはり明言は避けてます。
そしてマクラーレンやブラウンとのコンタクトにも触れてますが・・・分かりませんねぇ。
神のみぞ知るってか、あー胃に悪い。

2009年 F1イタリアGP決勝
01 バリチェロ(ブラウンGP)
02 バトン(ブラウンGP)
03 ライコネン(フェラーリ)
04 スーティル(フォース・インディア)
05 アロンソ(ルノー)
06 コバライネン(マクラーレン)
07 ハイドフェルド(BMWザウバー)
08 ベッテル(レッドブル)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090913-00000010-fliv-moto

- ちょこっと観戦記 -
・キミのスタートが窮屈になったのは残念だったけどスーさん抜けたのでオーライ。
・ヘイキがプライムでスタートしたのがブラウン圧勝の引き金だったと思う。
・マーク終了のお知らせ。
・フェラーリが燃費悪いというよりフォースインディアが良いんじゃないか?
・直線番長のインディアがシンガポールでも速かったらカオス。
・キミ2回目のピットストップで若干とっちらかるもスーさん更に酷くてオーライ。
・フィジコが地味にバドエルさんよりGJな件。
・ルイスの120%アタック&クラッシュに昨年スパのキミがフラッシュバックした件。
・ロス・ブラウンの戦略がハマッた時ほどつまらないレースはない。
・キミがブラウンに乗ったらタイヤが温まらなくて苦労するかも、と無意味な心配。
・ルーベンスがチャンピオンになるとはどうしても思えない件。

拍手する

ベストの予選だったそうな

ああ・・・ホントにキミさん乗れてるんだな。
今年こんなワクワクした気持ちでF1観れるなんて夢にも思わなかったよ。
ありがとう開発中止。ありがとう-自主規制-

キミさんのトーンもほんのり上昇で「表彰台」という言葉が。
これは嫌でも期待しちゃいますね^^
4戦連続・・・あると思います!

それにしても公開重量が凄いことになってますな。
キミより前の2台が軽いのはOKとして、その後ろ!
皆さん変則2ストップあるいは1ストップか。。
雨やKERSを警戒しての戦略だろうけど、出入りの激しいレースになりそうな予感です;;
とっちらからずにいったもん勝ちですね。

2009年 F1イタリアGP予選結果/重量
01 653.5 ハミルトン(マクラーレン・メルセデス)
02 655.0 スーティル(フォース・インディア・メルセデス)
03 662.0 ライコネン(フェラーリ)
04 683.0 コバライネン(マクラーレン・メルセデス)
05 688.5 バリチェロ(ブラウンGP・メルセデス)
06 687.0 バトン(ブラウンGP・メルセデス)
07 679.5 リウッツィ(フォース・インディア・メルセデス)
08 677.5 アロンソ(ルノー)
09 682.0 べッテル(レッドブル・ルノー)
10 683.0 ウェバー(レッドブル・ルノー)

「パワフルで燃費がいい」らしいメルセデスエンジンが上位独占。
06年当時の惨状は何だったんでしょうか?ちと腹立だしいw

メルセデスエンジンに感銘を受けるホーナー

裏を返せば「キミに感銘を受けた」という解釈もできます、ええw


※最近まったくコメ返事できてなく申し訳ないです;;
スパの後、歓喜の拍手喝采とても嬉しかったです。
また皆一緒に喜べる瞬間が訪れればいいなと願っております^^

kimi loveさん、隊長さん、dosdosさん、H2さん、A-Kさん、tamaさん、そのほか名前なしでコメして頂いた方々、本当にありがとうございました。今夜もまた・・・熱くなりましょう!w

拍手する

モンツァ開幕

スパの奇跡から早2週間、とうとうモンツァ開幕ですね。
んー何だか雑音ばかりで夢から覚まされた、という感じ。。

もし噂されてるようなシナリオがキミに迫っているのならやるせないです。
「関係者から話は聞いてる」的な記事を読むと心が痛むよ。
続投にしても打ち切りにしても、態度を明確にしないフェラーリにだんだん苛立ってきたぞ。
あー短気な僕。どうしたらいいんでしょうw

そんなこんなで開幕しましたモンツァ。
ライコネンいきなりフィジコに負けてらwwww 
って感じのお祭り必至なフリー1でしたが、「たかが初日で騒ぐな」、と。
何ならフリー2、3、予選もお譲りします。
決勝さえよければよし。文句あっか。

ま、冗談はおいといて、密かに期待してるんです、今回も。
去就は気になるけど好調なキミが見れてるここ数戦は幸せなんだ。

いっとけキミ。モンツァでもいってしまえ。


※アンケート結果が見られるようになりました^^
フェラーリ残留の声が多数ですね。もちろんそれがベストだと思います。。
そしてマクラーレン復帰・・・移るならココ!って感じですな。うぅ見たいw
でもメルセデスの動向次第ではかな~りチームの将来に不安が・・・うーむ。

なるようにしかならんですな。なるようにしか。
あー早く知りたいような知りたくないようなw

拍手する

この動画ヤバイwww



コレやばい。。鳥肌立ちまくりっス。。
現地へ行けなかった者としては雰囲気を感じ取れる最高のアイテムです。
皆この瞬間を待ちわびてたんだなぁ。。。涙出てくるぜ。。。
プーオンの客ありがとう!

まぁ・・・ぶっちゃけ違法動画なんですけどwww

削除される前にリピートしまくるぞ^^;




もう何度も観まくったシーンですが、改めてキミのドライビングが神過ぎますw
簡単に「KERSのおかげ」とか言ってくれてる人もいますが、あのオー・ルージュからラディオンにおける縁石の使い方は命知らずもいいトコですよ。
フィジコと比べてタイヤ1個半くらい攻めてる(アンダーと戦ってる)のがよく判ります。

KERSがあるからといって、前車との間隔にビビッてアクセル開けたら意味がない。
限界まで張り付いて確実に獲物をし止める・・・!
キミの度胸とドライビングスキル、そしてKERSが融合して実現したオーバーテイクなのだ。

と、たっぷり余韻に浸ってる最中ですが、そろそろモンツァが気になり始めましたw
KERSは効果的みたいだけど、(相変わらず)縁石越えが苦手な雰囲気のフェラーリ。。

うーん、それでもやっぱ表彰台は期待しちゃうなぁ。
何が起こるかなんて始まってみないと分かんないしね。
今のキミは本当に好調なので応援する側も強気になれますw

拍手する
2009/09/06(日) 08:35
カテゴリ:キミ・ライコネン トラバ(0)

フィジコが来ることに

モンツァ以降のキミのチームメイトはフィジコに決定です。
ルノー離脱後は引退寸前まで追い込まれたというのにこの展開・・・運命ってヤツですか?
陰口叩かれながらもフォースインディアに地を求めて正解だった、というわけか。。

来年以降はテストドライバーとしての“長期契約”が用意されているとみられており、バドエルさんは・・・気の毒ですがこれが勝負の世界、F1の世界ってヤツです。。
きっと後悔などしてないはず。フェラーリでレースに参加したのだから。

何だか微妙に新鮮なキミ&フィジコ。
こりゃモンツァ注目だわ。。

20090904-ferrari_fisichella_01.jpg

うーん嬉しそうw

拍手する
2009/09/03(木) 06:50
カテゴリ:F1 トラバ(0)
[タグ未指定]

10点満点いただきました☆

「本当に勝ったんだなぁ」

F1ニュースや皆さんから頂いた沢山のコメントを読んではシミジミと勝利の余韻に浸っております。。何しろ1年4ヶ月待たされたのですから。どんだけ酔いしれても構わないでしょ^^

レースはホント素晴らしい内容でしたね。
スタート直後の爆走。
ラ・ソースのエスケープゾーンはキミ専用ラインなのだ。(昔はナイジェル・マンセル)
KERSでヤルノとニックをドーン!ついでにクビサもドーン!!
でも勢い余ってコース外れてドーン!・・・と追突された時は心臓止まるかと;;
アレよく最小ダメージで済んだなぁ。。クビサのパーツが少し吹っ飛んでたけど。。

富士子(←ミス入力だけどイイ感じなのでこのままw)をパスして↑↑気分最高潮↑↑
・・・・と同時に「昨年のデジャブ」ではないかと勘ぐる自分。かなり病んでますw

なぜか速い富士子。我慢のキミ。
1回目・・・同時ピットイン。2回目・・・これまた同時。
緊張の中、フェラーリスタッフ頑張りました。ミスなく完璧。
いつも文句書いてゴメン、ってどさくさに謝罪してみるw

まさかのドッグファイトとなったレースでしたが、最後までミスせず完璧な集中力でした。
何度も強調してますが今年のキミかなりいいです。マッサが居なくなってから更に。
マシンが最速じゃなくても乗れてるキミが観れればこの上ない幸せなのだ。

次はモンツァ。キミ曰く「厳しい」みたいですが嫌がおうにも期待してしまいます。
だってこんな素晴らしいレースの後ですから^^


※ガセ・・・いやガゼッタの採点きたど。10点!
「この点数は当然。しかし4点をつけたくなったり、もしくはクビにしたくなったりもする。なぜなら、昨日のように、そして過去何度もそうだったように、あそこまで偉大であると、やる気がなく精彩も欠いたレースは何だったのかと首を傾げたくなるからだ。さらに、再スタートでKERS(運動エネルギー回生システム)を活かせたのも事実だが、オー・ルージュを全開で駆け抜け、ラディオンで仕掛けるというのは、どのドライバーにもできることではない。こうした動きには繊細なドライビング、何よりもここ一発の勇気が必要だ。それにしても、もしライコネンがいつも昨日のようであれば、すでに何度もタイトルを獲っていただろう…… しかし、いつもそうではないのだ。シーズン終了までの間に、あの状態をあと2、3回見ることができたらすばらしい。冷淡で無関心に見える彼だが、おそらく、コンペティティブなチームメイトのプレッシャーを感じない方がいいのだろう。それとも、批判が効くのか、救世主的な立場がいいのか。まあいずれにせよ、2007年にタイトルを獲ったドライバーが復活した」

所どころで酷評してるのが引っかかりますが・・・一応褒められてます^^;
やる気はあるんだってw

拍手する
2009/09/02(水) 01:30
カテゴリ:F1観戦記 2009 トラバ(0)
[タグ未指定]

| ホーム |
Page Top↑

Recent Entries

Categories

Profile

ライコネン主観のF1好き

Author:管理人 山田
Mail Form
プロフィール

Archives

Search This Site

Google

  • F1観戦記

Yahoo! JAPAN

  • F1観戦記

Unique User

Page View

List me

  • 「F1観戦記-キミ・ライコネン主観のF1好き」のRSS
  • にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ
  • F1観戦記-キミ・ライコネン主観のF1好き QRコード
  • Google chrome

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。