Top Page > 2009年11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
--/--/--(--) --:--
カテゴリ:スポンサー広告
[タグ未指定]

評価は人それぞれ

F1通信さんで面白い翻訳記事がありました。

過大評価されているF1ドライバー・トップ10 (thestar.com)

何を基に選定されたのか全くもって理解不能でありますが、人によって評価は様々で、自由に楽しんでいるんだなぁ、と興味深く拝見させていただきました。
もし僕がこのランキングを考えるなら全く別物の内容になるだろうし、そもそも過大だろうと過小だろうと皆が同一条件であるわけないんだから正解などないんですよね。

たとえば8位のニック。
優勝経験がなく地味で華がなくて髭だけはある男だけど、堅実で安定感のあるパフォーマンスはむしろ「過小評価」されてるんじゃないか、と僕は思う。
実際、年間ポイントでチームメイトより劣ったのは10年間で2回だけ。
キミが現れなければこの男の運命は変わっていたのでは?

たとえば7位のフィジコ。
今でこそアレな男だけどデビュー当時は速かった。
2年目にジョーダンで「あっ」といわせる走りを魅せたのは忘れない。
フェラーリが彼をリザーブに欲しがったのも全く意外ではないと思う。
実績・経験とも現テストドライバーより優れているのでは?

たとえば1位のチェザリス。
「過大」も何もないだろw
チョイスそのものに疑問ww


と、簡単にみても人によって見方は様々。面白いです。
・・・面白いけれど、もし自分が贔屓してるドライバーがランクインしてたらやっぱ気分悪いので、この種の内容は真似しないよう気をつけたいと思いますw
それと「共感」と「強要」も履き違えないようにしなくては、ね。

まあ10位にランクインした「元:美青年→現:眼鏡おじさん」なカナダ人に関してはなかなか的を得た内容だと思うけどw (期待してたのになぁ、ホント。。)


※拍手・コメントありがとうございます^^

>>norick17さん
ホント厳しいです。。WRCをフルで観れる環境を構築するのもまた厳しい。。F1で観れるのなら何処でも・・・いや、メルセデスならむしろ大万歳だと思うのですが、ファンにとっては。。

>>棟居さん
キミの居ないF1はどんな光景なのか・・・もう忘れてしまいましたw たしかに昔は「F1」そのものを楽しめてましたね。今も変わらず楽しめるのか、ある意味来年は興味深い年となるかもしれません;;
そうですね、このままフェードアウトだけは勘弁してもらいたいです;;; ただ本人やる気満々ですので他の魅力に負けなければ必ずF1復帰へ動くと思います。願わくば来年メルセデスで走ってくれるのがベストなんですけど。「間違いなくサプライズ」だとか「ドライバーには秘密を守ってもらってる」だとか、ハウグさんの言葉に微かな期待を抱いてるのですが・・・・うーん。。

>>kimi loveさん
ハウグさんが「サプライズ」を強調してるからニックはなさそうな・・・マスコミ間では本命みたいだけど。ミハエルは単なる話題づくりだとして、クビサの名前がかなりクローズアップされてきてますね。「クリスマスまでに発表」というのもルノーの体制発表の時期と重なりますし・・・。キミという選択肢は十分考えられると思うのですが、いかんせん本人が;; ブレブレでも構わないwので今すぐハウグさんに電話してもらいたいものです。
マクラーレンとの交渉内容は明確にされてませんよね。全てが憶測でしかないのですが、やはり「チーム・ルイス」と化した現在のマクラーレンにはキミの居場所はなかったのかもしれません。蜜月を知るファンにとっては悲しい決裂ですね。それだけに一層「真のシルバーアロー」で走るキミが観たい!というのが本音であります。

>>rokuさん
じつは僕もF1を楽しむ目処が立ってませんw 困ったもんですね、これほどまでキミに依存していたとは;; 本人はああ言ってますがシートに空きがある以上は、しつこく祈り続けることにします。何が起きるかなんてわかりませんしね。お粗末な内容ばかりですがこちらこそよろしくお願いします^^

>>ceremonyさん
1年は短いようで長いです。過去を振り返ってもブランク明けは苦戦してるドライバー多いですし、できることなら走り続けてもらいたいです。それにラリーを観るのは大変そうですw

>>dosdosさん
復帰濃厚かと思っていただけにマクラーレンとの決裂は本当に残念でした。ただどんな状況でもキミはキミだろうから、期待して何らかの行動を待ちたいと思います。

>>隊長さん
いやいや「チーム・ラテン」は面白そうじゃないですかw まあ「喧嘩するほど仲がいい」と言いますので結構うまくいくんじゃないでしょうか、あの二人(本当か?w)。マッサの速さにアロンソが焦るのが先か、アロンソのしたたかさにマッサがうろたえるのが先か。少なくとも「チーム・イギリス」より全然面白いと思います。キミとルイスだったら負けないくらい「カオス」だったろうにな。良いのか悪いのかわからんけどw

>>sizuccaさん
僕もまだ心の整理がつかないでいます。何しろ本人が否定してるというのに未だメルセデス加入は十分あると思ってるくらいですから;; 来年キミが居ないとなると寂しくなると思います。開幕戦が始まるまでは実感わかないだろうなぁ。。とにかくどんな可能性でも前向きに捉えていくしかないっす、ええ^^

>>katomanzさん
つれないですね、キミさんつれないです。。ファンとしては「不器用に」ハウグとの「秘密」を守ってるものだと妄想したい心境であります。こちらこそ末永くよろしくお願いします^^

>>luciferさん
いやホントに。メルセデスのシートが決まるまでは本人が何と言おうとも休養なんて認められないです(おいおいw)。新たにF1の楽しみ方を模索するのも悪くないですが、キミさんはまだ30歳。まだまだ彼のF1を堪能していたいです。

拍手する
スポンサーサイト
2009/11/28(土) 08:01
カテゴリ:F1 トラバ(0)

キミって頑固

・・・って書くと表現悪いけどその通りだしw

マクラーレンが駄目ならメルセデスでいいじゃん!
・・・というファンの心知ってか知らずか、早速の「休養宣言」。
ああ、まったくもうw

人間追い込まれると決断に「ブレ」が生じうるものですが、この男は「まったく」です。
妥協を嫌う性格はどの境地でも一緒なんですな。
(もっとも彼自身「追い込まれた」など感じてない気がするけどw)

ハウグさんがキミを熱望してるとか気持ちの上がる情報もありますが、来年のメルセデスが「勝てるマシン」を用意できるのか疑問が残る以上は厳しいだろうなぁ。。
長い目でメルセデスという選択肢は悪くないと思うんだけど・・・この人、今すぐ勝ちたいしw

あーあ、どうしようもない欲張りだ。まったく、まったく。


※拍手・コメントありがとうございます。

正直いうとまだ「キミが居なくなる」という実感が沸かないでいます。
心のどこかで「何かしてくれるだろ」と楽観視してる自分がいるという感じで・・・
来年F1に居なくてもキミはキミのままで何かと楽しませてくれそうな気がします。
うーん上手く表現できないw

次回の更新でちゃんとお返事しますのでよろしくお願いします^^

拍手する

キミ・ライコネン2010年F1休養

キミさんのマネージャーが2010年F1休養を公言しました。
残念です。少なくとも来年はF1で走るキミが観られないということに。
ただ「引退」ではなくあくまで「休養」なので、復帰を心待ちにしております。

さて来年はどうするものやら。
早くもレッドブルとの繋がりでラリー参戦、再来年はF1復帰などと言われてますが、しばらくは噂話に踊らされないよう心穏やかに(w)見守りたいです。
ハッキネンのようにそのままフェードアウトだけは寂しいからやめてほしいな。。

そして私事ですが、ブログを書き始めた頃にはキミ・ライコネンという男がF1に居たわけで、いつの間にやらF1よりも彼を主観にレースを観るようになってました。
来年はF1というものを純粋に見つめ直し、楽しむチャンスであるのではないかと思ってます。ブログの趣旨は大きく変わるかもしれませんが、自分なりに楽しんでみます。

・・・妙に穏やかな気持ちです。
淡々と文章を打ち込んでる自分にビックリしてます。

今までが色々ありすぎて逆にすっきりしたような・・・
これからだんだんと実感沸いてくるんだろうな。キミが居ないという実感が。

でも大丈夫。再来年にはきっと戻ってくる。
これは「前向きな」休養なのだ。
だから「前向きに」その時を待つことにするのだ。

拍手する

メルセデスGP誕生

この「メルセデスGP」誕生がダメ押しなのか。
キミさんの置かれる状況は厳しくなる一方みたいです。。

バトン残留が限りなくゼロに等しくなった今、気の早い地元マスコミは「バトンが3年契約(600万ポンド/年)でマクラーレン移籍に同意した」と報じております。
具体的な数字が出た噂は得てして真実である確率が高いわけでありますが、正式発表がされるまで希望は持ち続けたいと思ってます。諦めてたまるか。

※拍手・コメントありがとうございます。

>>kimi loveさん
エコや不況の煽りを喰らったとはいえ、軒並み日本メーカーが撤退するのは寂しいですね。F1は特別な存在ではないということでしょうか。もっとも自動車販売を意識していてはF1活動は出来ないでしょうけど。「遊び心」がないと、「遊び心」が。
キミ厳しいですね・・・まさかこんな展開になるとは思ってもいませんでした。メルセデスGP誕生のタイミングは最悪ですな。。こうなったらバトン相手(ボーダフォン&「カーナンバー1」相手)のマクラーレンよりも、ニック相手のメルセデスGPの方が確率高いかもしれませんね、確かに。僕もハウグの「サプライズ」発言が希望の光に思えてきました。
バトンはまあ・・・残留でも移籍でも「泣く」ことに変わりないかと。マクラーレンにとってもルイスにとっても「良い選択」だろうし。大人しく残留してればよかったものを・・・。とにかくキミさんは正式発表までは諦めないで待ってみましょう。何が起きるかなんてわからんですよ。

>>隊長さん
ああ、やっぱり読まれていたのですね(汗) キミを贔屓するあまりフェラーリ批判を展開したこと数十回・・・w いやはや、熱くなってるときはかなり理性失われてるので、お恥ずかしい;; でも今後はフェラーリに触れることも殆どないかと。スペインでおこなわれたフェラーリ・ワールド・ファイナルズの模様なんてチェックしてませんよ。アロンソのく○ダサい服装なんて見てませんし、会長の寝ぼけた的外れなコメントなど読んでませんから。

>>ceさん
当時ベネトンはティレル同様「JT」がメインスポンサーに付いてただけに、亜久里さんの時よりも障害は少ないと思っていたのですが・・・見てみたかったです。

>>jironekoさん
F1の大きな楽しみを失うことになりますよね。何とか良い方向に向かってほしいです。

>>棟居さん
速かっただけに心許ない信頼性が恨めしかったですよね。とくにあのドイツGPは最後まで走らせてあげたかったです。現役最後の年にミナルディでトゥルーリと一緒だったんですよね。マシンは遅かったけれど存在感のあるコンビでした。懐かしい。

>>GOママさん
世間的にどうかわかりませんが、マッサのようなタイプ(顔ではなくw)は苦手です(笑) キミさんクラスのドライバーなら衝突しててもおかしくない言動多々ありましたね。チームの輪という面においてもキミさんの存在は大きかったかと思います。
僕もアロンソと同時期に決められなかったのが今に響いているのかな、と。時間が経って状況が色々と変わってきてしまいました。ただ、妥協してF1に残る選択肢はキミさんには無いハズなので、もし残れなかったとしても彼の意思として尊重したいです。もちろんまだまだ観たいけど・・・・

>>norick17 さん
バトンはマクラーレン濃厚ですな。チーム側もまさかバトンが市場に出るとは思ってなかっただろうし、イギリスのチームですから致し方ないのかも。実現すればバトンの真価が問われますね。ルイスは笑いが止まらんだろうなぁw

>>キミさん
たしかにニックは過小評価されてる一人ですが今回ばかりは「登場すんな」という感じですw マクラーレンが「チーム・イギリス」、メルセデスが「チーム・ドイツ」でいくとすればキミさん厳しい。。。

拍手する

ファクトリー訪問

先週11日にキミさんのマネージャーがマクラーレンのファクトリーを訪れたそうで、「やれやれ、やっと決まるか」なんて一息ついたのに、今度はバトンがマネージャー同伴で訪れたそうで・・・やっぱ、そう一筋縄ではいかなそうです。心労募るばかり、てか。

客観的に・・・あくまで客観的にみるとキミさん分が悪いぞ、と。
もちろんキミさんが腕で劣るなんて思ってないし、あり得ない。
ただバトンはサラリーが安く、イギリス人、現役チャンピオンときてる。
マクラーレンにとって魅力的な選択肢であることは疑う余地もない。
ルイスにとっても怖いのはキミの方だろうし・・・

もっとも、バトンが本気でルイスと戦う気でいるとは(彼の性格上)考え難いし、あくまで第一希望はブラウン残留でのサラリーアップかと。今回の訪問は彼らなりの駆け引きだと思いたい。ブラウンさんよ、ちょっとは奮発してあげなさいなw

やっぱ一番のネックはキミ側の条件なんだろうな。。
ラリー参加やスポンサー活動とかはマクラーレン側も譲歩し難いだろうし。
バトンと比べるとどうしても条件面で分が悪い。。
あまり強硬な態度で足元すくわれなければいいけど・・・うーん心配。

どう折り合いがつくのか想像もできませんが、とりあえずは早くキミさんの競合相手が他チームで決まっていくことを祈るのみです。あまりにも空席が多すぎて何が起きるかさっぱり分からんぞw

※拍手・コメントありがとうございます。また近いうちに必ずお返事します^^

拍手する

思い出のF1 -ティレル・ヤマハ022(1994年)

久しぶりに「思い出シリーズ」でも書いてみる。
かなり自己満足な記事だけどオフシーズンだから何でもアリっす、ええ。

今回はティレル022(1994年)。
片山右京(カミカゼ・ウキョウw)と共に活躍したマシンです。

ティレル022

デザイン担当:ハーベイ・ポストレスウエイト、空力担当:ジャン・クロード・ミジョー。
アンヘドラルウイング(ハイノーズの元祖)で一世を風靡したティレル019(ジャン・アレジ、中嶋悟-1990年)の生みの親であるこの2人が、再度手を組んで登場したのがティレル022。

前々年、前年にポストレスウエイト自身が手掛けた作品(ザウバーC12、フェラーリF93A)同様、コンサバなデザインながら操縦性に重点を置いたバランスの良いマシンでした。
この年は深刻な事故が相次いだ影響で、シーズン中ながら大幅な規格変更がなされたわけですが、ティレル022が戦闘力を削ぐことなくシーズンを戦えたのも基本設計の良さのおかげかと。

エンジンは日本のヤマハV10(OX10B 3.5L)。
ジャッドエンジンをベースに開発されたOX10の進化型ですが、そもそもジャッドは「パワー不足、よく壊れる」といった負のイメージしかないエンジンだっただけに、ヤマハは相当開発を頑張ったんじゃないかと思います。
心許ないパワーを補うため信頼性を犠牲にした感もありましたが・・・

メインスポンサーに「JT」を迎え、ドライバー・エンジン・スポンサーと日本絡みであったティレル022は、3位表彰台を含む入賞6回を記録。
片山右京は表彰台こそ実現しなかったものの(決勝最高5位)、僚友マーク・ブランデル(翌年マクラーレンへ移籍)に予選で勝ち越し(予選最高5位)、ドイツGPではリタイヤするまで3位走行するなど速さを存分に発揮。トラブルに足を引っ張られなければ・・・という惜しい内容続きでした。

フラビオ・ブリアトーレからの有名なオファー話はちょうどこの頃。
もし右京が「ミハエル・シューマッハの僚友」としてベネトンへ行ってたら・・・
これは永遠の“if”としてこれからもずっと心に残るんでしょうな。

拍手する

日本からF1が消えていく

トヨタF1撤退ですね。

「考えてはいるだろうな」と思ってましたがまさかのこのタイミング。
お偉いさん方にはすこぶるウケがよろしくないようで。
今の時代、F1が創り出す「夢やロマン」は大した影響力を生み出せないらしい。悲しいかな。

ファンはがっかりですね。
純粋に小林可夢偉が乗るトヨタを応援しようという人は多かったと思います。

不景気とはいえ巨人トヨタ。お金がなかったわけじゃないはず。いろんな意味で残念です。
アレだけの規模を誇りながら得たもの・与えたものが余りにも割りに合わないF1活動だったな。

そしてブリヂストンまで撤退。後続に名乗り出る大手メーカーは皆無。
F1というブランド力に陰りがみえてきてるのでは?
韓国のクムホ?「おいおい」って感じです。

フジテレビの契約も心配。
地上波・CS共に観られなくなったらそれこそ日本のF1文化は完全に絶たれてしまうぞ・・・


※拍手・コメントありがとうございます。

>>ceremonyさん
まだ発表されませんね。確実に寿命が縮んでおりますw 「キミが望む形」が契約締結の高いハードルになってるみたいですね;;

>>棟居さん
ピットアウトで誰かが「やらかすか」と密かに期待してましたが何も起きませんでしたw 可夢偉のような日本人が出てきてもトヨタ上層部には何も響くモノはなかったみたいですね。数字・結果が全てといえばそれまでですが寂しい限りです。

>>隊長さん
山科氏の「無念の涙」、現場と上層部の「温度差」を感じました。トヨタだけではなく、どの自動車メーカーもF1に対する風当たりが強くなってますね。プチティフォシですかw 散々フェラーリの悪口書いてるのでティフォシの皆さんからは総スカン喰らってると思ってただけに嬉しい驚きです^^ こちらこそありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

>>kimi loveさん
本当に「お疲れ様でした」な一年でしたね。後半戦が輝いてただけに何とも寂しい最終戦でした。。ブエミが目前だったのが何とも不吉でしたが、まさにその通りとなりましたね。その間隙を縫って可夢偉に行かれたのが全てかと。幅寄せする奴は皆ろくでもないな、まったく。マクラーレン移籍はキミ次第なのかも。お互いどの辺りまで譲歩できるか。お金よりもラリーやスポンサー活動の条件が困難なものにしてそうです。早く朗報が聞きたいですね!

>>norick17さん
韓国のクムホが名乗りを挙げてるみたいですがF1にふさわしいメーカーとは思えません。単なる宣伝なのか?かといって、かつて参戦してたメーカーは皆否定してるし・・・。ダンロップやヨコハマもどうなんでしょうね。今年のキミさんは良かったですよね。前半戦はちょっとアレでしたが、後半戦はまさに神でした。ベルギーは永久保存版として神棚へ・・・

>>hitomiさん
ありがとうございます^^来年もF1に残り、今年そして去年の鬱憤を晴らしてもらいたいです。その時は来年こそ鈴鹿へ行こうと思います。

拍手する

応援お疲れさまでした

小林可夢偉はいいレースしたなぁ。
こういうのをキミさんに期待してたのだがw
まあ、上手くいかない時はこんなもんでしょうか。
チームとの別れ方がアレなら、その最終戦もアレな内容だったのが何とも残念無念。

とにかく、これでフェラーリとお別れ。
この3年間は本当にハラハラドキドキ、イライラプンプンだったなぁ。。
様々な想いがあって一言で「良い」「悪い」とは書けないけど、

「思い出をありがとう」

と、感謝と皮肉wを込めて、自分もフェラーリとお別れです。

さあ・・・山場はこれからだぞ。
マクラーレン・・・マクラーレンの発表がもう間もなく・・・・

来年もF1にキミさんが居てほしい。
こんなレースが「キミ・ライコネンのF1ラストラン」になってしまったら寂し過ぎるんだ。

拍手する

F1アブダビGP予選

やたら夕陽が気になるヤス・アリーナ。
キミさんのフェラーリ生活も残すところあと1日となりました。

もう書くまでもなくF60は遅いです。
グリップ不足で踏ん張れないマシン、観てて息苦しくなるほどのもどかしさ。

こんなマシンで「有終の美」などキレイ事もいい加減にしろ
・・・・と、画面に映るルカ会長に一喝してしまった自分、ああ虚しいw

とにかく予選11位はある意味ナイスだった、かと。
奇数側、搭載燃料・・・うむ、悪くない。
アクシデントさえなきゃ8コーナー辺りでポン、ポ~ン♪といけそうな気がするぞ。

今年は最後まで謙虚にポイント獲得を期待。
55周しっかり走りきって、その紅い勇姿を目に焼きつけさせてもらいたいです。

拍手する

| ホーム |
Page Top↑

Recent Entries

Categories

Profile

ライコネン主観のF1好き

Author:管理人 山田
Mail Form
プロフィール

Archives

Search This Site

Google

  • F1観戦記

Yahoo! JAPAN

  • F1観戦記

Unique User

Page View

List me

  • 「F1観戦記-キミ・ライコネン主観のF1好き」のRSS
  • にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ
  • F1観戦記-キミ・ライコネン主観のF1好き QRコード
  • Google chrome

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。