Top Page > スポンサー広告 > ルイスの25秒ペナルティについてTop Page > F1 > ルイスの25秒ペナルティについて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
--/--/--(--) --:--
カテゴリ:スポンサー広告
[タグ未指定]

ルイスの25秒ペナルティについて

一応 F1観戦記 なので今回最大の出来事(あくまで一般的に、という意味。僕にとっては二の次、三の次)であったであろう 『ルイス25秒ペナルティ』 について触れたいと思います。
ご存知の通りですが簡潔に状況をまとめると・・・

・バスストップシケインでキミを追い抜こうとしたルイスが行き場を失いシケインをカット。
・勢い余って前へ出ちゃったもんで 「こりゃ下がるべぇ」 とちょろっとアクセルを戻し一旦キミを前へ。
・で、すぐさま余力十分でスリップに付き再びキミの前へ。じつにあっさりと。


うん、何度みてもこの行為自体はフェアではなかったように映ります。
まずバスストップでの攻防。キミは苦しいながらもしっかりインをキープしてるし、ルイスは“並びかけた程度”に過ぎません。クロスラインして行き場がなくなるなんて(F1程のレベルなら)当然のことで、他人のラインを潰す荒々しい手法など今回の鬼気迫ったキミには通用しません。むしろエスケープゾーンに感謝してほしいくらいです。
で、問題のホームストレート ~ ラ・ソース。確かにルイスは一旦ポジションを譲りました。が、わずか1,2秒足らずの間に再び抜き返すという光景は異様であり、違和感を覚えるのは致し方ないことだと思うのです(彼のファンを除く)。普通に進入してきたらあっさり抜けるようなポイントではないということでシケインカットの恩恵は十分だったと判断されても不思議ではありません。あれだけ雨に強いマシンを手にしているわけだから落ち着いて仕掛けるべきでしたね。やはりルイス若いです。まだまだ青い。
と、ここまで一方的に“ペナルティ支持”みたいな文を書きましたが、そもそもこの「ショートカットして得しちゃ駄目よ。譲ってちょ」という決め事自体が不透明、曖昧過ぎるのでは? 結局は“人がみた印象”で決まっている気がします。そうなると俄然台頭してくるのが政治力を持つ組織なわけで(明記は避けますw)、毎年のように繰り返される不可解な判定、ファンを無視した“会議室でのF1”を生み出してしまってるように思うのです。どの程度譲ればOKなのか、例えば 「次のセクターまでに2車身(または2秒)離れなさいよ」 などと分かり易くするべきです。考えてみればショートカットは立派な“ズル”ですからね。アドバンテージなどあってはならない。最近のエスケープゾーンは舗装されすぎなんだよ^^;
もっとクリアに、もっとファンを大切に。分かり易く、熱いスポーツであってほしいと願っております。
【関連記事】 L.ハミルトンのペナルティに各方面から批判の声

【Youtube動画】

Kimi Raikkonen Vs Lewis Hamilton - F1 Spa 2008

※いつも沢山の拍手、コメントありがとうございます。皆キミが大好きなんですね。嬉しいです。こんな苦しい時でも見放さないで温かく応援してくれるファンを持つキミはやっぱりカリスマです。F1の宝です。表彰台の頂上からは随分遠ざかっていますが、近いうちに必ず豪快なラッパ飲み、そして眠たそうな勝利コメントを聞けると信じて応援しましょう^^

拍手する

| ホーム |
Page Top↑

Recent Entries

Categories

Profile

ライコネン主観のF1好き

Author:管理人 山田
Mail Form
プロフィール

Archives

Search This Site

Google

  • F1観戦記

Yahoo! JAPAN

  • F1観戦記

Unique User

Page View

List me

  • 「F1観戦記-キミ・ライコネン主観のF1好き」のRSS
  • にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ
  • F1観戦記-キミ・ライコネン主観のF1好き QRコード
  • Google chrome

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。