Top Page > スポンサー広告 > 理想と現実Top Page > F1 > 理想と現実

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
--/--/--(--) --:--
カテゴリ:スポンサー広告
[タグ未指定]

理想と現実

スタンダード・エンジンは 『コスワース』 に決定したそうです。
各チームは3つの選択肢(1.コスワースからエンジン購入 2.コスワース仕様のエンジン製造 3.現在と全く同じ自社エンジン※コスワースを基準としなくてはならない) の中から選ぶことになるみたいです。
フェラーリやBMWといったチームが他社のエンジンを積むような自体にはならずに済みそうだとはいえ、やっぱり微妙なシステムに思います。本当に実現するのか、動向に注目してみます。

しかしもう 「かなり厳しい」 ところまでキテますね。
F1とコスト削減は 「共存できない」 と個人的には思います。(当然 「エコ」 も)
このようなコスト削減策でチームが存続できたとしても、そこに「夢」や「技術力の極み」といったF1本来の醍醐味は全く存在しません。そもそも大半がスタンダード化されてしまうのならコンストラクターとして参戦する意味がない。単なるドライバーズ選手権です。いっそ潔くA1グランプリのような1メイク体制にしてしまった方がいいんじゃないかな。
・・・だからといって、自由競争で湯水のごとく開発費をつぎ込む、などこのご時勢に出来るはずもなく、僕のような 「夢」 だの 「極み」 だのは結局たわ言に過ぎないのです。ええ、分かってますとも。
だから作る側も、観る側もジレンマを感じつつ 「妥協」 してきたのです。
でもそれもホント 「かなり厳しい」 ところまでキテます。折合いが極めて難しくなってる。

「そんなコスト削減したかったらKERSなんて導入しなきゃいいんじゃないの?」

この疑問おかしいですか?
だってコレ開発しなくて済めば相当なコスト削減でしょ。何かおかしいかな?
先日撤退したホンダが率先して開発していただけに尚更そう思うのですが。
散々オイルばら撒いて 「エコ」 だなんて・・・イメージ戦略にも無理があるぞ。。
どうもこうも矛盾を感じずにはいられません。

でもこれは僕個人の意見であり、人それぞれ感じ方は異なるでしょう。
いっそ何も考えず、素直にF1を受け入れてみるのも 「アリ」 なのかもしれません。
F1が時代と対峙し、理想の姿を模索し続けているように、観る側である僕も変わっていかなくてはいけないのかな~、なんて思ってみたりする12月の深夜であります。
現実って厳しいなぁ。。

拍手する

| ホーム |
Page Top↑

Recent Entries

Categories

Profile

ライコネン主観のF1好き

Author:管理人 山田
Mail Form
プロフィール

Archives

Search This Site

Google

  • F1観戦記

Yahoo! JAPAN

  • F1観戦記

Unique User

Page View

List me

  • 「F1観戦記-キミ・ライコネン主観のF1好き」のRSS
  • にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ
  • F1観戦記-キミ・ライコネン主観のF1好き QRコード
  • Google chrome

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。