Top Page > スポンサー広告 > レッドブルRB5Top Page > F1 > レッドブルRB5

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
--/--/--(--) --:--
カテゴリ:スポンサー広告
[タグ未指定]

レッドブルRB5

レッドブルRB5 -01

いやはや・・・驚いた。。
これだけ目を丸くして今年のマシンをみたのはフェラーリF60とこのレッドブルだけです。
もっともフェラーリの場合はキミさんの “仕事道具” という意味合いで関心強かったわけですが、このマシンに関しては今年味わうことはないだろうと諦めていた「ワクワク感」を与えてくれてます。

レッドブルRB5 -02
レッドブルRB5 -03
レッドブルRB5 -04

空力に一切の妥協を許さないニューウェイならではの作品。
厳しくなった規約の中でも「まだまだ出来るじゃないか」という強烈なメッセージを放っております。

複雑な処理を施したフロント・ウィングなどはフェラーリF60のそれが 『何かの冗談』 に思えてしまうほど先進的で野心的です。(もっともフェラーリのマシンは開幕までに「劇的な変貌」を遂げると信じて疑いませんが。)
まるでホーンウィングを取り付けてあるかのような ノーズ上部や、美しいながらも過激に絞り込まれたリヤ・エンドなども彼が“空力の鬼”とされる所以を如何なく発揮してます。
レギュレーションに引っ掛かろうが、ドライバーが乗り難かろうが、更に言えばぶっ壊れやすかろうが、彼にとって空力最優先なのです。
これだけエアロ衰退が叫ばれる中 「よくぞやってくれた!」 という思いであります。
これがF1なんだよ。どんな条件でも常に究極を目指すのがF1なの。
最後の最後でとっても楽しみなマシンに出会えたことを嬉しく思います^^

でも、このマシン・・・速かろうが遅かろうが相当“癖”がありそうですね。。
マクラーレン、いや既にレイトンハウスの頃からナーバスなマシン作りは定番でしたから;;
それを上手く乗りこなすには繊細なドライビングが求められるのです。そう、キミ・ライコネンさんのような、ねw (ほんとにキミと 『ニューウェイ作品』 との相性は良かったなぁ。。)
まあ、心配しなくてもベッテル君なら存分にポテンシャルを引き出してくれるだろうけど、心配なのはマークだな。冷凍庫に入ってる場合じゃないぞっww

で、ず~っと引っかかってたのです。
こんな先進的かつ大胆なニューウェイ作品が何年か前にあったよなぁ~、って。。
・・・思い出しました、HPリニューアル作業中に。

マクラーレンMP4-18

おーい、クラッシュテストは大丈夫なのか~~?
ちゃんとデビューしてくれよ~w

レッドブルRB5 -05

何かとハイノーズが注目されがちですが、圧巻なのはこの徹底された低重心。
掲げたコンセプトをとことん貫き通すニューウェイらしいデザインですね。見ていて本当に楽しい。

拍手する

今日一番読まれているF1ブログは
最近のF1に関するブログを見ていると、皆さん非常に関心があるんだなぁって感じま... F1[2009/02/11 02:48]
| ホーム |
Page Top↑

Recent Entries

Categories

Profile

ライコネン主観のF1好き

Author:管理人 山田
Mail Form
プロフィール

Archives

Search This Site

Google

  • F1観戦記

Yahoo! JAPAN

  • F1観戦記

Unique User

Page View

List me

  • 「F1観戦記-キミ・ライコネン主観のF1好き」のRSS
  • にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ
  • F1観戦記-キミ・ライコネン主観のF1好き QRコード
  • Google chrome

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。