Top Page > スポンサー広告 > フェラーリF92ATop Page > F1 > フェラーリF92A

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
--/--/--(--) --:--
カテゴリ:スポンサー広告
[タグ未指定]

フェラーリF92A

散々な形で開幕2戦を終えたフェラーリ。巷では盛んに「1992年以来の不振」というフレーズが飛び交ってますが、なるほど・・・今そんな状況なのかぁ、と実感。
「1992年」といえば、個人的に“F1を最も熱心に観ていた時期”に当たるのわけで(思春期は何かと熱いw)、当時のフェラーリの“悲惨さ”はとても鮮明に記憶しております。

フェラーリF92A

1992年のフェラーリは『F92A』という名のマシンで戦ったわけで、『ツイン・アンダートレイ』と呼ばれる“2重フロア”に加え、戦闘機みたいなサイドポットは画期的でワクワクさせてくれるデザインでした。
ところがこれが何一つ良いところのない代物で“曲がらない・加速しない・ぶっ壊れる”のまさに三拍子。新開発パーツが多く信頼性に欠けたうえ、“2重フロア”というコンセプト自体がマシンの重心を高くしてしまい、とても扱い難いものとなっていたんです、ええ。

ま、当時の話を長々続けても仕方ないので、僕がここで伝えたいことは、
F60の方がまだ期待できるぞ、ということ。
いくらなんでも当時ほどマシンは酷くないと思う。成績はここまで互角だけど。(ちなみに1992年のフェラーリは第3戦でダブル入賞-4位・5位-してます。もし下回るようなことがあれば・・・お祭り必至です。。。)

相当フェラーリ内部も危機感を抱いたようで体制を変えてくるみたいですし中国からの巻き返し期待したいですね。テストが規制されてるとはいえアップデートも抜かりないハズですし。
アップデートといえば渦中のディフューザー問題。どうなるんでしょうね。シロ・クロはっきりさせてほしいものです。今さらリザルトが変更されるのも何だか腑に落ちないのでシロでいいんじゃないかな。
これからが本当の開幕なのだ。今週は、今週こそは笑うぞ!




1992年ドイツGPでのジャン・アレジ。栄光の27番が懐かしい。
マシンの挙動をみても、ラップタイムをみても状況が把握できるでしょう。

拍手する
2009/04/15(水) 01:30
カテゴリ:F1 トラバ(0)

| ホーム |
Page Top↑

Recent Entries

Categories

Profile

ライコネン主観のF1好き

Author:管理人 山田
Mail Form
プロフィール

Archives

Search This Site

Google

  • F1観戦記

Yahoo! JAPAN

  • F1観戦記

Unique User

Page View

List me

  • 「F1観戦記-キミ・ライコネン主観のF1好き」のRSS
  • にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ
  • F1観戦記-キミ・ライコネン主観のF1好き QRコード
  • Google chrome

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。