Top Page > スポンサー広告 > 思い出のF1 -ティレル・ヤマハ022(1994年)Top Page > 思い出のF1 > 思い出のF1 -ティレル・ヤマハ022(1994年)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
--/--/--(--) --:--
カテゴリ:スポンサー広告
[タグ未指定]

思い出のF1 -ティレル・ヤマハ022(1994年)

久しぶりに「思い出シリーズ」でも書いてみる。
かなり自己満足な記事だけどオフシーズンだから何でもアリっす、ええ。

今回はティレル022(1994年)。
片山右京(カミカゼ・ウキョウw)と共に活躍したマシンです。

ティレル022

デザイン担当:ハーベイ・ポストレスウエイト、空力担当:ジャン・クロード・ミジョー。
アンヘドラルウイング(ハイノーズの元祖)で一世を風靡したティレル019(ジャン・アレジ、中嶋悟-1990年)の生みの親であるこの2人が、再度手を組んで登場したのがティレル022。

前々年、前年にポストレスウエイト自身が手掛けた作品(ザウバーC12、フェラーリF93A)同様、コンサバなデザインながら操縦性に重点を置いたバランスの良いマシンでした。
この年は深刻な事故が相次いだ影響で、シーズン中ながら大幅な規格変更がなされたわけですが、ティレル022が戦闘力を削ぐことなくシーズンを戦えたのも基本設計の良さのおかげかと。

エンジンは日本のヤマハV10(OX10B 3.5L)。
ジャッドエンジンをベースに開発されたOX10の進化型ですが、そもそもジャッドは「パワー不足、よく壊れる」といった負のイメージしかないエンジンだっただけに、ヤマハは相当開発を頑張ったんじゃないかと思います。
心許ないパワーを補うため信頼性を犠牲にした感もありましたが・・・

メインスポンサーに「JT」を迎え、ドライバー・エンジン・スポンサーと日本絡みであったティレル022は、3位表彰台を含む入賞6回を記録。
片山右京は表彰台こそ実現しなかったものの(決勝最高5位)、僚友マーク・ブランデル(翌年マクラーレンへ移籍)に予選で勝ち越し(予選最高5位)、ドイツGPではリタイヤするまで3位走行するなど速さを存分に発揮。トラブルに足を引っ張られなければ・・・という惜しい内容続きでした。

フラビオ・ブリアトーレからの有名なオファー話はちょうどこの頃。
もし右京が「ミハエル・シューマッハの僚友」としてベネトンへ行ってたら・・・
これは永遠の“if”としてこれからもずっと心に残るんでしょうな。

拍手する

| ホーム |
Page Top↑

Recent Entries

Categories

Profile

ライコネン主観のF1好き

Author:管理人 山田
Mail Form
プロフィール

Archives

Search This Site

Google

  • F1観戦記

Yahoo! JAPAN

  • F1観戦記

Unique User

Page View

List me

  • 「F1観戦記-キミ・ライコネン主観のF1好き」のRSS
  • にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ
  • F1観戦記-キミ・ライコネン主観のF1好き QRコード
  • Google chrome

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。