Top Page > スポンサー広告 > ヴァージンVR-01Top Page > F1 > ヴァージンVR-01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
--/--/--(--) --:--
カテゴリ:スポンサー広告
[タグ未指定]

ヴァージンVR-01

レッドブルRB6と同じくらい個人的に関心があったヴァージンの新車。
風洞レスなデジタル設計(CFD)という大きなチャレンジは賞賛に値すると思います。
何度も書きますが、こうしたアプローチは大好きです。

ヴァージンVR-01

うむ、なんだろ・・・
数十年前の様式美ロックバンドのジャケット写真を思い起こさせるこのショットはw
3人共ちょっとオ○マっぽいからそう感じるのかな?
特にグロックなんて・・・おっと怒られるからもう止めておこうw

うむ・・・思ったより頑張ってトレンドを抑えてきた、という感じがします。
特にメルセデス風なサイドポットは見た目も美しく、鮮やかにアンダーカットやローバックダウンされてます。デジタル設計の成せる様式美というヤツでしょうか。人様のモノを盗ませたら最強だな。

今年の“お約束”と化してるレッドブル風な「Vノーズ」もちゃんと採用してます。
でもコレってあくまで整流が目的で、ちゃんとしたコンセプトがないと意味な・・・以下自粛

フロントウイングとディフューザーは余りにもシンプル過ぎて冗談としか思えません。
ショーカー用だとは思いますが、まさかこれで戦うつもりじゃないよね?
ただこれだけシンプルなデザインだとドラッグ(空気抵抗)に関しては非常に優秀な可能性もあるかもしれない。昨年のフォースインディアみたいなコースレイアウトによって大化け、とか。まあ彼らの場合、積んでるエンジンがメルセデスではなく心許ないコスワースですが;;

ギアボックスは真面目に独自開発ですか。
全長5,550mmとやたら長い点はこの辺りが関係してるのかな?
信頼性やら何やらこの部分が「アキレス腱」となる予感がします。

このマシンのデザイン担当はニック・ワース。
過去には「シムテック」、「晩年のベネトン」でF1マシンをデザインしてます。
成績は・・・以下自粛




こうしてゼロから作ったマシンが走る姿はなかなか感慨深いものです。
新規チームは何処もキナ臭い感があったけど、このヴァージンと9日発表のロータスは何とか開幕戦で観られそうですな。どんだけ遅いのか楽しみです。


【拍手・コメントありがとうございます】
>>棟居さん
F1オフシーズンは純粋に新車観察を楽しんでます。ミハエルフィーバーは沈静化したと思ってるのは僕だけでしょうか?w メルセデスはもっとこうパリッと硬派なイメージでくると思ってたのですが・・・あんまり「シルバーアロー」って感じがしません。蛍光色が入るとどうしてもポップになりますね;; ザウバーいいですね。雰囲気がペーターおじさん色全開でイイ感じです。テストでも良い滑り出しなだけに開発を後押ししてくれるようなスポンサーが現れることを期待してます。開発さえ出来れば良いもの作れるチームですから。

拍手する
2010/02/09(火) 17:40
カテゴリ:F1 トラバ(0)

| ホーム |
Page Top↑

Recent Entries

Categories

Profile

ライコネン主観のF1好き

Author:管理人 山田
Mail Form
プロフィール

Archives

Search This Site

Google

  • F1観戦記

Yahoo! JAPAN

  • F1観戦記

Unique User

Page View

List me

  • 「F1観戦記-キミ・ライコネン主観のF1好き」のRSS
  • にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ
  • F1観戦記-キミ・ライコネン主観のF1好き QRコード
  • Google chrome

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。