Top Page > スポンサー広告 > ホンダの2008序盤戦 Top Page > F1 > ホンダの2008序盤戦

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
--/--/--(--) --:--
カテゴリ:スポンサー広告
[タグ未指定]

ホンダの2008序盤戦

XPB_0T3WQYO0AFBITD0QD0L8G-2.jpg

Honda RA108 (コンストラクターズ9位、0ポイント)
オフのテストの段階では本気でスーパーアグリと共に “テールエンダー兄弟” を結成するかに思われたホンダでありますが、シーズンが開幕するや否や楽々とQ2進出可能なポテンシャルを発揮してきました。正直コレには驚かされたというのが本音であります。
ロス・ブラウン効果なのか?と騒ぎ立てるのはあまりに安易でしょうが、適材適所な改革が早くも機能し始めていると考えてもおかしくないでしょう。
この数ヶ月で最も効果的だったのは開発の神様・仏様・ブルツ様のテストドライバー契約で間違いないのではないでしょうか。
彼からもたらされる貴重なフィードバックはコンマ数秒の改善を約束してくれるでしょう。
RA108の開発は早々に打ち切り09年に備えるとのことですが、今後も彼らには目が離せなそうです。

ジェンソン・バトン(ドライバーズ13位、0ポイント)
文字通りホンダのエースとして君臨するも、この環境に“あぐら掻いてる”ように思えるのは僕だけかしら? 孤軍奮闘した昨年のようなジェンソンでなければ、チームにとっては「イギリス人」である以外に何のメリットもないように思う。
少し刺激を与える意味でも「速いチームメイト」を加えてみれば面白いのだが・・・

ルーベンス・バリチェロ(ドライバーズ13位、0ポイント)
あまり喜ばしくない意味で目立ってしまった序盤戦。彼はいつからピットレーンの走り方を忘れてしまったのでしょうか? せっかく悪くない走りを披露しているのに、このままでは往年のパトレーゼ好きからの大ブーイングは避けられそうにありません。
偉業達成まであとわずか。しっかりフィニッシュして外野を納得させてもらいたいものです。

拍手する
2008/04/16(水) 07:40
カテゴリ:F1 トラバ(0) コメント(4)
[タグ未指定]

| ホーム |
Page Top↑

Recent Entries

Categories

Profile

ライコネン主観のF1好き

Author:管理人 山田
Mail Form
プロフィール

Archives

Search This Site

Google

  • F1観戦記

Yahoo! JAPAN

  • F1観戦記

Unique User

Page View

List me

  • 「F1観戦記-キミ・ライコネン主観のF1好き」のRSS
  • にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ
  • F1観戦記-キミ・ライコネン主観のF1好き QRコード
  • Google chrome

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。