Top Page > スポンサー広告 > マクラーレンの2008序盤戦Top Page > F1 > マクラーレンの2008序盤戦

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
--/--/--(--) --:--
カテゴリ:スポンサー広告
[タグ未指定]

マクラーレンの2008序盤戦

XPB_0AO9FK10FJH3SX0HAS2YP-2.jpg

McLaren Mercedes MP4-23(コンストラクターズ3位、28ポイント)
スパイ疑惑騒動の影響を全く感じさせない開幕戦完勝はさすが名門といったところか。
ただ第2、3戦は共に自滅の感は否めず、チーム・ドライバー共々“地に足が着かない”レースぶりを露呈してしまったように思います。
今年のMP4-23もコンペティティブで優れたマシンといえそうですが、それ以上に若い2人のドライバーをコントロールしなければならないチーム側の手腕が問われそうです。
BMWの躍進目覚ましい序盤戦ではありますが、総合的な面においてはやはりこのマクラーレンが“ストップ・ザ・フェラーリ”の一番手とみるのが妥当ではないでしょうか。
昨年同様、コースレイアウトによる“逆転”は十分考えられます。

ルイス・ハミルトン(ドライバーズ3位、14ポイント)
何かとバッシングに晒されてるルイスですが、彼は彼。昨年と何も変わってません。
強いときは強く、崩壊するときは気持ちいいくらい崩れるのがルイスでしょう。
何故かキミもお節介なコメントしてますが、昨年ほどのマシン・アドバンテージがないという点がこの崩壊ぶりに繋がってるとみていいんじゃないかしら。
勝つためにはリスクを伴わなければならないというわけで、連続表彰台を飾っていた昨年の今頃よりも走り自体は粗削りで危なっかしいものとなっているようにみえます。
ただ、観ていて楽しめるのもまた事実であり、『先行逃げ切り』という退屈な必勝パターンが繰り返されずに済むのは歓迎されるべきことです。
もっとも、これで結果を出されたら「楽しめる」なんて書けなくなるでしょうがw、血眼になってテールを追いかけるルイスも悪くない、と個人的に思うのです。応援はしませんけどw

ヘイキ・コバライネン(ドライバーズ5位、14ポイント)
第3候補だのベッテルと交代だのと散々な言われようのヘイキですが悪くないです。
『良い』ではなく『悪くない』という表現が何とも彼らしいのですがw、安定感という面においてはルイスを凌駕しております。
けして無難にまとめてるわけではなく彼なりにしっかり攻めての結果ですから立派といえるでしょう。
バーレーンでは危うくキミを撃墜するところでしたがw
惜しむならば、ルイスが燻ってるにも関わらず今一つパンチに欠けるというか、決定打がないというか、、運がないというか・・・そう、インパクトがない!w
そのうちT・ブーツェンみたいな『振り向けばヘイキ』ってフレーズが付けられるような気がしなくもないぞ^^;
地味で堅実大いに結構。ただ、優勝争いを展開する彼も早く見てみたいですね。

拍手する
2008/04/24(木) 07:30
カテゴリ:F1 トラバ(0) コメント(2)
[タグ未指定]

| ホーム |
Page Top↑

Recent Entries

Categories

Profile

ライコネン主観のF1好き

Author:管理人 山田
Mail Form
プロフィール

Archives

Search This Site

Google

  • F1観戦記

Yahoo! JAPAN

  • F1観戦記

Unique User

Page View

List me

  • 「F1観戦記-キミ・ライコネン主観のF1好き」のRSS
  • にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ
  • F1観戦記-キミ・ライコネン主観のF1好き QRコード
  • Google chrome

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。