Top Page > スポンサー広告 > 気を取り直して・・・ 2008 F1モナコGPTop Page > F1観戦記 2008 > 気を取り直して・・・ 2008 F1モナコGP

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
--/--/--(--) --:--
カテゴリ:スポンサー広告
[タグ未指定]

気を取り直して・・・ 2008 F1モナコGP

20080526-00000001-tpnp-moto-view-000.jpg

昨年に続きキミにとっては “悪夢のモンテカルロ” となってしまったわけでありますが、レース中に幾つもの 『最悪』 を積み重ねていく文字通り 『最悪の内容』 で、昨年は何とか死守した最小ポイントすら持ち帰ることが叶わなかったのは痛恨の極みというしかありません。
ケチの付け始めは土壇場で逆転された予選。ドライバーズサーキットにおいて同じマシンを扱うマッサの後塵を拝したのは小さくない衝撃でありました。。そして決勝になると更に目を覆わんばかりの展開が容赦なくキミに襲い掛かるわけで・・・
「スタート出遅れ」 → 「ラップペース上がらず」 → 「ドライブスルーペナルティ」 → 「フロントウイング破損」 → 「噛み合わない戦略」 → 「スーティル撃墜」 → 「入賞圏外でフィニッシュ」
うーん、並べてみるとホント酷い・・・。
スタート前のタイヤ装置に関するレギュレーション違反はホイールナットのトラブルだそうで全くの不運だったわけですが、これがレースプランに大きな陰を落としたのは間違いなく、遅れを挽回しようとして逆に大きな代償を負ってしまったという見事な 『負の連鎖』 を披露してしまいました。。
このようなキミは本来 “珍しい” ハズなのですが、今年の開幕戦もアレだったことを考えると・・・う~ん、大丈夫か? マッサが信じられないような成長をみせただけに今後が少し心配です。

ところで、今回の 『キミ劇場』 最大のハイライトは間違いなくスーティル撃墜だったわけですが、レース後に謝罪し、スーティル本人も寛大な反応であったため大きな遺恨を残すことなく済みそうです。とはいえ、やはりスーティルにとって今回の件は気の毒以外の何物でもなく、フォースインディア陣営の落胆・お怒りぶりは十分理解できるものです。何しろあのマシンですからね! 下降気味だった彼自身の評価も再び再燃するのではないでしょうか。成長が楽しみな若者です。ただ、一つだけ触れておきたいことが・・・
スーティル君、13周目に黄旗中の追い越し(3台も!)を犯していてレース後にリザルト降格必至だったんですよね。本来居るべきではない位置にスーティル君が居たというわけで・・・それを思うとキミにとってもある意味災難だったのかなぁ・・・なんて。。。だってマッサの後ろだったらあそこまでテールに張り付いてプッシュしなかったハズですから・・・。もし黄旗を守っていればお互い痛い目に遭わずに済んだかも・・・なんてキミ擁護もしっかりしておくことが僕の性であります^^;
もっともタラレバを言っても意味はなく、あの追突はお粗末(ガードレール激突を回避したステアリング捌きはお見事でしたが^^;)としかいい様がありませんし、ウェットでの走りも最悪だったので今回のキミには多くの人が失望してしまったことに変わりはないでしょうね。。
でもこんなことで彼の応援をやめたり、ましてやF1を放棄することなどあり得ません。キミだって人間ですもの、ミスしますとも。
まぁ、追いかける展開の方が合ってるような気もしますし、昨年同様の不屈の精神で這い上がってくれると信じてます。ちょっとポイント差が開いて気が緩んだだけでしょう、そうですとも◎

で、誰が勝ったっけ??ええっと・・・あ、ルイスかw
う~ん、彼に対して各地で賞賛の嵐な模様ですが僕の中ではマッサの方が衝撃的だったし、真の勝者はクビサだったように思います。もちろんこれはルイスが嫌いだという理由からですがw
でも本当にルイスの強運は脅威です。往年のミハエルを見ているかの様でした。。
ウォールにヒットした場面も一歩間違えれば全てが終わっていた致命的なミスだったのに、それを戦術変更のギャンブルに代え、しかも成功させてしまうのだから恐れ入ります。。
一方のマッサはほぼ完璧なペースで走りながら戦術失敗によって勝利を失い、自身唯一のミスで2位も失ってしまうといった具合で、やはりルイスの方が役者が上なのかな、という印象を抱かざるを得ません^^;
そしてパーフェクトだったクビサは勝利に値する2位です。ペースも申し分なく、ミスも犯さずしっかり走りきりました。ルイスが “プラン通りのレース” であれば・・・もしかしたかも、です。
ニックとの差は開くばかりで素晴らしい勢いですね。どうか真夏のレース中に過度のダイエットが祟りませんよーにw

こうしてみると改めて自力で勝つ力があるのはフェラーリとマクラーレンに乗る者に限られてるな~って印象を受けます(あ、ヘイキ・・・頑張れw)。今回でさえクビサに僅かなチャンスがあった程度ですからね^^;
この2チームにあと数台が絡んでいけばもっと盛り上がるんだけどなぁ。それは来年以降のお楽しみかしらねぇ^^;;
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080526-00000002-fliv-moto
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080528-00000001-rps-moto

拍手する

| ホーム |
Page Top↑

Recent Entries

Categories

Profile

ライコネン主観のF1好き

Author:管理人 山田
Mail Form
プロフィール

Archives

Search This Site

Google

  • F1観戦記

Yahoo! JAPAN

  • F1観戦記

Unique User

Page View

List me

  • 「F1観戦記-キミ・ライコネン主観のF1好き」のRSS
  • にほんブログ村 車ブログ 車 モータースポーツへ
  • F1観戦記-キミ・ライコネン主観のF1好き QRコード
  • Google chrome

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。